サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

「終物語」まよいヘル/ひたぎランデブー/おうぎダーク

「終物語」まよいヘル/ひたぎランデブー/おうぎダーク
お気に入り登録数
4
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【原作】
西尾維新 『終物語』(講談社 BOX)
【キャラクター原案】
VOFAN
【総監督】
新房昭之
【監督】
板村智幸
【シリーズ構成】
東冨耶子・新房昭之
【キャラクターデザイン・総作画監督】
渡辺明夫
【総作画監督】
岩崎たいすけ・宮井加奈
【美術監督】
内藤 健
【色彩設計】
日比野仁・渡辺康子
【撮影監督】
江上 怜
【編集】
松原理恵
【音響監督】
鶴岡陽太
【音楽】
羽岡 佳
【アニメーション制作】
シャフト
▼全て表示する
シリーズ
ジャンル
平均評価
レビューを書く

3月13日、大学受験の日の朝。阿良々木暦は臥煙伊豆湖によって殺された。 死後の世界で暦を待っていた八九寺真宵は、彼をどこかに案内し始める。そしてその先にいたのは、思いもかけない人物だった。

ご購入はこちらから

最新話 2018/11/01 更新

第7話 おうぎダーク 其ノ参

扇と対峙していた暦は、彼女が何者なのか、その正体を突きつける。伊豆湖の思惑どおり、道を踏み外した怪異を制裁する存在「くらやみ」が現れた。自らの消滅を悟りながら、いつも通りの薄笑いで言葉を紡ぎ続ける忍野扇。彼女に、暦が最後にかける言葉とは……。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間24分

お得なパック一覧

  • 全話

    第1話~第7話

    視聴期限
    30日間
    価格
    1,226円
  • 第1話~第4話

    視聴期限
    11日間
    価格
    801円
  • 第5話~第7話

    視聴期限
    10日間
    価格
    600円

単話一覧

並び替え

第1話 まよいヘル 其ノ壹

暦が目を覚ましたとき、彼の前に現れたのは成仏したはずの八九寺真宵だった。真宵は自分たちがいるのは地獄の最下層、阿鼻地獄だと暦に伝える。なぜ自分が死ぬタイミングと落ちる地獄を、真宵が知っていたのかいぶかしむ暦。すると真宵は、自分はある人物の依頼で暦を迎えに来たと言い出すのだった。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間24分

第2話 まよいヘル 其ノ貳

真宵に案内された先で待っていたのは、かつて暦と敵対し、余接によって殺されたはずの専門家、手折正弦だった。驚き警戒する暦に対し、今は暦をねらう意志はないことを告げる正弦。さらに彼は、暦たちと相対して殺されることこそがあのときの自分の役割で、それはすべて、ここで暦に遭うためだったと語る。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間24分

第3話 ひたぎランデブー 其ノ壹

どうにか志望大学の試験を終えて家に戻ってきた暦を、恋人・戦場ヶ原ひたぎが待ち構えていた。彼女は、受験勉強の期間中はまるでできていなかったデートを、明日すると暦に告げる。こうして、入学試験の翌日にして卒業式の前日である3月14日のホワイトデーに、2人はおよそ半年ぶりのデートをすることになった。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間24分

第4話 ひたぎランデブー 其ノ貳

ひたぎとのデートで、暦はプラネタリウムを観賞していた。しかし気がつくとひたぎの姿はなく、暦の前にはただ忍野扇の姿だけがある。どうやら自分は演目の途中で眠ってしまい、夢を見ているのだと悟る暦。夢の中の扇は、プラネタリウムに表示された星座の中から、特に蛇にまつわるものをとりあげて語りだす。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間24分

第5話 おうぎダーク 其ノ壹

暦は余接とともに浪白公園を訪れる。そこでは臥煙伊豆湖、忍、真宵が既に集まっていて、暦が来るのを待っていた。5人がそろったところでブリーフィングが始まり、伊豆湖は自らが立てた計画を話し始める。そして5人それぞれの目的をすべて果たすための条件として、真宵に対してとある提案を持ちかける。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間23分

第6話 おうぎダーク 其ノ貳

怪異の専門家の元締めである伊豆湖は、扇が人間ではなく化物であると断じた。そう言われても釈然としない暦に、扇とは何者なのかについて語って聞かせる伊豆湖。正体不明である扇を退治するためには、その正体を暴けばいい。そして伊豆湖が語った扇の正体とは、暦がよく知る、意外な人物だった。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間23分

最新話 第7話 おうぎダーク 其ノ参 更新

扇と対峙していた暦は、彼女が何者なのか、その正体を突きつける。伊豆湖の思惑どおり、道を踏み外した怪異を制裁する存在「くらやみ」が現れた。自らの消滅を悟りながら、いつも通りの薄笑いで言葉を紡ぎ続ける忍野扇。彼女に、暦が最後にかける言葉とは……。

▼もっと見る

価格 250円

視聴期限7日間

収録時間24分

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう