ヘルプ

レビュー情報

ootakuさん

  • レビュアーランキング

    70516

  • レビュー投稿数

    2

  • 参考になった割合

    0

並べ替え

  • 1
  • 表情が最高

    表情が最高です。
    幼さと大人の間で、ギャップが良いです。
    スカートから水着をのぞかせるときの、こっちの心に訴える表情が良かったです。
    背徳感があります。最高

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 続きが見たい

     旧作、新作ともに視聴済みの20代。新作が公開されるたびに批難が起こり、旧作が評価される現状を悲しく感じる。150話、12年以上かけて完結されたものと比べて今作の出来を評価するのは明らかな間違いであり早計である。新作は今の時代に合わせ、調整されている。旧作から省かれたシーンは、新作が示唆しようとしている意図から外れるためであると感じた。旧作視聴者は、省かれたシーンを旧作の記憶を用いて補完するべきではない。美しいcg、キャラクタ、新しい世界観を用いて、真に行間を想像することがこのシリーズを楽しむ方法ではないだろうか?
     今作はより客観的で非主観的な歴史の大河を視聴者に示していると感じる。多様化の現代だからこそ銀英伝の魅力を伝えるためには、ヤンやラインハルト的な思想を示しながらも共感を強制せず、今に受け入れられるビジュアルにする必要があったのだろう。そこが旧作を知る者の拒絶の対象となっている。「なぜそうしてしまったのだっ」と。
    だが本質である歴史の流れの面白さを見失ってはいけない、今はまだまだ余興なのである。
     旧作は歴史の大河を英雄性、カリスマ性を用いて緩急をつけて作り上げていた。それはその時の日本が「社会の低迷を打開する英雄」を求めていたため受け入れられたのであろう。今作は歴史の大河を映像美、新たな想像力で用いて作ろうとしているのではないか?なぜなら「英雄は過去のものになってしまった」からである。
     旧作のファンは、今作の現実を見ようともしない貴族になっていけない。それをオフレッサー上級大将にまで言われて尚、気付かないとなっては笑止。この2-3章にかけてシューマッハ大佐、ボリスコーネフ、ジェシカエドワーズのシーンは新たな想像力を掻き立ててるいい出来だったと思う。リヒテンラーデ侯逮捕までのワープもカッコよかった。アルテミスの首飾り撃墜に関してもカッコいい。この想像力が、後半で歴史が加速していくにつれ大きく多くのキャラクタに及ぶと感じてワクワクする。これから待ち受ける数々の戦いが、あたらな解釈と映像美をもって再現さることが楽しみでしょうがない。新たな魅力と、どんな形になっても残る銀英伝の大河の本質を楽しみたい。よって第3シーズンが早く決定することを願ってやまない。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 1