サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

銀河英雄伝説 本伝・第1期

お気に入り登録数
21
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【原作】
田中芳樹(徳間書店刊)
【総監督】
石黒 昇
【シリーズ構成・脚本】
河中志摩夫
【総作画監督】
清水恵蔵
【メカニックコンセプトデザイン】
加藤直之(スタジオぬえ)/清積紀文
【キャラクターデザイン】
奥田万つ里/久米一成/清水恵蔵
【美術設定】
田中精美
【美術監督】
長尾 仁
【撮影監督】
岡崎英夫
【音響監督】
明田川進
【効果】
倉橋静男(サウンド・ボックス)
【録音】
上林信芳(アオイスタジオ)
【音楽】
ドイツ・シャルプラッテン・レコード/風戸慎介
【プロデューサー】
田原正利
【制作協力】
マジックバス/アートランド
【製作】
徳間書店/徳間ジャパンコミュニケーションズ/らいとすたっふ/サントリー
▼全て表示する
シリーズ
ジャンル
平均評価
レビューを書く

長く不毛な戦いを続ける人類の前に現れた2人の英雄・・・・・・。 この2人の英雄を中心に、壮大なスケールで描く大河ドラマ!

ご購入はこちらから

お得なパック一覧

  • 全話

    第2話~第26話

    視聴期限
    30日間
    価格
    3,780円
  • 第2話~第6話

    視聴期限
    7日間
    価格
    864円
  • 第7話~第11話

    視聴期限
    7日間
    価格
    864円
  • 第12話~第16話

    視聴期限
    7日間
    価格
    864円
  • 第17話~第21話

    視聴期限
    7日間
    価格
    864円
  • 第22話~第26話

    視聴期限
    7日間
    価格
    864円

単話一覧

全26作品
2ページ中 1ページ目を表示
並び替え

第1話 永遠の夜の中で 無料視聴作品

宇宙暦796年、帝国暦487年、アスターテ星域に於て、銀河帝国軍と自由惑星同盟軍は対峙していた。戦力比は帝国軍20000隻に対し、同盟軍40000隻。誰もが同盟軍の勝利を疑わなかったが、帝国軍司令官ラインハルト・フォン・ローエングラムは、諸提督の反対を押し切って、戦闘宙域に集結する前の同盟軍各艦隊の各個撃破に出、劣勢をはねかえす。第四艦隊、第六艦隊を瞬く間に葬り去った帝国軍は、残る第二艦隊に矛先を向ける。しかし、ここにはラインハルトの戦略を見抜いていた、ヤン・ウェンリーがいた。

▼もっと見る

価格無料

収録時間24分

第2話 アスターテ会戦

今や勝利に疑いのない帝国軍は、優勢を跳ね返されて士気の落ちる同盟軍第二艦隊に総攻撃をかける。不意を突かれた同盟軍は、旗艦パトロクロスまでも被弾し、パエッタ司令官が負傷する。彼から指揮権を委譲されたヤンは、完全勝利のため中央突破を図るラインハルトの気持ちを読み切っていた。彼は自軍が分断されたと見せかけて、急速前進して敵の背後に出ることに成功、同じく背後を衝こうと転進する帝国軍と膠着状態に持ち込み、辛うじて引き分けた。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第3話 第十三艦隊誕生

仮病で欠席したアスターテ会戦戦没者追悼式典の中継を見ていたヤンは、婚約者ジャン・ロベール・ラップを喪った彼の友人ジェシカ・エドワーズが、国防委員長ヨブ・トリューニヒトを公衆の面前で非難する所を目撃する。後輩のダスティ・アッテンボローと慌てて会場に向かった彼は、トリューニヒトの私兵軍団である憂国騎士団に彼女が暴行される寸前で助け出し、自宅に連れていく。だが憂国騎士団は、ヤンの家にまで攻撃をかけてくるが、ヤンの機転で追い返された。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第4話 帝国の残照

