サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

【30%ポイント還元】宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち
お気に入り登録数
130
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【原作】
西崎義展
【製作総指揮】
西崎彰司
【監督】
羽原信義
【シリーズ構成・脚本】
福井晴敏
【副監督】
小林 誠
【キャラクターデザイン】
結城信輝
【メカニカルデザイン】
玉盛順一朗、石津泰志
【音楽】
宮川彬良
【CGディレクター】
木村太一
【美術監督】
谷岡善王
【色彩設計】
福谷直樹
【撮影監督】
堀野大輔
【アニメーション制作】
XEBEC
【配給】
松竹メディア事業部
【製作】
宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会
▼全て表示する
シリーズ
ジャンル
平均評価
レビューを見る

この「愛」は宇宙を壊す――。 時に西暦2202年。 あの壮大な片道16万8000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年一一。 〈コスモリバース・システム〉により、かつての青い姿を取り戻した地球は、 ガミラス帝国とも和平条約を締結。 復興の傍ら、防衛のためと最新鋭戦艦アンドロメダを含む新鋭艦隊の整備が進められていた。 イスカンダルのスターシャの願いも虚しく、地球は軍拡への道を歩み始めていたのだ。 はたしてこれが、かけがえのない数多くの犠牲の果てにヤマトが成し遂げた、本当の平和なのだろうか? 宇宙の平穏を願う女神テレサの祈りが、ヤマトを新たな航海に誘う。 いま、宇宙を席巻するガトランティスの脅威が、地球に迫っていた一一。

ご購入はこちらから

ポイント還元キャンペーン中!
05月09日(水) 朝10:00 まで

対応デバイス(クリックで詳細表示)

最新話 2018/03/28 更新

第四章 天命篇

あの大ガミラス帝星の総統、デスラーが生きていた!! かつて大ガミラス帝星を支配したアベルト・デスラーは、いまはズォーダーの元にその身を寄せていた。その願いはヤマトとの再戦。デスラーの策略にはまり、ヤマトは苦戦を強いられる。だがデスラーの真の目的はそれだけではなかった。全てを失った男の再起が、始まろうとしていた……。一方、艦内で起こったスパイ疑惑や、ガトランティスの母星たる白色彗星との遭遇戦を乗り越え、ヤマトは遂にテレザートへと到達する。そこには、ゴーランド率いる守備艦隊と、ザバイバルの陸戦師団がヤマトを待ち受けていた。すべてはテレサに会い、メッセージの真の意味を確かめるために。だがそれには、ヤマトが自らにかけた波動砲という呪縛を断ち切る必要があった――。

▼もっと見る

価格 1,404円 30%pt還元対象

視聴期限3日間

収録時間91分

単話一覧

並び替え

第一章 嚆矢編

時に西暦2202年。 あの壮大な片道16万8000光年にも及ぶイスカンダルへの大航海から宇宙戦艦ヤマトが帰還して、既に3年一一。 〈コスモリバース・システム〉により、かつての青い姿を取り戻した地球は、 ガミラス帝国とも和平条約を締結。 復興の傍ら、防衛のためと最新鋭戦艦アンドロメダを含む新鋭艦隊の整備が進められていた。 イスカンダルのスターシャの願いも虚しく、地球は軍拡への道を歩み始めていたのだ。 はたしてこれが、かけがえのない数多くの犠牲の果てにヤマトが成し遂げた、本当の平和なのだろうか? 宇宙の平穏を願う女神テレサの祈りが、ヤマトを新たな航海に誘う。 いま、宇宙を席巻するガトランティスの脅威が、地球に迫っていた一一。 第1話 西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト あのイスカンダルへの大航海から3年。コスモリバースシステムによって蘇った地球は、急速に復興を遂げようとしていた。 一方、人類とガミラスの混成艦隊が、謎多きガトランティスの前衛部隊と武力衝突を繰り広げる。 その渦中に、元宇宙戦艦ヤマト乗組員・古代進の姿があった── 第2話 緊迫・月面大使館に潜行せよ 最新鋭戦艦アンドロメダの観艦式が盛大に執り行われる。 新しく樹立された地球連邦政府は、軍備拡大路線を突き進んでいるのだった。 沖田艦長の命日に英雄の丘へと集う元ヤマト乗組員は、イスカンダルとの条約を反故にしてまで再軍備を進める地球の現状に、 激しい違和感を覚えていた。

