ヘルプ

レビュー情報

いつも暴発さん

  • レビュアーランキング

    2770

  • レビュー投稿数

    10

  • 参考になった割合

    52

並べ替え

  • 1
  • 普通でいいんだよ

    悪いところを言うと色調が暗い、演出がおやじくさい、女優のメイクがけばいなど。
    演出してますよという製作者側の鼻息が随所に感じられるが、
    こういうビデオはそういうのを感じさせないほうが優れていると思う。
    きれいな女優のナチュラルな美しさを見たいという方には不向き。

    購入・利用済み

    参考になった10

    投票数17

    参考になった10

    投票数17

  • 経理にいた娘にそっくり

    デビュー作でありながら、パラソルの棒を胸に押し付けたり、ベッドの木枠を手で弄んだりとかなり挑発的。
    しかし下品な感じは無く、むしろさわやかな印象を受ける。
    かわいらしい顔と形のいい大きな胸とたるみの無い下半身。う~ん、逸材である。

    参考になった8

    投票数11

    参考になった8

    投票数11

  • 夢の扉/原幹恵

    DVD/CDレンタル

    ファン以外も楽しめる

     原幹恵って、顔はかわいいけどウエストあたりから下の体がドテッとしていて、いまいち美しさに欠ける気がする。知性を感じさせない労働者的肉体という感じなのだ。だから単なるイメージでは満足できるものがなかったが、この作品ではがんばって挑発的なシーンを演じていたので好きになった。洗車や家庭教師姿のシーンがおすすめ。
     この路線で突き進むと普通のテレビの仕事とかが減りそうな気がするけど、ユーザとしてはどんどん過激にいって欲しいと思うのであります。

    参考になった6

    投票数12

    参考になった6

    投票数12

  • Mai Life/西田麻衣

    DVD/CDレンタル

    胸もいいがおしりが魅力

    はずしている感のあるチャプターもところどころあるが、西田麻衣の魅力は十分感じられる作品になっている。
    とりわけベッドで棒状のクッションを抱きながらゴロゴロするシーンは飛び抜けて素晴らしい。
    これはアイドルによるバーチャル○○○である。これだけでも見る価値はあると思う。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • ダークナイト

    DVD/CDレンタル

    面白いです。


    絶対的な悪との戦いとか無慈悲な人の殺し方とか、いろんな点で「セブン」と似ているような気がする。。
    主人公の補佐役がモーガン・フリーマンというのも同じだし。
    大変楽しめましたが、ティム・バートンの1作目と比べるとあっちの方が好きかな。
    1作目はジョーカーの顔がああなったくだりを描いているなどコンパクトに1本の映画にまとめていると思う。
    小難しいテーマもなく、アメリカン・コミックをティム・バートン風につくっただけですという割り切り方が心地よかった。
    それでもダークナイトを5つ星にしたのは、アクションもサスペンスもたっぷりで、映像も豪華で見ごたえ十分だったからです。
    いい映画だからこそ、以前見た映画と比較研究するという、映画のデザートも楽しいのです。

    参考になった4

    投票数7

    参考になった4

    投票数7

  • OPEN MIND/西田麻衣

    DVD/CDレンタル

    映像○音楽×

    前3作にあった挑発的なシーンはなくなり、並みのイメージビデオになった感じ。
    それでも少しやせてオトナ顔になった西田麻衣のセクシーさは健在で、十分楽しめる映像になっている。
    最悪なのは音楽である。
    イメージビデオにボーカル付きのBGMは不必要だと思うのだが、この作品はそのオンパレード。
    こういう凡庸な英米ポップスが不愉快でしかないユーザが多数いることを理解して欲しい。

    参考になった2

    投票数11

    参考になった2

    投票数11

  • 杏璃色/杉原杏璃

    DVD/CDレンタル

    カラダは芸術品です。

    ブラを外して手で胸をおさえるというシーンが何度も出てくるが、必殺技も使いすぎると効果が薄れてくる。
    似た様な雰囲気の室内映像が多く、プールや散歩などのシーンが途中に欲しかった。
    でもこの女優さんの彫刻のような美しいスタイルは抜群にきれいなので、一見の価値ありなのである。

    参考になった2

    投票数5

    参考になった2

    投票数5

  • 大変楽しみましたが...

    「ボーン・アイデンティティ」を傑作たらしめたのは、アクションの斬新さもあるが、記憶をなくした男がわけも分からず何度も殺されそうになる状態、いわゆる守勢から、徐々に真相をつきとめパリのCIA本部を殲滅するという攻勢に至るまでのプロットそのものにあると思う。
    「ボーン・アルティメイタム」はCIAの弱みを暴露しようとするボーン側が実は常に攻勢で、結局、攻撃側が最後まで攻撃をして相手をやっつけて終わりというプロット自体のつまらなさがあるように思う。ボーンももはやスーパーマン状態で、何でもできてしまうのはいかがなものか。アクションは素晴らしいので満足はするが、心の底からスカッとすることはないと思う。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • 1