サイト内検索

無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

ダンケルク

ダンケルク
貸出開始日: 2017/12/20 準新作
製作年: 2017年
製作国: アメリカ
収録時間: 106分
出演者: フィオン・ホワイトヘッド トム・グリン=カーニー ハリー・スタイルズ キリアン・マーフィ トム・ハーディ
監督: クリストファー・ノーラン
制作: エマ・トーマス クリストファー・ノーラン ジェイク・マイヤーズ
脚本: クリストファー・ノーラン
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/英語字幕/日本語吹替用字幕
音声: オリジナル/5.1サラウンド/英/日本語吹替/ドルビーオーディオ
シリーズ: ----
メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
ジャンル: サンプル動画 アクション 戦争
品番: n_6161000701464r
平均評価: レビューを見る
この作品の出演者の最新情報をメールでお知らせ!アラートに登録
究極の映像体験で放つ、緊迫のサバイバル・アクション

ポーランドを侵攻し、そこから北フランスまで勢力を広げたドイツ軍は、戦車や航空機といった新兵器を用いた電撃的な戦いで英仏連合軍をフランス北部のダンケルクへと追い詰めていく。この事態に危機感を抱いたイギリス首相のチャーチルは、ダンケルクに取り残された兵士40万人の救出を命じ、1940年5月26日、軍艦はもとより、民間の船舶も総動員したダイナモ作戦が発動。戦局は奇跡的な展開を迎えることとなる。

ブルーレイ作品はこちら!

 

レンタルはこちらから

1. ご希望のレンタル方法をお選びください。

2. 選択された作品をご確認ください。

月額レンタル

1ヶ月無料お試しキャンペーン中!

月額レンタルに入会する

入会済みの方はこちら

  • 種類:DVD

レンタル方法の説明はこちら
梱包・受け取りについて

  • m
  • B
  • t
  • f
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.57点

総評価数 14(10件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   散漫

    散漫で分かり難い映画でした。
    映画の世界に没頭できる内容ではなかった。
    脱出する兵士・救出する民間船・援護する戦闘機これをぶつ切りで
    一つのストーリーとしてつなげていくわけです。
    浜に打ち上げられた漁船?のシーンは、正直不要でしたね。
    トムハーディーのパイロットが一番良かった。
    戦争映画としては、評価の低い作品でした。

    パイボールさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   リアリティーなし

    燃料切れのスピットファイヤーがスツーカを撃墜できるか??
    ドイツのBF109ももう少し似た機体にしてほしかったし弱すぎ
    ミリタリーファンはがっかりだし、戦勝国を称えすぎだ

    浜松人さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   監督の自己満足戦争映画

    ドラマ性が希薄でぶつ切りな上、変てこりんな編集。
    始終俯瞰して鑑賞せざるを得ず感情移入を拒絶される。
    映画としては面白くありませんでした。
    監督の自己満足戦争映画。

    たんすにごんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   淡々とした内容

    空と海の物語。陸上戦ばかり見慣れていた戦争映画ファンとしてはCMのカットに新鮮さを覚えたはず。ところが全体として見るとパンチが足りない…そういう感じでした。
    映像は美しいです。その美しさの中に死が潜んでいる。見るべき点はそこです。

    アーチャー123さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 編集意図不明…

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    シーンがだいぶ前に戻る編集が繰り返され、今どうなっているのかわからなくなる。
    確たるストーリーの盛り上がりもなく、一部の人が無事に帰れてよかったねと?
    最後の着陸も味方のエリアに降りるチャンスはいくらでもあったのに、なぜに敵の真っ只中に…
    史実を忠実に描こうとしたのが裏目に出た感じ。

    レビューを表示する

    foreplayさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   いつも通り良い

    厳しいレビューが多いが、じゅうぶん優れた映画の域に入ると思う。大衆向け英雄譚の制作を期待する映画業界の企画に自らの趣味である圧迫シチュエーション心理ドラマを入れ込むいつもの技法(?)は健在。取扱いに真面目さや保守性が要求されやすい舞台設定で、それなりの配慮や保守的メッセージは入れてあるものの、次々に起こる不都合な事態は、不謹慎にも面白さを増させるばかりだ。たばこの害を啓蒙するがごとく、芸術表現と歴史教育は別だという注意書きがあってもいいかもしれない。映像では灰色をベースに黒をテーマ・カラー、時折陽光に映える空や海をアクセント・カラーにする色彩デザインが徹底しており、意識が高い。抑制された音楽と沈黙を多用したサウンド・デザインも然り。いつもながら、総合的な表現がしっかり計画されている。

    tonyzさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   自分的には意外と良かった!

    多々いろんな人の場面を映してるから、ちょっと見るのに
    困難するが自分的には船の沈没シーンと空中戦のシーンが
    非常に深い印象がありました、しかしあの数十万人の脱出劇には
    色々な人達のストーリーで成功したと言うのが作品として楽しめ
    ました。

    のびさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   口数の少ない映画、新しい表現法となるのか…?

    大勢のエキストラを投入した戦争映画ではあるが、攻め進むと云った状況ではなく
    前線からの撤退が中心になり、あっちではこんなことが、こっちではこんなことが
    起こってるという、複数のエピソードが同時進行する展開だ。
    セリフのないシーンが淡々と進む場面こそが見所なのだろうが、判り辛くて退屈に
    なるかも知れない。
    しかし、こここそが最もリアルなのかも知れない。 疲れ切ってドイツ軍に追われ
    祖国に帰れるのかどうか判らない、或いはこの海岸で戦闘機からの銃撃にあい命を
    落とすかも知れない。
    迎えの船には全員が乗れない、大多数が置き去りにされる状況は、撤退兵のは
    知らされていないのだ…

    Blue Pantiesさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   同一場所の同時刻なのに快晴と曇天

    世界中の海岸でロケを行ったせいなんでしょうが、
    本来はドーバー海峡の暗くどす黒い海の風景が、
    何故か南国の陽光煌めく砂浜で撮影されていたり、
    かと思うと次のシーンでは曇天になっていたりと、
    ロケ地の気象条件がバラバラで同一場所同時刻のシーンにはとても見えない。
    それから本物志向にこだわる監督のせいか、
    借りられたメッサーシュミットが三機しかなかったようで、
    いつも襲撃してくる独軍戦闘機は三機まで。明らかに変。
    さらに一番力を入れて描写しているのはスピッドファイアとの空中戦で、
    隊長役の声にマイケル・ケインを起用。
    そのマイケル・ケインはバトルオブブリテンを描いた「空軍大戦略」のパイロット役だし、
    さらに今回のパイロット役にはトム・ハーディとスターを起用しており、
    最後も英雄的な描き方をしているので、
    監督の大好きな「空軍大戦略」をもう一度、
    みたいなノリで作った作品なのでは?
    今どき70mmで撮影されていますしね。
    ドラマ性が希薄で登場人物の造形も浅く、
    平板な内容で見所は迫力のある戦闘シーンや船の沈没シーンと脱出するところぐらい。





    redocatさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   映画館で観るべきだった?

    ノーラン監督ということで重厚なストーリー性のある作品を期待していたので肩透かしを喰らいました。
    欧米人なら一般常識ということもあってかダンケルク撤退戦の背景の説明もないままに
    いきなり終盤から始まった印象ですが、キャラ描写が薄く感情移入しにくい。
    数十万人を脱出させた史上最大の撤退戦が舞台なのですが、描写は局地的なものです。
    映像に関して流石と思える点はありましたが、TV画面で見る限りはいまひとつ凄さは伝わって来ず。
    普通じゃない作品だけに映画館で観るべきだったんですかね。

    こうひこうさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1