▼もっと見る

価格 1,080円 30%pt還元対象

視聴期限3日間

収録時間49分

第二章 発進篇

謎めいたガミラスの青年キーマンに誘われて、月面のガミラス大使館で大使のバレルと面会した古代は、惑星テレザートとテレサの物語を聞かされる。そして地球に戻った古代は〈コスモリバースシステム〉が地球にもたらした負の遺産の存在を知らされるのだった。改めて地球政府の方針に憤る古代は、自分たちに送られてきたテレサのメッセージに応えるべきと防衛軍の上層部に掛け合うが、ヤマト発進の許可を得ることはできなかった……。海底ドックに眠る宇宙戦艦ヤマトの前に、あのメッセージを受けたヤマトクルーが集う。古代は彼らと共に、“反逆”とも取られかねぬ独断での出航を決意するのだった。いま再び、宇宙戦艦ヤマトが発進する。行く手に待ち受けるのは、彼らを止めようと展開する最新鋭のアンドロメダ艦隊。一方そのころ、太陽圏に侵攻したガトランティス先遣部隊が、第十一番惑星に迫っていた――。

▼もっと見る

価格 1,404円 30%pt還元対象

視聴期限3日間

収録時間92分

第三章 純愛篇

第十一番惑星の岩塊に埋もれたヤマトの頭上に、おびただしい数のガトランティス増援艦隊が到着する。 波動砲を封印した今のヤマトには為す術がない。逡巡の末に、古代が取った道とは──。 苦難の連続で追い詰められた古代を見かね、ヤマトに密航していた雪が姿を現したところで、事態が好転することはない。 必要に駆られ、惑星シュトラバーゼへと立ち寄ったヤマトを、二つの巨大な罠が襲う。 ガミラスに革命を促さんとする反乱軍は、なぜヤマトを待ち構えていたかのようにシュトラバーゼを襲撃したのか。 その混乱の中、古代はアケーリアス文明の遺跡の中でガトランティスの意思を体現する男と対面を果たしていた。 宇宙の真理として絶対的な“愛”を説く男は、 「おまえの愛を示せ」と、古代に恐るべき選択を迫るのだが──!?

▼もっと見る

価格 1,404円 30%pt還元対象

視聴期限3日間

収録時間91分

最新話 第四章 天命篇 更新

あの大ガミラス帝星の総統、デスラーが生きていた!! かつて大ガミラス帝星を支配したアベルト・デスラーは、いまはズォーダーの元にその身を寄せていた。その願いはヤマトとの再戦。デスラーの策略にはまり、ヤマトは苦戦を強いられる。だがデスラーの真の目的はそれだけではなかった。全てを失った男の再起が、始まろうとしていた……。一方、艦内で起こったスパイ疑惑や、ガトランティスの母星たる白色彗星との遭遇戦を乗り越え、ヤマトは遂にテレザートへと到達する。そこには、ゴーランド率いる守備艦隊と、ザバイバルの陸戦師団がヤマトを待ち受けていた。すべてはテレサに会い、メッセージの真の意味を確かめるために。だがそれには、ヤマトが自らにかけた波動砲という呪縛を断ち切る必要があった――。

▼もっと見る

価格 1,404円 30%pt還元対象

視聴期限3日間

収録時間91分

ユーザーレビュー

平均評価 5点

総評価数 1(1件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   最高??

    続きが気になる…???????
    第5章が楽しみです
    ♪───O(≧∇≦)O────♪

    愉季さんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1