パソコンの各種設定・処理方法

ブラウザについて

インターネット一時ファイル(キャッシュ)の削除方法

※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。

【Internet Explorer】

  • Internet Explorer を起動→メニューバーの「ツール」→「インターネットオプション」
  • 全般タブ→「閲覧の履歴」の「削除(D)」ボタンをクリック
  • 「インターネット一時ファイル(T)」にチェック
    ※「インターネット一時ファイル(T)」以外の項目のチェックは外してください。
  • 「削除(D)」をクリック
  • 削除完了後「OK」ボタンをクリック
  • Internet Explorerを閉じる

【Safari4/5】

  • Safari を起動→メニューバーの「Safari」
  • 「キャッシュを空にする...」→「空にする」をクリック
  • Safariを閉じる

【Safari6/7】

  • Safariを起動→メニューバーの「Safari」→「環境設定」をクリック
  • 「詳細」→「メニューバーに"開発"メニューを表示」にチェック
  • メニューバーの「開発」→「キャッシュを空にする」をクリック
  • Safariを閉じる

【Firefox】

  • Firefox を起動→メニューバーの「ツール」→「オプション」
  • プライバシータブ→「最近の履歴を消去」をクリック
  • 「キャッシュ」にチェック
    ※「キャッシュ」以外の項目のチェックは外してください。
  • 「今すぐ消去」をクリック
  • Firefoxを閉じる

【Google Chrome】

  • Google Chrome を起動→ツールバーの「Chrome menu」→「ツール」→「閲覧履歴を消去」をクリック
  • 「キャッシュ」にチェック
    ※「キャッシュ」以外の項目のチェックは外してください。
  • 「閲覧履歴データを消去する」をクリック
  • Google Chromeを閉じる

このページのトップへ

Cookie(クッキー)の削除方法

※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。
※Cookie(クッキー)を削除しますと、ブラウザで保存しているユーザーIDやパスワード情報などがすべて削除されますので、ご注意ください。

【Internet Explorer】

  • Internet Explorer を起動→メニューバーの「ツール」→「インターネットオプション」
  • 全般タブ→「閲覧の履歴」の「削除(D)」ボタンをクリック
  • 「Cookie(O)」にチェック
    ※「Cookie(O)」以外の項目のチェックは外してください。
  • 「削除(D)」をクリック
  • 削除完了後「OK」ボタンをクリック
  • Internet Explorerを閉じる

【Safari4】

  • Safariを起動→メニューバーの「Safari」→「環境設定」をクリック
  • 「セキュリティ」→「Cookieを表示」をクリック
  • 「すべてを取り除く」をクリック
  • 確認ダイアログで「すべてを取り除く」をクリック
  • 「完了」をクリック
  • Safariを閉じる

【Safari5/6】

  • Safariを起動→メニューバーの「Safari」→「環境設定」をクリック
  • 「プライバシー」→「すべてのWebサイトデータを削除」をクリック
  • 「今すぐ削除」をクリック
  • 「完了」をクリック

【Safari7】

  • Safariを起動→メニューバーの「Safari」→「環境設定」をクリック
  • 「プライバシー」→「すべてのWebサイトデータを削除」をクリック
  • 「今すぐ削除」をクリック

【Firefox】

  • Firefox を起動→メニューバーの「ツール」→「最近の履歴を消去(H)」をクリック
  • 消去する履歴の期間(T)を「すべての履歴」に変更
  • 「消去する項目(E)」のボタンをクリック
  • 「Cookie」にチェック
    ※「Cookie」以外の項目のチェックは外してください。
  • 「今すぐ消去」をクリック
  • Firefoxを閉じる

【Google Chrome】

  • Google Chrome を起動→ツールバーの「Chrome menu」→「ツール」→「閲覧履歴を消去」をクリック
  • 「Cookieと他のサイトやプラグインのデータを削除する」にチェック
    ※「Cookieと他のサイトやプラグインのデータを削除する」以外の項目のチェックは外してください。
  • 「閲覧履歴データを消去する」をクリック
  • Google Chromeを閉じる