アスターテ会戦の功績により、ラインハルトは帝国元帥、宇宙艦隊副司令長官に昇進した。皇帝より、姉アンネローゼとの面会を許された彼は、彼女の住む館へ向かった。同行するキルヒアイスの脳裏にさまざまな情景が蘇る。それは、彼の家の隣にに、天から舞い降りたような金髪の姉弟が引っ越してきてから三人で過ごした短かったが幸せな時間、ある日皇帝の寵姫として宮廷に奪い去られた彼女を助けるため、皇帝の、そして帝国の打倒を二人で誓いあったあの日のことだった。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第5話 カストロプ動乱

不正で私腹を肥やしていた亡父の遺産返還を帝国政府から求められたマクシミリアン・フォン・カストロプは、無人防空衛星「首飾り」を自領の惑星周辺に配置し、帝国に反旗を翻していた。極めて強力な防空システムである「首飾り」によって、討伐軍も返り討ちにしてしまう。少将となったキルヒアイスにラインハルトは再度の叛乱鎮圧の勅命を下す。何故か先の討伐軍よりも少ない戦力で赴くキルヒアイスに、部下たちは疑問を抱くが……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第6話 薔薇の騎士

第十三艦隊司令官となったヤンに下された指令は、軍事要衝であるイゼルローン要塞の攻略だった。部隊編成に腐心する彼の目に、横暴なトリューニヒト派の軍人を威圧したワルター・フォン・シェーンコップが映る。彼は白兵戦において並ぶ者なしと謳われる「薔薇の騎士」連隊の隊長だった。彼らを麾下に加えたヤンが、以前から考えていた要塞攻略の作戦と自らの腹づもりを語ると、いつ裏切るとも知れないシェーンコップは不敵に笑う。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第7話 イゼルローン攻略!

同盟軍第十三艦隊の攻撃を受けた帝国軍巡航艦が救援を求めてイゼルローン要塞に入港した。重傷を負った艦長は、同盟軍のイゼルローン要塞攻略についての重要な情報を伝えるため司令官シュトックハウゼンに面会を求める。実はその艦長こそが、シェーンコップが変装した姿で、部下も薔薇の騎士連隊のメンバーだった。彼は司令官を人質に取り、計画はうまくいったかに見えたのだが、一士官の抵抗により要塞の全機能が停止してしまう。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第8話 冷徹なる義眼

イゼルローン駐留艦隊の生き残り、オーベルシュタイン大佐がラインハルトのもとを訪れる。彼は要塞陥落の責任を取らされ、粛清されようとしていた。彼はラインハルトに打倒帝国の野心をあえて明かす。ラインハルトは、自分の参謀職への彼の起用を決定し、帝国軍三長官の職と引き換えにオーベルシュタインの助命を申し出た。しかし、キルヒアイスは、彼の登用がラインハルトの覇道に暗い影を投げかけるのではないかと予感していた。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第9話 クロプシュトック事件

長く中央社交界から追放されていたクロプシュトック侯爵が、ブラウンシュヴァイク公爵のもとへ、彼主催の行幸パーティへの参加の嘆願に訪れた。ブラウンシュヴァイク公はこの頼みを承諾するが、これはクロプシュトックの復讐だった。彼の一門を長年虐げ続けてきたブラウンシュヴァイク公や放蕩三昧で国政を省みない皇帝を葬り去ろうと、クロプシュトックは爆弾を残して会場を去る。そのパーティにはラインハルトも招待されていた。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第10話 ジェシカの戦い

ヤンは士官学校の記念式典に招待され、テルヌーゼン市を訪れたが、到着早々代議員補欠選挙の主戦派候補者に出迎えられ、政治宣伝に利用されてしまう。そのため彼は、反戦団体から出た対立候補ソーンダイク陣営の運動員の襲撃を受ける。そこに止めに入ったのは、なんとジェシカだった。彼女もその選挙運動に携わっていたのだ。再会した二人は懐かしい士官学校に足を踏み入れ、過ぎた日々を振り返る。が、突然の爆音がそれを遮った。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第11話 女優退場

かつて皇帝の寵愛を一身に受けていたベーネミュンデ侯爵夫人は、皇帝の関心と愛情がアンネローゼに移り、その地位を奪われたことを激しく恨んでいた。ラインハルトを快く思わない門閥貴族のフレーゲル男爵の巧みな誘導に乗せられた彼女は、遂に実力行使に出る。ラインハルト負傷という偽情報で新無憂宮からアンネローゼを誘い出し、そのまま拉致したベーネミュンデは、平民との心中を偽装して彼女の命と名誉を奪おうとするが……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第12話 帝国領進攻

