サイト内検索

鬼滅の刃 7

発売日: 2017/08
著者: 吾峠呼世晴
シリーズ: 鬼滅の刃
レーベル: ジャンプC
出版社: 集英社
ジャンル: 少年(中高生・一般)
ISBN: 4088811933
品番: bkt07392243
平均評価: 5点レビューを見る
このシリーズ・作家の最新情報をメールでお知らせ!アラートに登録

 

ご購入はこちらから

販売価格 432円
+ 送料360円 (全国一律)

クレジットカード決済なら
4pt獲得
※本・コミック商品は1,000円以上の
ご注文で送料が無料になります

注文方法の説明はこちら

※価格は全て税込み表示です

マーケットプレイス予約・出品

マーケットプレイスでこの商品を買おう
マーケットプレイス予約注文
マーケットプレイスでこの商品を売ろう
マーケットプレイスに出品

DMMマーケットプレイスの説明はこちら

  • m
  • B
  • t
  • f
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
通販ご利用ガイド 会員登録
返品・交換について(返品特約)
弊社ではお客様のご都合による返品及び交換は承っておりません。
注文の際は事前に仕様等をお確かめの上、ご注文をお願い申し上げます。

ユーザーレビュー

平均評価 5点

総評価数 1(1件のコメント)

並び替え

  
  •   今までとは全く違うタイプの強敵が立ちはだかる

    前半から中盤の善逸と伊之助は、いい気なものです。二人とも、炭治郎が夢の世界からの脱出に苦戦している間は、幸福な夢にひたりきっているのですから。
    良い人すぎる炭治郎と比べると、善逸と伊之助は人間臭すぎる。特に善逸の感性は、本当に普通の人間で、炭治郎とは違う意味でピュア。
    後、敵の部下の人間たちを気絶させた時の炭治郎のセリフが、良いです。弱者に対する優しさが感じられて。こういう描写があるから、病気の青年が炭治郎の心に触れて改心する展開にも、説得力が生じます。

    しかし後半に入ると、全キャラ大活躍の、熱い展開です。善逸と伊之助だけでなく、禰豆子と煉獄も大活躍します。
    特に伊之助には、RPGで、はぐれた仲間とボス戦前に合流したような、熱い展開が用意されています。鬼蜘蛛編では全くといっていいほど見せ場がなかった伊之助ですが、そのうっぷんを晴らすかのごとくの活躍します。
    後、禰豆子の前で、やたらとカッコつける善逸には、笑いました。夢の世界でシザーマンと化す善逸にも、笑いました。
    まぁ善逸は、感性そのものは普通の人ですから。ただ、その普通な部分が、カウンセリングが必要なレベルで暴走してはいますが。
    冷静に対応する煉獄も、外見とは裏腹な知的な面を見せて、頼りになります。カッコイイです。

    一方、炭治郎たちの前に立ちはだかるのは、今までとは全く違うタイプの敵。策略を駆使して間接的に攻撃を仕掛ける、嫌らしい敵です。
    名前は、魘夢。その名の通り、夢を操る鬼です。

    常に状況の把握に努め、失敗した場合の備えも、怠らない。徹底した合理主義者で、人間心理を把握し、効率良く利用することに長けた、狡猾な強敵です。

    しかし欠点もあり、想定外は把握できても、規格外は理解できない。人間の本質を客観視して外側の視点で分析しているから、そこからはみ出すものを見落としがちです。
    また人心を客観的に分析することはできても、本質的な面に共感することはできない。
    この欠点のため、炭治郎の並はずれた精神力を読み切れなかった。また炭治郎を精神的に動揺させるために口にした煽りも、逆効果になってしまった。

    しのざきさんのレビュー -本・コミック(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。