サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

[字][吹]ぼくの名前はズッキーニ

収録時間
65分
出演者
  • ガスパール・シュラター
  • シクスティーヌ・ミュラ
  • ポーラン・ジャクー
  • ラウル・リベラ
  • エリオット・サンチェス
  • エステル・ヘナード
  • ルー・ウィック
  • ミシェル・ヴュイエルモーズ
  • ブリジット・ロセ
  • モニカ・ブッディ
  • エイドリアン・バラゾン
  • ヴェロニカ・モンテル
▼全て表示する
スタッフ
【監督】
クロード・バラス
【脚本】
セリーヌ・シアマ
【原作】
ジル・パリス
▼全て表示する
ジャンル
平均評価
レビューを書く

いつも屋根裏部屋でひとりで絵を描いて遊んでいる少年イカールは、ママと二人暮らし。パパが“若い雌鳥(女性)”のもとに去ってしまってから、ママはビールを飲んでは怒ってばかり。ある日、いつものようにビールの缶でタワーを作って遊んでいる時、ママは不慮の事故に遭い、帰らぬ人になってしまう。事故を担当した警察官のレイモンは、ママがつけた“ズッキーニ”という愛称を大切にしているイカールを不憫に思いながらも、孤児院「フォンテーヌ園」に連れていく。 クラスメイトは、リーダー格のシモン、アメッド、ジュジュブ、アリス、ベアトリスの5人。入所当日からズッキーニへの手痛い洗礼が始まる。ズッキーニは「ママのところへ帰りたい」と訴えるが、園長から「それは無理なの。ママはお空に行ったでしょ」と静かに諭される。シモンは、そのやり取りをドアの外で聞いていた。 ズッキーニの心の傷を知ったシモンは、自分の両親がドラッグ中毒者であることや、他の子どもたちもそれぞれに複雑な事情を抱えながら園生活を送っていることを明かす。そして「皆、同じさ。誰にも愛されていない」とつぶやくのだった。それ以来、ズッキーニは、心の痛みを共有する友として、シモンたちと打ち解けていく。 そして、園に新しい入園者、カミーユがやってくる。ズッキーニの胸は彼女を一目見た時から高鳴った。ある夜、シモンとズッキーニは園長室に忍び込み、カミーユが両親を悲惨な出来事によって亡くしたことを知る。そうとは知らないカミーユは、ズッキーニと意気投合し、園を照らす太陽なような存在になっていく。 季節はめぐり、冬が到来。園の子どもたちは、ポール先生とロージーの引率のもと、スキー合宿に出かける。ポール先生DJのダンスパーティーや雪合戦で盛り上がる子供たち。深夜、眠れないズッキーニとカミーユは、こっそり宿を抜け出した。月明かりの銀世界の中、カミーユは言う「ここに来て、あなたに会えてよかった」。翌日、遊び疲れたみんなが眠り込むバスの中、ズッキーニはカミーユの頬にこっそりキスをする。 そんなある日、カミーユの叔母が、扶養手当欲しさに姪を引き取ると言い出し、園に乗り込んできた。「同居するなら死ぬ方がまし」というカミーユに、「絶対行かせないよ」と誓うズッキーニ。子供たちは策を練り、助け合ってカミーユを園から脱出させる。レイモンは驚きながらも、ズッキーニとカミーユの願いを聞き入れる。 遊園地で楽しい時間を過ごした後、ズッキーニとカミーユは、レイモンが実の息子と会えない寂しさを抱えた父親であることを知る。夜になって、カミーユを探し当てた叔母が現れ、彼女を無理やり連れ去ってしまう。ところがシモンの作戦が功を奏し、カミーユは園に留まることができたのだった。カミーユの帰還を祝う仮装パーティが盛大に開かれるなか、レイモンはズッキーニに、彼とカミーユを引き取りたいと打ち明ける。 食卓で、カミーユがみんなにありがとうの言葉を伝えると、「死ぬまで一緒!」と言ったアリスの言葉に、シモンが「そんなのウソだ!」と叫ぶ。レイモンの話をこっそり聞いていたシモンは、ズッキーニとカミーユの養子縁組みの話をみんなにぶちまけるが……。

【※この商品は字幕版・吹替版ともに視聴可能です】

ご購入はこちらから

クレジットカード決済なら:27pt獲得

ご購入の前に
※HD画質での視聴は Amazon Fire TV / AndroidTV / Chromecast / AppleTV / PS4とPCの一部作品のみ可能です。

対応デバイス(クリックで詳細表示)

無料作品

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう