ヘルプ

レビュー情報

浪人さん

  • レビュアーランキング

    941

  • レビュー投稿数

    610

  • 参考になった割合

    28

並べ替え

  • 日本のいちばん長い日

    DVD・Blu-ray(通販)

    当時の日本人の盲目的な忠誠心が悲しく国を思う純粋さが切ない

    宮城事件を製作者の思い込みや勝手な解釈なく事実に迫ろうとしたリアルな作り方がよく、黒沢年男のキレっぷりが事件の緊迫感をうまく表してて見応えがあった。
    くさい演出もなくテンポもよいので長い映画なのに一気に観れた。
    本家の『史上最大の作戦』(The Longest Day)には十分勝ってる。

    参考になった28

    投票数30

    参考になった28

    投票数30

  • 死を美化した奇麗事映画

    難病ものの映画にありがちなお涙頂戴は勘弁してもらいたい。
    この手の映画は実話に基づいた物じゃないとくさくなるだけ。

    参考になった7

    投票数9

    参考になった7

    投票数9

  • 机のなかみ

    DVD/CDレンタル

    開けてみると机の中はぐちゃぐちゃだった、結構面白い

    家庭教師が純情可憐な女子高生に鼻の下を伸ばす勘違い編とその女子高生の実態を見せる種明かし編が2重視点の構成が『運命じゃない人』ほど複雑じゃないが面白い。
    でもちょっと笑えてちょっと切ない感じがいいんだけど種明かし編に笑いが少なかったのが残念。
    家庭教師の彼女役の踊子ありが実にいい味出してた、特にアダルトビデオのシーンは笑えて泣ける。

    参考になった6

    投票数9

    参考になった6

    投票数9

  • 司法の歪みを訴えるのが中心で娯楽性は薄いが法廷映画好きにはよい

    裁判の公平性・推定無罪の原則は建前でその結果が有罪率世界一の99.9%だというのは知っていたがそれが何故なのかは知らなかった。
    刑事裁判で無罪を出すというのは警察や検察という国家権力に逆らうことになり裁判官は無罪を出すのに相当の勇気が必要であり、司法の独立性も建前なんだというのをこの映画で知った。
    この映画のモデルの西武新宿線第2事件は無罪になっていて、現実に司法はそこまで情けなくはない。

    参考になった6

    投票数10

    参考になった6

    投票数10

  • 飢餓海峡

    DVD/CDレンタル

    終戦直後内地との貧富の差の象徴として立ちはだかっていた津軽海峡

    終戦直後の誰もが貧困の時代、幸せを掴もうと津軽海峡を渡った男が結局は飢餓海峡を越えられなかったという悲劇。
    津軽海峡にこんな意味があるとは知らなかったが社会派なテーマがちょっとつらいけど、サスペンス仕立てで3時間が厭きなかった。
    特に左幸子がいい味を出していた。爪に込めた異常な想いが阿部定事件を連想させる。

    参考になった6

    投票数9

    参考になった6

    投票数9

  • 戦争映画に恋愛を持ち込んだダメ映画

    人間を画こうとしているのは分かるが、薄っぺらで安っぽく見えてしまう演技・脚本はダメダメ。
    でも軍艦内での人間関係はこんな感じなんだなあと思わせる画き方は新鮮味があった。

    参考になった6

    投票数7

    参考になった6

    投票数7

  • 12人の優しい日本人

    DVD/CDレンタル

    強引なずれを笑う映画、悪乗り気味の脚本が三谷幸喜らしいパロディ

    元ネタを単純に逆にしてもダメ、推定で無罪にはなるが有罪にはならない、疑わしきは罰せずの無罪推定の原則を無視してて強引。
    日本にも陪審員制をとのアピール?でも無罪推定の原則を無視した展開に説得力がないし、無罪推定って冤罪防止のためで優しさとは違う。
    『12人の怒れる男』は正しいと思う事を貫く勇気がテーマだった、パロディって元ネタの本筋をはずしててどうしても薄っぺらく感じる。

    参考になった5

    投票数6

    参考になった5

    投票数6

  • 冒頭でいきなり度肝を抜かれてハードアクションかと思っていたら、

    意外にも人情コメディだった。サスペンスもなかなかいい。
    デニーロと娘の再会シーンやチャールズ・グローディンとの友情もよかった。
    でもこの手の話は人を死なせないでほしかった。

    参考になった5

    投票数9

    参考になった5

    投票数9

  • 少年時代

    DVD・Blu-ray(通販)

    懐古趣味や少年の友情だけではなく、少年の成長まで表現している

    大人が見た偶像化された少年像ではなく、大人と同じような子供社会での軋轢まで画いているのもよい。
    また少年2人の互いに相手を思いやる姿もすがすがしくよい。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • 年老いた親を持つ人は観て下さい

    笠智衆の「とうとう宿無しになってしもうた。ハッハッハッ…」は泣ける。
    構図を優先しすぎて動きのない登場人物は難点だけど、わざとらしい説明会話もなく、わざと棒読みの台詞にさせるほどリアルな会話にこだわっている。
    この時代の映画の作り方とは全然違う。

    参考になった5

    投票数5

    参考になった5

    投票数5

  • 話が荒唐無稽すぎてリアリティなし

    謎は簡単に解けていくし話の展開も都合がいいしピンチも簡単に切り抜けるので緊迫感を感じない。
    『ナショナル・トレジャー』と似たようなもの。
    キリスト教徒だとしても面白いとは思わないだろう。

    参考になった4

    投票数9

    参考になった4

    投票数9

  • さくらん

    DVD/CDレンタル

    脚本がつまらない、色彩ってだけじゃどうにもならない

    大奥とか花魁とか散々画かれた女の社会をあえて映画にするということは脚本が相当面白くないとどうにもならないはず。
    それなのにいがみ合いとか恋愛のもつれとか今までの物と大差がない。
    それに1人の人間の生き様を画くのかと思っていたら恋愛映画に落ち着いてしまったようでなんとも中途半端。
    光っていたのは菅野美穂の濡れ場だけかな。

    参考になった4

    投票数8

    参考になった4

    投票数8

  • 武士の一分

    DVD/CDレンタル

    木刀捌きの上手さは分かるがなぜ木村拓哉なんだ

    夫婦愛の泣かせどころに心打たれるシーンもあるんだけど結局は『たそがれ清兵衛』と大差なし。
    木村拓哉って演技が段取り臭くて何をやっても同じに見える。『ヒーロー』の久利生公平との違いが見えない。
    檀れいも奇麗で雰囲気は良いが演技が段取り臭い。やっぱり宝塚女優。
    脚本も疑問、安っぽい敵役の上司、いくらなんでもこんなやつはいないだろう。果し合いに勝ったとしてその後どんな未来があるんだ。

    参考になった4

    投票数14

    参考になった4

    投票数14

  • 硫黄島からの手紙

    DVD/CDレンタル

    日本軍は酷かったと訴えたいアメリカのプロパガンダ

    どこが日本側の視点なんだ、当時の日本人の憎しみがアメリカじゃなく日本に向くのはおかしい。
    沖縄戦の渡嘉敷村の集団自決が軍の強制だったというのも尊属殺人を隠すための嘘だった事を村民が認めている。
    世界一統制のとれた軍隊と海外から評された日本軍だからこそ栗林中将の指揮で互角の戦いになった。
    善悪は別にして当時の日本人が本気で国を信じ戦った気持ちを理解しようともせずアメリカの都合で事実を歪めた酷い映画。

    参考になった4

    投票数11

    参考になった4

    投票数11

  • 真の問題は原発ではなく人間の無関心無責任だと訴えてるわけだが…

    高尚でもっともな話だが電気を使うのをやめる事も出来ないので言葉がない。
    でも社会派って知らない事だとお勉強だし知ってる事だと説教臭くてつまらなくなりがちなのに、
    批判を皮肉に込めて笑いに転化してたので重くならずに楽しみながら勉強できたのはよかった。
    サスペンスとしては荒唐無稽すぎて空中分解気味。

    参考になった4

    投票数6

    参考になった4

    投票数6

  • 盲獣VS一寸法師

    DVD/CDレンタル

    原作が古いから仕方ないがミステリーがコテコテで陳腐

    演技もおもいっきり棒読みでこれもひどい。
    まるで素人が作った映画みたい。

    参考になった4

    投票数10

    参考になった4

    投票数10

  • 鬼が来た!

    DVD/CDレンタル

    誇張された日本軍の残虐行為が事実だと誤解されそうで嫌になる映画

    日本軍や国民党の行いから日本や中国に関係なく人間は弱く追い込まれれば簡単に狂気に走るという普遍的な戦争の姿を画き、
    最後のマーの冷めた笑いにそれを象徴させたってとこだろうけど。
    中国の被害を過大に喧伝して非難してきた経緯や日本が戦後に行ってきた謝罪と償いを考えると不愉快になる。

    参考になった4

    投票数16

    参考になった4

    投票数16

  • 拝啓天皇陛下様

    DVD/CDレンタル

    愛すべき山ショウという人物の半生を説教臭くなく画いたのがよい

    『フォレストガンプ』に少し似ている。
    実話風な展開で、エピソードや人間ドラマも大げさでないのがよい。ただコメディとしては弱い。
    さらに時間経過が速くてエピソードが断片的になってたのが残念。
    藤山寛美が好演していて渥美清が食われてたのが印象に残る。

    参考になった4

    投票数5

    参考になった4

    投票数5

  • 座頭市物語

    DVD/CDレンタル

    座頭市が血の通った人間として画かれている

    誰にでもいい所もあれば悪い所もある。そういうのを画けて初めて人間味が出る。
    敵役の平手造酒もうまく画いているので、男の哀しさが際立っている。
    たけしの全く人間味が表現されてない『座頭市』につめの垢でも煎じて飲ませたい。
    ただヒューマンドラマ中心で見せ場が少ないのが残念。

    参考になった4

    投票数5

    参考になった4

    投票数5