サイト内検索

予約時価格保証 DVD通販は全国無料配送!

甘い鞭 通常版

お気に入り登録数11

種類: DVD
発売日: 2014/02/28
製作年: 2013
製作国: 日本
収録時間: 118分
出演者: 壇蜜 間宮夕貴(最上ゆき) 中野剛 屋敷紘子 中山俊 諏訪太朗 光山文章 有末剛 伊藤洋三郎 中島ひろ子 竹中直人
監督: 石井隆
製作: ----
脚本: 石井隆
原作: 大石圭
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声:
シリーズ: ----
メーカー: 角川書店
ジャンル: サンプル動画 ドラマ
品番: n_747daba4561
平均評価: 3点レビューを見る
この作品の出演者の最新情報をメールでお知らせ!アラートに登録

『花と蛇』の石井隆監督が大石圭の同名小説を映画化。隣家に住む男に拉致監禁され、1ヵ月にわたり弄ばれた末に男を殺害し生還した高校生・奈緒子。トラウマを抱えたまま成長し不妊治療専門の医師となった彼女には、もうひとつの顔があった…。

特典・セット商品情報
劇場版予告編
サンプル画像

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 

ご購入はこちらから

参考価格 5,076円
販売価格 3,756円(26%OFF)
送料無料 (全国一律)

クレジットカード決済なら
37pt獲得
残り3点。ご注文はお早めに!
※数量は変動する場合があります

注文方法の説明はこちら

※価格は全て税込み表示です

DMMマーケットプレイス

マーケットプレイスでこの商品を買おう
ユーズド商品 (2件) 2,500円 より
マーケットプレイス予約注文
マーケットプレイスでこの商品を売ろう
マーケットプレイスに出品

DMMマーケットプレイスの説明はこちら

  • m
  • B
  • t
  • f
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
通販ご利用ガイド 会員登録
返品・交換について(返品特約)
弊社ではお客様のご都合による返品及び交換は承っておりません。
注文の際は事前に仕様等をお確かめの上、ご注文をお願い申し上げます。

ユーザーレビュー

平均評価 3.25点

総評価数 4(4件のコメント)

並び替え

  
  •   くそみそ

    SMとバイオレンスって一見同じように見えて精神的には真逆な行為であって、そこを分けて表現出来なければなにを言いたいのかさっぱり解らなくなってしまう。気味の悪さや後味の悪さだけが残ってしまった。せっかくの壇蜜さんや若手女優の熱演がもったいない。

    jjjさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   なかなかの問題作・・

    血なまぐさい、公にできない、そんな事件を作品にした一作。
    時間を忘れさせてしまう迫真の演技は壇蜜この少女時代だった女優さん(間宮夕貴)に称賛の拍手を送りたい。体当たりの演技本当にお疲れ様でした。

    ひろ子猫さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   尺が短い

    観る前はただの倒錯ものかと思ったが、ストーリーは破綻しておらず、17歳の奈緒子とセリカの感情が交錯しながら進行する流れは良かった。「甘い」とは抑鬱(監禁)された状態から解放される(相手を刺殺)瞬間の感覚の表現である。その味を再び求めてSMクラブで働くうちに真正Sの男に殺されそうになるが、恐怖よりむしろ「甘い」味を味わうために男を刺殺してしまう。こんな経験二度もしたいと思うかは疑問だが、そうする事によってあの時に救いとなってくれなかった母、そして自分自身と決別したかったのだろう。最後に自分の命を絶つかのようなシーンで奈緒子を誰かが止めるが、順当に考えればこれは彼女の記憶の中の女医か警官である。3人刺殺した後に生き延びて真人間に戻れるか難しいが、肉体と精神を痛めつけられた人間の人生がどのようになるのか考えさせられた。また壇蜜は表情が豊かになり演技が上手くなったが、今度はぜひ明るい脚本で彼女を観たい。

    Charさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 壇蜜の演技が…

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    石井監督だけあって作品がキレイになることは分かっていたが、やはり映像は美しい。
    また、けっこうな尺を取っていた間宮さんの演技もスゴイと思った。

    ただ、最大の問題が一点。壇蜜の演技が…
    彼女が鞭を打たれるときの表情にはグッとくるものがあったが、それ以外がヒドすぎる。

    全体的に引き込まれるのだが、壇蜜の演技で『ああ、作り物だ』と急に現実に引き戻されてしまう。
    これがどれだけ見ている側にとってシンドイことか。

    勝手な想像だが、監督として相当苦労されたのではないかと。壇蜜の名前でこの作品が売れることは分かっているけど、作品として壇蜜を全面に出したら質的に残念なことになる。
    その妥協として仕方なしに間宮さんの軟禁シーンの尺を大きくとることになったのかと。

    この作品で彼女は正統な女優の道は無理だと関係者に知らしめることになるであろう作品。

    レビューを表示する

    あどぶさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。