ヘルプ

レビュー情報

oh1119さん

  • レビュアーランキング

    1281

  • レビュー投稿数

    156

  • 参考になった割合

    67

並べ替え

  • ラストエンペラー

    DVD・Blu-ray(通販)

    ベルトルッチの一時的復活

    本作が良かったのは正しくイタリア映画のスペクタクル性を復活させた点であろう。無声映画時代の「カビリア」でもいいが、ロッセリーニ以前のスケールの大きなイタリア映画の再現を中国で行ったことは、ある意味で反時代的な試みだったろうが、国際的に流通させるために英語でとる姿勢もセルジオ・レオーネ以来だと思う(因みにレオーネの「ウエスタン」にベルトルッチは参加している)。
    こうした中でベルトルッチは史実よりも溥儀という皇帝の夢想を主題としてゆく。この映画作家としての戦略は見事に成功している。
    今ふと思い出したが、当時の文部大臣が甘粕の人物像が史実と違う等と言っていたが、こうした錯誤はしたくないものである。

    参考になった12

    投票数13

    参考になった12

    投票数13

  • 多分・・・

    キューブリックの「フルメタル・ジャケット」が描きえなかった視点で、戦争を鳥瞰的に描きえた貴重な作品。
    監督であるテレンス・マリックが20年ぶりに撮った作品であるが、本作に必要であったのは「天国の日々」の撮影監督であった故ネストール・アルメンドロスであったのではないか?

    参考になった7

    投票数9

    参考になった7

    投票数9

  • ゆきゆきて、神軍

    DVD/CDレンタル

    矢張り良かった・・・

    奥崎謙三が本作の監督として念頭に置いていたのが今村昌平であったというのは有名な話であるが、本作は始めから原一男が撮影対象に敗北していたフィルムであった。
    原一男のフィルムとは、処女作「さよならCP」から本作まで撮影対象に対しての埋まらぬ溝をそのまま曝し続けるという敗北の記録ではなかったろうかと考えると、フィルムに収まるはずがない奇人を相手にした姿勢は納得のゆくことである。
    是非、本作を政治性に矮小化せずに80年代における日本映画の代表作をして見て貰いたいと思います。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • ターミネーター

    DVD/CDレンタル

    やはり・・・

    キャメロンは予算を増やさない方がいい。
    正直な話、「T2」でもいいし、「タイタニック」でもいいが、ある意味B級だからいいのであって、CGに金かけたり、実物大のセット作ったりとかは観客の想像力の放棄に等しいし、監督の演出力の低下に繋がるのではないか?
    無論演出力があるかは疑問だけれども、そろそろミニマムなフィルムも手掛けて欲しいところだ。

    参考になった4

    投票数8

    参考になった4

    投票数8

  • 色々言われているが・・・

    本作のアル・パチーノは良かった。しかしアカデミー賞デノミネートすらなく、ノミネートされたのは助演の「ディック・トレーシー」であったのはある意味侮辱だったと思う。
    そんな些末なことはさておき、本作はコッポラの隠れた名作であったと思う。公開当時は1・2作目より劣ると言われていたが、今見直してみるとアクションシーンなどよりも、ヨーロッパ映画のような物語と主題をよくぞここまで料理したと思う。コッポラの円熟した手腕と演出力の落ち込みとを混同したくはないものである。

    参考になった4

    投票数5

    参考になった4

    投票数5

  • 眠狂四郎 無頼剣

    DVD・Blu-ray(通販)

    本作を見てると・・・

    天知茂がいい。多分「座頭市物語」の平手酒造に匹敵するのではないか?
    いくつのかの欠点はあるものの、最盛期の大映時代劇の底力を見せてくれる。本作を見ていると、日本映画にこれ程の贅沢な映像があったのかと改めて思わせてくれる。
    三隅研次の演出もこの頃が最盛期の気がする。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 魅せられて

    DVD・Blu-ray(通販)

    ベルトルッチは・・・

    「ラスト・タンゴ・イン・パリ」以後のベルトルッチを見ているとある種の齟齬感を感じてやまないものの、結局見続けてしまうのも映画好きの宿命とはいえ、「リトル・ブッダ」や本作を見てしまうと、ベルトルッチは矢張り衰えてしまっているのだろうか?等と思ってしまう。
    本作でリヴ・タイラーを発掘したのは間違いなく大収穫であるが、彼女を起点としたフィルムというよりも、彼女を温かく見つめてゆくジェレミー・アイアンズの存在が深く印象に残った。正しくオブザーバー的なこの男にベルトルッチの分身を見た思いがする。

    参考になった4

    投票数5

    参考になった4

    投票数5

  • 死んでもいい

    DVD/CDレンタル

    いい映画だけれども・・・

    間違いなく、異業種からの参入となる映画監督の中で一番才能がある監督に他ならないし、コンスタントに発表する作品にはこの人でしか出せない味がある。
    但し、映画的な画面を作り出せる才能を間違いなく有しているのではあるが、クライマックスシーンのような過去の映画におけるシーンを引用するのは如何なものか?
    又、長回しの固執する余りに全体的な時間が間延びしてはいまいか?等などを指摘したいが、そんなことを忘れさせる魅力が本作には漲っている。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 東京オリンピック

    DVD/CDレンタル

    ある意味・・・

    市川崑が指向する技術性をフルに活用するに最も適した題材が本作だったといえるのではないでしょうか?彼のフィルムを見ていると、そのフィルムには本当に必要な表現かが疑問符が付く箇所も多々あるし。
    本作を見た当時の文部大臣のコメントを端緒として、所謂「記録か表現か」なる低次元の論争となったのは有名だが、本作を見て彼の作家性を改めて検討してもいい感じがします。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • フライしゃーの佳作・・・

    本作の予告編を見てビックリしたが、本作を「2001年宇宙の旅」と比べるのは駄目だろう・・・。無論SFに変わりはないが、本作の様な寓話を形容するすべがなかったのかも知れない。
    本作はフライシャーの才能が随所に現れている佳作。事にアクションシーンの巧さに瞠目して貰いたい。傑作アクション「ラスト・ラン」のリリースが待たれる。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • フリーズ・ミー

    DVD・Blu-ray(通販)

    迷っている感じ・・・

    石井隆が得意の長回しを封印した作品。
    本作は井上晴美の濃厚なベッドシーンで話題となったが、映画作家・石井の転換点となったフィルムだと思う。
    作品自体の出来は良作ではあるが、彼のフィルムを見続けてきた者にとっては物足りない。残念ではあるが・・・

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 台風クラブ

    DVD/CDレンタル

    多分・・・

    所謂10代の少年少女を主人公にした作品の中で最高傑作ではないだろうか?
    現実の中学生がこうした問題を抱えているか?等という人もいるだろうから、先に断っておくと、描かれた行為ではなく、登場人物たちの不安定な精神状態とそこから引き起こされる突発的な行動こそが、別段高校生でも小学生でもいいが、彼らの抱えるどことない不安を明瞭に示しているともいえる。
    そして、そうした不安を見る者に社会的な問題などに容易に還元しえない普遍的な感情として描き出しているが上に、本作は感動的なのであると思う。
    相米の作品に興味を持った方に是非見て貰いたい作品である。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3