ヘルプ

レビュー情報

WANKMANさん

  • レビュアーランキング

    --

  • レビュー投稿数

    7

  • 参考になった割合

    31

並べ替え

  • 1
  • 黒いハイレグで

    私はデッキチェアの上でマリアの長い脚を大きく広げると、右足のつま先からふとももの付け根までゆっくりと舌を這わせた。ボディローションの香りと、白く滑らかな肌の匂いが混ざって私のペニスはすぐにぬるぬるになっていく。彼女は微笑んで、すかさず手を伸ばしてペニス全体を包み込むように上下に動かし始めた。私の黒光りしているペニスに絡まるマリアの白く長い指先のコントラストが目に眩しい。ああ、いつ死んでもいい。

    購入・利用済み

    参考になった3

    投票数11

    参考になった3

    投票数11

  • ビーチでストレッチ

    私は彩也香の右腕を持ち上げたまま白い腋の下に鼻柱を押し付け、舌を這わせてすべすべの肌の感触を味わった。微かな汗の匂いと、わずかな剃り残しのあとが私の勃起を最大限まで押し上げる。彼女はくすぐったさに身をよじらせながらも、左腕を伸ばしてすでにぬるぬるしている私のペニスを細い指先にからめて動かし始めた。ああ、いつ死んでもいい。

    購入・利用済み

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • REALISEを着たままで

    私は硬くなったペニスを背後から彩也香の尻の谷間にねじ込んで、抜けるように白く瑞々しい張りのある滑らかな太股の感触を楽しんだ。彼女は振り向いて微笑みながら、徐々に体液でぬるぬるしていく亀頭の感触を味わっていた。ああ、いつ死んでもいい。

    購入・利用済み

    参考になった2

    投票数5

    参考になった2

    投票数5

  • クッキングのあとで

    エプロンをつけたまま無邪気に踊る綾女を背後から抱きしめた私は、赤いビキニの隙間から大きな乳房を両手で鷲掴みにして楽しんだ。乳首はすでに硬くこりこりに尖っている。彼女は自らショーツを脱ぎ捨てて私のはちきれそうなペニスを手繰り寄せると、大きな尻の谷間に挟み込んで腰を動かし始めた。すでにぬるぬるになった私の先端はあっという間に綾女の熱い果肉に飲み込まれていく。ああ、いつ死んでもいい。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • バスルームで

    四つん這いになって泡と戯れている唯奈のうしろから私は覆いかぶさると、水着の隙間から両手を入れてゆっくりと乳房の柔らかさを味わった。彼女は微笑んで振り返ると、手を伸ばして自分で股間の水着を脇にずらし、私の硬いペニスを握って促した。小さな蕾とやわらかな果肉が美しい尻の中央で泡に濡れてきらきら光っている。ああ、いつ死んでもいい。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 白いワイシャツを羽織ったまま

    あや香は微笑んで、仰向けに寝ている私にまたがると、その大きな白い尻を私の顔の上に乗せてゆっくり動かし始めた。白いパンティ越しに彼女のしっとりとした果肉の匂いが鼻孔いっぱいに広がる。あや香は立ち上がって湿ったパンティーを脱ぎ捨てると、うっとりとした表情でふたたび顔の上にまたがった。たちまち私の顔は愛液でぬるぬるになっていく。ああ、いつ死んでもいい。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数3

    参考になった0

    投票数3

  • ブランコから降りたあとで

    私は跪いて真愛の股間に顔を埋め、甘く強烈な香りを味わった。黄色の紐パンティーから鼻柱に彼女の湿り気が伝わる。私は両手でその小さな下着を一気に足首まで下ろしてしまうと、わずかな陰毛の下で光り輝く柔らかな果肉にゆっくりと舌を這わせていった。ああ、いつ死んでもいい。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 1