このページのトップへ

リセット方法

※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。
※ブラウザを初期状態に戻す作業となります。
ブラウザで保存しているユーザーIDやパスワード情報などがすべて削除されますので、ご注意ください。

【Internet Explorer】

  • Internet Explorer を起動→メニューバーの「ツール」→「インターネットオプション」
  • 詳細設定タブ→「リセット」
  • 「個人設定を削除する」にチェックを入れて、「リセット」をクリック
  • 「閉じる」をクリック→「OK」をクリック
  • Internet Explorerを閉じる

【Safari4/5/6】

  • Safari を起動→メニューバーの「Safari」
  • 「Safariをリセット」→「リセット」をクリック
  • Safariを閉じる

【Safari7】

  • Safari を起動→メニューバーの「Safari」
  • 「Safariをリセット」→「リセット」をクリック

このページのトップへ

Internet Explorerの保護モードの設定

※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。

【Windows Vista / 7/8/8.1】

  • Internet Explorer を起動→メニューバーの「ツール」→「インターネットオプション」
  • セキュリティタブ→「このゾーンのセキュリティのレベル」の枠内の「保護モードを有効にする(Internet Explorerの再開が必要です)」のチェックを外す
  • 「OK」でインターネットオプションを閉じる
  • Internet Explorerを閉じる

このページのトップへ

Windows Media Playerについて

Windows Media Playerのプロトコル設定

※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。

【Windows Media Player 11 / 12】

  • Windows Media Playerを起動→メニューバーの「ツール」→「オプション」
  • ネットワークタブ→MMS URLのプロトコル内にてRTSP/UDPを外す
    ※RTSP/UDP以外の項目にはチェックをお願いします。
  • ネットワークタブ→ストリーミングプロキシの設定のすべてプロキシを使わないを選択
  • プライバシータブ→再生機能とデバイスの拡張のすべての項目にチェック
  • プレイヤータブ→プレイヤーの設定で「インターネットに接続する(他のコマンドよりも優先)」にチェック→「OK」
  • Windows Media Playerを閉じる

このページのトップへ

Windows Media Playerのビデオアクセラレータ設定

※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。

【Windows XP】

  • Windows Media Playerを起動→メニューバーの「ツール」→「オプション」
  • パフォーマンスタブ→ビデオアクセラレータのスライダのつまみを移動して設定を低くするか「なし」に変更
    ※スライダの移動ができない場合には、一度「既定値に戻す」をクリックしてから設定してください。
  • 「OK」でオプションを閉じる
  • Windows Media Playerを閉じる

【Windows Vista / 7】

  • Windows Media Playerを起動→メニューバーの「ツール」→「オプション」
  • パフォーマンスタブ→「WMVファイルのDirectXビデオアクセラレータを有効にする」のチェックを外す
  • 「OK」でオプションを閉じる
  • Windows Media Playerを閉じる

このページのトップへ

その他

システムファイルの表示設定方法

※問題解決後に設定を元に戻してください。
※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。

【Windows XP】

  • 「マイコンピュータ」→メニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブをクリック
  • 「詳細設定」内にある「ファイルとフォルダの表示」で「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェック
  • 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す
  • 警告表示後に「はい」をクリック→「適用」→「OK」

【Windows Vista】

  • 「コンピュータ」→メニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブをクリック
  • 「詳細設定」内にある「ファイルとフォルダの表示」で「すべてのファイルとフォルダを表示する」にチェック
  • 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す
  • 警告表示後に「はい」をクリック→「適用」→「OK」

【Windows 7】

  • 「コンピューター」→メニューバーの「ツール」→「フォルダーオプション」→「表示」タブをクリック
  • 「詳細設定」内にある「ファイルとフォルダの表示」で「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック
  • 「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す
  • 警告表示後に「はい」をクリック→「適用」→「OK」

このページのトップへ

拡張子の表示設定方法

※メニューバーが表示されない場合には、キーボードの「ALT」キーをおしてください。

【Windows XP】

  • 「マイコンピュータ」→メニューバーの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」タブをクリック
  • 「詳細設定」内にある「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す
  • 適用→OK

