サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

風の少女エミリー

風の少女エミリー
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【演出】
小坂春女
【シリーズ構成】
島田満
【音楽】
宮川彬良
【時代考証】
赤松佳子
【キャラクターデザイン】
清水恵蔵、小松香苗
【美術監督】
岡部眞由美
【撮影監督】
白尾仁志
【音響監督】
小山悟
【音楽監督】
鈴木清司
【プロデューサー】
宮本秀晃
▼全て表示する
ジャンル
平均評価
レビューを書く

カナダのプリンス・エドワード島に父とふたりで暮らしていたエミリーは、森の木々や動物たちを友達とし、彼女にだけ見える “風のおばさん”や“妖精”などと共に自然の中で楽しく生活していた。ところが突然愛する父を失い、厳格なエリザベス伯母さんに引き取られることに。ニュームーン農場にやってきたことで、イルゼやテディ、ペリーという無二の親友に出会い、村や学校を舞台に様々な騒動を巻き起こすエミリー。自由な発想をし自分を主張する彼女は、伝統的な価値観を大切にする伯母さんと、ことあるごとに衝突してしまう。 新しい生活の中で感じる孤独や不安を、亡き父親への手紙にしたためていくエミリー。文章を書くことが好きな彼女は、いつしか小説家になることに憧れはじめるのだが……。

ご購入はこちらから

お得なパック一覧

  • 全話

    #01~#26

    視聴期限
    30日間
    価格
    1,965円
  • #01~#05

    視聴期限
    7日間
    価格
    432円
  • #06~#10

    視聴期限
    7日間
    価格
    432円
  • #11~#15

    視聴期限
    7日間
    価格
    432円
  • #16~#20

    視聴期限
    7日間
    価格
    432円
  • #21~#26

    視聴期限
    7日間
    価格
    518円

単話一覧

全26作品
2ページ中 1ページ目を表示
並び替え

#01 風の少女

想像力豊かな少女エミリーは、カナダのプリンス・エドワード島に父とふたりで暮らしていた。 ところが、愛する父は「世の中は愛がいっぱいだ。春はどこにもやってくる」という最期の言葉を残して亡くなってしまう。 葬儀にやってきたのは、母方の親戚マレー家の人々。 誇り高く権威的な彼らは、自由な考えで自分を主張するエミリーを生意気で憎らしい子どもと感じ、誰ひとり引きとろうとしなかった。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#02 マレー家の誇り

エミリーはエリザベス伯母さんに数々のニュームーンの決まりを教わったあと、お下げ髪を切るように言われる。 しかし、エミリーはそれを拒否する。 お下げ髪は父ダグラスのお気に入りの髪型だったのだ。 譲らないエリザベスと激しい口論になり、エミリーはおしおきのため、二階の客間に閉じこめられてしまう。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#03 変わり者イルゼ

初めて学校に行ったエミリーを、同級生の少女たちは、マレー家から来たという理由だけでいじめる。 担任のブラウネル先生も、自己主張のはっきりしているエミリー快く思わない。 少女たちの中で特にエミリーに対して攻撃的だったのはイルゼという少女。 憤慨したエミリーはイルゼとの対決を決意する…。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#04 四人のスケッチ

エミリーとイルゼは、病気で学校を休んでいるテディの家に毎日遊びに行くようになる。 テディはとても優しく純粋な性格で、絵を描く才能に溢れていた。 テディは隠してあるスケッチブックをエミリーたちに見せてくれる。 テディが描いた絵を見て、息をのむエミリー。 しかし、「どうして隠してあるの?」と聞くエミリーに、テディは「絵を描くと母さんが悲しむから」という。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#05 はじめての舞台

学校で演劇会が開かれることになった。 ローダから挑発され、「ちゃんとした劇を作って、演じてみせるわっ」と宣言してしまうエミリー。 しかし、家に帰り、どんな話にしようかアレコレ考えるが、ちっともイメーがわかない。 おまけに、エミリーが小説や詩に関わる事を快く思わないエリザベス伯母さんから、台本を書くことを禁じられてしまう……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#06 毒リンゴ事件