イゼルローン要塞奪取以降、ヤンの望みとは裏腹に、同盟市民の中にはさらなる戦争遂行の気運が高まっていた。だが、人材の大部分を軍に徴用された同盟の社会システムは弱体化し、国力は疲弊の一途をたどっていた。そんな中、政府は選挙対策のため、帝国領への進攻作戦を決定する。ヤンへの対抗心と自身の功名心から作戦を提案したアンドリュー・フォーク准将は、会議で大演説を打つものの、具体案を何等持ち合わせていなかった。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第13話 愁雨来たりなば…

同盟軍の帝国領進攻の情報を得たラインハルトは、彼らを領土深く誘い込み、戦線が伸びきったところで攻撃するという方針を立てた。さらに同盟軍の力をそぐため、ウルリッヒ・ケスラーに辺境星域の食料・物資の徴発を命じた。民衆を同盟軍の足枷として用いるという作戦であった。クラインゲルト子爵領に降り立ったケスラーは苦悩する。しかもこの地には、かつて淡い想いを交わし、今はクラインゲルト家に嫁いだ女性フィーアがいた。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第14話 辺境の解放

さしたる抵抗もなく帝国領を攻め上る同盟軍。自らを「圧制からの解放者」と称する彼らは、帝国軍に物資を徴集されて不安がる民衆に生活の保障を約束する。しかし、民衆を養うための物資の補給部隊がキルヒアイス艦隊によって殲滅されると、逆に同盟軍は民衆からの略奪を始める事態にまで陥り、各地で騒乱と虐殺が勃発する。時期を得たと確信したラインハルトは、全軍に出撃命令を下す。同盟軍は既に戦わずして負け始めていた……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第15話 アムリッツァ星域会戦

物資も底をつき、補給ルートも絶たれ、満身創痍の同盟軍を帝国軍が攻撃する。ウランフ、ボロディン、アル・サレムといった名将が戦死し、同盟各艦隊は瓦解していく。ヤンでさえ、目の前の敵と対するのが精一杯だった。ここに至ってラインハルトの掌で躍らされていたことに気付いた同盟軍司令部は、アムリッツァ星域にて分散した兵力の再集結を命じた。そこにビッテンフェルト中将率いる黒色槍騎兵艦隊の圧倒的な火力が襲いかかる。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第16話 新たなる潮流

アムリッツァ星域に集結した同盟軍だったが、却って帝国軍の集中攻撃を受けて総崩れの様相を呈する。味方を撤退させるべく孤軍奮闘したヤン率いる第十三艦隊は、消耗した黒色槍騎兵艦隊の包囲網を突破してイゼルローン要塞に無事帰還した。アスターテにひき続きまたも完全勝利をヤンに阻まれたラインハルトは、更に強く彼を意識せざるを得なかった。そんな中、皇帝フリードリヒⅣ世の急死という報がもたらされ、帝国に緊張が走る。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第17話 嵐の前

門閥貴族との戦いを控えたラインハルトは、その間の同盟軍の動きを封じるための計略を立てる。かつて惑星エル・ファシルから民間人を見捨てて逃亡し、帝国軍の捕虜となっていたリンチ少将を利用して同盟軍にクーデターを使嗾し、国内を混乱させるべく帰国させたのだ。だが、イゼルローン要塞司令官となったヤンは、この企てを予測していた。彼はビュコック宇宙艦隊司令長官にその考えを伝え、クーデター阻止に動き始めるが……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第18話 リップシュタットの密約

門閥貴族は、ブラウンシュヴァイク公、リッテンハイム侯を中心に「リップシュタット連合」を結成し、ラインハルトとリヒテンラーデ公の皇帝派への対抗を決めた。それを察知したラインハルトは先んじて彼らの拘禁に動き、多数の貴族を逮捕したが、ブラウンシュヴァイク公、リッテンハイム侯には逃げられてしまう。ガイエスブルク要塞に集結する彼ら「賊軍」を討伐すべく出撃するラインハルト。「リップシュタット戦役」が今始まった。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第19話 ヤン艦隊出動