【Windows Vista / 7】

  • 「コンピューター」→メニューバーの「ツール」→「フォルダーオプション」→「表示」タブをクリック
  • 「詳細設定」内にある「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す
  • 適用→OK

このページのトップへ

ファイルやフォルダのサイズ確認方法
ファイルの場合 フォルダの場合
1.ファイルの上で右クリック→「プロパティ」をクリック
1.フォルダの上で右クリック→「プロパティ」をクリック
2.「サイズ」の項目を確認
2.「サイズ」の項目を確認

()内のバイト単位の数値がより正確なサイズとなります。

このページのトップへ

パソコンの日時設定

【Windows XP / Vista】

デスクトップ右下の時刻表示をダブルクリック→日付と時刻のプロパティ→インターネット時刻タブにて以下のように設定してください。

日付と時刻のプロパティ

日本標準時の確認はこちら

このページのトップへ

パソコンの既定のプログラムの設定

【Windows8/8.1】

  • デスクトップ画面の右上、もしくは右下にカーソルを移動させてチャームを表示させ、「設定」をクリック
    コントロールパネル
  • 「設定チャーム」内にある「コントロールパネル」をクリック
    コントロールパネル
  • 「プログラム」をクリック
    既定のプログラム
  • 「既定のプログラム」をクリック
    既定のプログラム
  • 「既定のプログラムの設定」をクリック
    規定のプログラム
  • 左側のプログラム一覧から「Windows Media Player」をクリックし、「規定でこのプログラムで開く項目を選択する」をクリック
    規定のプログラム
  • 「すべて選択」のチェックボックスにチェックし、右下の「保存」をクリック
    規定のプログラム
  • 右下の「OK」ボタンをクリック
    規定のプログラム
  • 先程の画面に戻るので、次は「プログラムのアクセスとコンピューターの既定の設定」をクリック
    規定のプログラム
  • 「プログラムのアクセスとコンピューターの既定の設定」画面が表示されたら、
    構成の一覧から「カスタム」にカーソルを合わせてクリックし、項目を開く
    規定のプログラム
  • 「既定のメディアプレーヤーを選択してください」という項目の中の「Windows Media Player」を選択して、OKボタンで完了
    規定のプログラム

【Windows Vista / 7】

  • 「スタート」→「コントロールパネル」→「クラシック表示」→「既定のプログラム」をクリック
    コントロールパネル
  • .「既定のプログラムの設定」をクリック
    既定のプログラム
  • 以下の図の順番どおりにクリックし、「このプログラムはすべて既定として設定しています」と表示されたらOKボタンをクリック
    既定のプログラム
  • プログラムのアクセスとコンピューターの既定の設定」をクリック
    既定のプログラム
  • 「ユーザーアカウント制御」で「続行」ボタンをクリック
    ユーザーアカウント制御
  • Microsoft®Windows®にチェックし、OKボタンで完了です。
    プログラムのアクセスとコンピュータの既存の設定

このページのトップへ

ハードディスクの最適化(デフラグ)方法

「スタート」→「プログラム(P)」→「アクセサリ」→「システムツール」→「ディスクデフラグ」を選択します。

スタートメニュー

普段、データを格納しているボリュームを選択します。

ディスク デフラグツール

最適化ボタンをクリックし、最適化を実行します。
※ディスク容量によっては最適化終了まで非常に時間がかかる場合があります。

最適化の表示

このページのトップへ

ファイルシステムの確認方法(Windowsのみ)
  • Windowsスタートメニュー → 「コンピュータ」をクリック
    ※Windows8ではデスクトップUIで確認してください。
    コントロールパネル
  • ハードディスクドライブのアイコンを「右クリック」→「プロパティ」をクリック
    既定のプログラム
  • ファイルシステムが「NTFS」であることを確認してください。
    既定のプログラム

ハードディスクのファイルシステムが「FAT」や「FAT32」の場合、大容量ファイルを保存することができません。
ファイルシステムを変更するには、ディスクのフォーマット(初期化)が必要ですが、誤った操作によって
データを紛失する可能性がありますので、変更方法など詳しくはパソコンメーカーまでご相談願います。

このページのトップへ