ニュームーン農場の隣にはジョンという農夫が住んでいた。 昔から、マレー家とは犬猿の仲である。 しかし、エミリーたちはジョンの林が大好きで、彼の納屋を遊び場にしていた。 ある日、エミリーはジョンの納屋でりんごを食べるが、そのりんごにはネズミを殺す毒が入っていたという。 エミリーは、自分の命はもうわずかだと、涙にくれて遺書を書く。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#07 大好きな林

ニュームーンの一大ピンチ。 のっぽのジョンが大切な林を伐採するというのだ。 自分でなんとかしたいとやきもきするエミリー。 そんなとき、ジョンのもとへ密偵に行ったペリーが有力情報を得て帰ってくる。 ジョンは、隣村に住むキャシディ神父だけは信頼しているというのだ。 キャシディ神父の忠告があれば、ジョンも林の伐採を断念するかもしれない。 エミリーは、ニュームーンを救うために、隣村に行くことにした。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#08 お母さんの部屋

ニュームーンに来て以来、エミリーにはずっと気になっていることがあった。 それは、エミリーの母ジュリエットが使っていた部屋がこの屋敷にあるということだ。 エミリーはその部屋に入ってみたくてしかたない。 だが、部屋には鍵がかけられており、その鍵はエリザベス叔母さんがどこかにしまっているという……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#09 消えたダイヤモンド

イルゼがニュームーンに泊まりにくることになった。 みんなが寝静まったあと、イルゼにサマーハウスの中で消えたダイヤモンドの話をする。 そのダイヤモンドは、50年前にミリアム・マレーがなくしたもので、時々、月明かりに輝くという。 次の日、テディとペリーにダイヤモンドの話をするエミリー。 結局その夜、ダイヤモンドを探すことになるエミリーたちだが……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#10 夢を織る人々

学校にカーペンターという新しい先生がやってきた。 彼は突然エミリーたちを教室の外へ出した。 学校の前の広場で、それぞれが自分の学びたいことを学ぶ教科書を使わない授業である。 先生はとうとうエミリーのところへやってきて、どんな詩を書いているのかとたずねる。 ノートを渡したエミリーは期待と緊張に胸を膨らませるが……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#11 名誉あるコンテスト

ペリーは病気がちの叔母さんと二人暮らしで、生計を支えていた。 そのため、叔母さんはペリーが学校へ行くことに反対だった。 あるとき、学校でスピーチコンテストが開かれることになる。 生徒たちがおもいおもいの主張をスピーチするコンテストだ。 ペリーは大胆にも出てみたいと思った。 彼はエミリーたちに内緒で、スピーチの猛練習をする。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#12 世界にひとつの詩

あるとき、エミリーは、ジミーさんの言葉からインスピレーションを得て、美しい詩をつくった。 ニュームーンの自然を賛美した詩だ。 われながら、すばらしいと思ったエミリーは、その詩を新聞社に投稿することを思いついた。 エミリーの初めての投稿だ。 ところが二週間後、エミリーの詩が載っているはずの新聞が、すべて売り切れてしまっていた。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#13 マレー家のクリスマス

クリスマスの当日。 イルゼがエミリーをスケートの誘いにやってきた。 しかし、エリザベスはニュームーンの女性はスケートなどしないものだと許してくれない。 しかたがなく、スケートをするテディとイルゼをながめていたエミリーだが、我慢ができず、とうとうスケートをしてしまう。 その上、手伝いの時間に戻ることも忘れていたエミリーは……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#14 海辺のピクニック

日曜学校のピクニック。 初めて参加するエミリーは、わくわくと落ち着かない。 遅刻してやって来たイルゼは、寝坊したらしく、お弁当も作り損ねたと云う。 いらだつエミリー。 美しい岬の近くの海辺に到着する一行。 早速ゲームをやったり、ロープで作ったブランコに乗ったり、貝拾いをしたりして遊ぶ。 そして、食後は、いよいよ楽しみにしていたアイスクリーム作り。 順番が来て、アイスを作り始めたエミリーたちだが……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#15 幽霊屋敷

エミリーはナンシー大伯母さんの家に滞在することになった。 そこはお化け屋敷といわれる古い屋敷。 ナンシーとかキャロライン、ふたりの伯母さんはまるで魔女のような老婆で、エミリーを驚かせた。 夜になると、幽霊のうめき声のような音が聞こえ、エミリーは一晩中寝ることができない……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#16 夏の思い出