フォーク予備役准将による同盟軍統合作戦本部長クブルスリー大将への暗殺未遂事件と呼応するように、同盟領各地で軍の反乱、暴動が続発する。その混乱を縫ってビュコックが行っているクーデター阻止のための秘密調査も遅々として進まなかった。暴動鎮圧のために出撃しようとしていたヤンのもとに、遂にクーデター勃発の報が入る。だが、「救国軍事会議」を名乗り、首都星ハイネセンを制圧したというクーデター勢力の首謀者は……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第20話 流血の宇宙(そら)

リップシュタット戦役の最初の戦いは、ミッターマイヤーと彼の士官学校時代の教官、シュターデンとの間で始まった。だがミッターマイヤーの用兵の前には歯が立たず、シュターデンはレンテンベルク要塞に逃げ込む。ラインハルトは要塞の攻略をミッターマイヤーとロイエンタールに命ずるが、要塞の心臓部である核融合炉を守っていたのは、白兵戦で敵を葬ることを何よりの楽しみとする装甲擲弾兵総監、オフレッサー上級大将であった。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第21話 ドーリア星域会戦、そして…

ハイネセンより脱出したバグダッシュがヤン艦隊に合流して来た。彼はヤン暗殺の密命を帯びていたのだが、シェーンコップに呆気なく見破られる。イゼルローン攻撃の準備をしていた第十一艦隊は、ヤン暗殺成功の報を待っている間にヤン艦隊に先手を取られ、殲滅される。救国軍事会議は唯一の艦隊戦力を失い、クーデターの維持は難しくなる。一方、ハイネセンではジェシカたちが主催する反クーデターの市民集会が開かれていたが……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第22話 勇気と忠誠

ブラウンシュヴァイク公との確執の挙句、リッテンハイム侯はガイエスブルク要塞を出て、辺境星域を次々と平定しているキルヒアイスの討伐に向かった。その報を受けたキルヒアイスは、少数の高速機動部隊を率いてリッテンハイム艦隊を蹂躙する。敗北に直面して脅えたリッテンハイム侯は、進路上の味方を砲撃してガルミッシュ要塞に逃げ込む。しかし、味方に殺された仲間の仇を討とうとする一兵士の復讐によって、宇宙の塵と消えた。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第23話 黄金樹(ゴールデンバウム)は倒れた

惑星ヴェスターラントを統治する甥が、住民に殺されたことに怒ったブラウンシュヴァイク公は、報復のためにタブーとされている熱核攻撃を敢行しようとする。それを知ったラインハルトは直ちにこれを阻止しようとするが、オーベルシュタインは異を唱える。この攻撃の模様を撮影して、貴族連合軍の残虐な行いを帝国全土に知らしめる政治宣伝に利用し、彼等の力を弱める決定打にするべきだというのだ。逡巡するラインハルトだが……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第24話 誰がための勝利

同盟のクーデターは急速に行き詰まりつつあった。ヤンは、バグダッシュを証人にクーデターがラインハルトの計略であると同盟市民に公表し、救国軍事会議の唯一の拠り所である軍事衛星群「アルテミスの首飾り」を奇想天外な方法で一気に破壊した。ヤンの実力を見せつけられた救国軍事会議は、更にヤンの推測の正しさをリンチが認めたことでその意義を失い、降伏を余儀なくされる。同盟の歴史上最初で最大の内乱はこうして終息した。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

第25話 運命の前日

辺境星域の制圧を成し遂げたキルヒアイスが、ガイエスブルク要塞に到着した。自らその労をねぎらうラインハルトの態度にオーベルシュタインは眉をひそめる。一方、キルヒアイスは、ラインハルトがヴェスターラントへの熱核攻撃を黙認し、民衆を見殺しにしたのかどうかを問い質す。痛いところを衝かれ、彼のことを疎ましく思ったラインハルトは高圧的な態度でキルヒアイスを退かせてしまった。そして、オーベルシュタインの進言を受け入れ、キルヒアイスを友ではなく、部下として扱うことにする。それが取り返しのつかない悲劇を呼ぶことになろうとは、この時のラインハルトは思いもよらなかった……。

▼もっと見る

価格 216円

視聴期限2日間

収録時間24分

全26作品
2ページ中 1ページ目を表示

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう