サイト内検索

道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48 (劇場版)

道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48 (劇場版)
対応デバイス: パソコン、iPhone/iPad、Android、Chromecast、Amazon Fire TV/Fire TV Stick、Apple TV、テレビ、PS4/PS Vita
配信期間: 2016/09/14 ~ 2017/10/30 23:59
収録時間: 121分 (HD版:121分)
出演者: NMB48
監督: 舩橋淳
原作者: ----
シリーズ: ----
配給元: NHKエンタープライズ
ジャンル: ハイビジョン  ドキュメンタリー  青春  友情  2010年代
品番: 5042donmb00001
平均評価: レビューを見る
‘女性アイドル不毛の地’と呼ばれ続けてきた街・大阪。NMB48はそんな荒野に誕生し、成功を収めた初の女性アイドルグループと言えるだろう。リリースされたシングル13枚のうち11枚、および2枚のアルバムがオリコンチャートで1位を獲得。難波にある専用劇場での観覧倍率は20倍以上。地元の大阪城ホールはもちろん、東京の日本武道館2DAYSも超満員にした人気ぶり。だが、そんな輝かしい記録はNMB48という‘日本一泥臭い’アイドルグループを表現するほんの小さな一面でしかない。この映画は、従来のアイドルたちが隠し続けて来た泥臭さ、汗にまみれた人間臭さを隠そうともせず、不格好でも夢にしがみつき、泣いてもがいて勝ち取って来た、5年間におよぶ浪速のオンナたちの闘争の記録である。知名度は48グループでもトップレベル、NMB48の代表として華々しい活躍を見せるエース・山本彩、かたや同じ初期メンバーでありながら、たったの一度も選抜メンバーにさえ選ばれず、‘劇場職人’と呼ばれる沖田彩華。人気の手ごたえに自信をみなぎらせる白間美瑠と、かたや自信を失い、自らを追いつめてゆく矢倉楓子の2人による次世代エース争いなど…。物語は時に残酷なまでに光と影を印象付けつつ、少女たちの泥臭いリアルを描いてゆく――。「手をあげて体をひねって何になるんだろう?」異例の大抜擢を受けた新人・須藤凜々花を襲うセンターの魔物とは?「耐えられへんわ、ホンマに」総選挙速報発表で泣き崩れた山本彩は、そのとき、何を思ったのか?「家族より大切な存在」運営の前で涙ながらに話す少女に、いったい何が起こったのか?極秘現場へとカメラは潜入する。監督はベルリン国際映画祭に5作連続招待され、骨太の社会派作品を次々と世に出している舩橋淳。自身も大阪生まれという監督が道頓堀の川底をさらうがごとく、夢を追う少女たちの熱狂と閉塞を鋭くえぐる衝撃の問題作!

※ 配信方法によって収録内容が異なる場合があります。

サンプル画像【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 

ご購入はこちらから

1. ご希望の商品をお選びください。

※価格は全て税込み表示です

  • m
  • t
  • B
  • f

ユーザーレビュー

平均評価 3.25点

総評価数 4(4件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   是非特別番を

    見えない舞台裏見れてよかった。
    すぐに特別編の販売配信もお願いします

    かばちは私が本物さんのレビュー -映画・ドラマ(動画) 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   あーぽんにスポットライトが 良かった

    一期から ずっと努力してたあーぽん 最後にやっと選抜入り
    ふうーちゃんも 母子家庭 私が 大黒柱になるて?

    みるちゃんとのライバル争い?

    さや姉のNMBのメンバー愛

    もどかしさもあり葛藤する姿が 良いです

    ビアンさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   意味わからん

    これは酷すぎる。
    途中の須藤はいらんかった。
    HKTとNMB両方観たけどなんか比較にならない

    マコト338さんのレビュー -映画・ドラマ(動画)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 普通のドキュメンタリー映画

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    同時期に公開したHKT48の方のドキュメンタリー映画(指原莉乃監督)を見た後にこれを見たからだと思いますが、普通のドキュメンタリー映画だなあという感じでした。

    須藤凜々花を映画のナビゲーター的ポジションにしているところは斬新かなと思いましたが、それ以外は何人かのメンバーをフューチャーして取り上げるという、普通のドキュメンタリー映画の手法でしたね。

    先に見たHKTのドキュメンタリー映画が指原莉乃が劇場支配人とはいえ、あくまでも同じHKT48のメンバー目線で作られていた映画だったので、手法の違いをかなり感じました。

    同時期に公開されたこともあり、2本の映画を順に見る方も多いかと思いますが、HKTの方を先に見てからこれを見ると、面白いとは思えないかもしれません。
    僕もそうでしたので・・・。

    レビューを表示する

    TetsuoKさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
映画・ドラマサービスご利用方法説明ページへ 会員登録
※月額動画会員の方はこの作品を購入する場合、月額料金に加え別途料金が必要となりますのでご注意ください。