ナンシー大叔母さんの屋敷裏の浜辺へ散歩に出たエミリー。 ところがうっかり足を滑らせて崖下に転落してしまう。 助かる見込みがなく、絶望の詩をよんでいたとき、助けてくれる人物が現れた。 その人は、詩歌や歴史、ロマンチックな物語に精通し、エミリーにさまざまな興味深い話を聞かせてくれた。 エミリーは、異国のかおりがするたくさんの珍しい話を聞いて、ひらめきをふくらませていく。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#17 イルゼの秘密

イルゼと父・アランの仲は、いつもぎくしゃくしていた。 それは、アランがイルゼの母のことを彼女に全く話してくれないことが原因だった。 母は死んだということになっていたが、イルゼは疑っていた。 そんなある日、父・アランと大げんかしたイルゼは、大嵐のなかに飛び出し、行方不明になってしまう……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#18 ローダの罠

ローダのお誕生日パーティに、エミリーとテディが招待される。 スチュワート家は、自分の家が町で一番だと誇示するために、バンクーバーから様々な名士を舞踏会に招待し、そのなかに、有名な舞台女優もいた。 イルゼとペリーも女優みたさに舞踏会にもぐりこむ。そのパーティの最中、エミリーはローダから即興で詩を読んでほしいとお願いされが、あまりの緊張で言葉が見つからなかった。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#19 エミリーの失敗

エミリーの詩が雑誌に載り、地元で彼女は詩人だという噂が流れる。 数日後、亡くなった老人の追悼詩を依頼されるエミリー。 有頂天になった彼女は、老人のことを取材し、人となりを聞きかじる。 そして、老人が人生の落伍者だったことをたっぷり皮肉った詩を書いた。 それを読んだカーペンター先生は……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#20 青春の階段

エミリーがニュームーンへやってきて3度目の夏。 みな、自分の進路を決める時期にっていた。 ペリーはシュルーズベリーの学校へ行くための奨学金の試験に合格し、テディもケント夫人の許しが出て、進学することが決まった。 もちろんエミリーもシュルーズベリーで勉強を続けたいと願っていた。 しかし、エリザベスおばさんは進学を許してくれない……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#21 それぞれの夢

シュルーズベリーでの新しい生活が始まった。 エミリーは相変わらず、新聞や雑誌に詩を投稿していたが、なかなか採用されない。 そんなエミリーを見下し、バカにするのが同級生のイブリンであった。 エミリーはイブリンに負けまいと、一生懸命詩を投稿するが……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#22 雪の中の告白

将来、何をしたいのか……。 それがはっきりと見えてきたエミリー達はシュルーズベリーの学校生活を満喫していた。 そんな時、ペリーが学年でトップの成績をおさめた事が発表される。 ペリーはエミリーに「君が応援してくれたから頑張れたんだ。僕と結婚して欲しい」と告白をする。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#23 はなれてゆく心

卒業を間近にひかえたエミリー達は、着々と未来への道を歩き始めた。 しかしエミリーはただ一人、取り残されたような不安を感じていた。 最近ひらめきがやってこなくなり、いくら雑誌に投稿しても掲載されない。 そしてエミリーだけが、卒業後、ニュームーンへ戻らなくてはならなくなった……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#24 残されたもの

ニュームーンで過ごすエミリーは、小説を出版社に投稿するが、落選続きであった。 エミリーはすっかり自信をなくし、文章を書く喜びや楽しさを失っていた。 そんな時、カーペンター先生が授業中に倒れたという知らせが届く……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

#25 雪はいま、とけゆく

雪が舞うなか、カーペンターの葬儀が行われる。 エミリーはカーペンターを亡くしたショックと、テディが婚約したことで絶望の淵に立っていた。 落選続きで大好きだった小説も書くことが出来なくなり、食事もろくに取らず、かつての活発だったエミリーはどこにもいない。 エリザベスはそんな腑抜けになったエミリーに厳しい言葉を投げつけた……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限2日間

収録時間25分

全26作品
2ページ中 1ページ目を表示

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう