ヘルプ

レビュー情報

最近ぼちぼちさん

  • レビュアーランキング

    5991

  • レビュー投稿数

    22

  • 参考になった割合

    22

並べ替え

  • 三谷ワールド炸裂

    三谷監督作品はすべて見てますが、本作品は「三谷ワールド、ドストライク」です。

    好き、嫌いは個々の評価が分かれるところだとは思いますが、私は三谷さんは好きです。
    個人的には「ラヂオの時間」が一番好きですが、この作品もなかなか面白かったです。

    それにしても、俳優が豪華なことこの上ない(一部を除いてだいたいいつもだけど)。
    ここまで揃える理由ってなんだろう。正直、不必要だとは思います。
    チカラを誇示したいのかな(笑)

    ともあれ、作品は「面白い」です。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • 容疑者Xの献身

    DVD/CDレンタル

    役者根性が良い

    原作では、あきらかに「主演:石神」なんですが、さすがドラマだと福山氏、柴咲氏を少し前面にださないとファンや関係者がうるさいのかなぁ、と変に勘ぐるを得ない内容だったのが少し残念。
    いっそ、北村氏をもう少し出して、柴咲氏を出さないで、スピンオフ的な位置でも良かったかも。
    福山さんの事きらいじゃないけど(むしろ好きだけど)、この作品に限っては(原作と比較すると)でしゃばりすぎな感は否めない。


    それはそれとして、堤真一氏、松雪氏、もちろん柴咲氏、福山氏の演技に引き込まれました。
    堤氏は正直、コレを見るまでは眼中に無い人だったが、コレを見た後、途端にファンになり、「クライマーズハイ」でシビレました。
    今では一番好きな俳優さんと言っても良い。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • ジャッジ!

    DVD/CDレンタル

    想像以上に良かった。

    あらすじだけ読むと、まあなんかいつもの邦画のコメディモノかな。みたいな感じで気にはなってましたが見てませんでした。
    他に見るものが無くて、まあいいかっていう程度で見始めましたが、良い意味でくだけていて面白かった。

    CM制作関係の人や会社が関わっているみたいで、ほんのちょっとしたところにも気を配っていたりするのも見てとれた。
    また、厳正なる審査会に審査員全員がちくわ持ってきてたり、ちくわで笛吹いたり、場合によっては「行き過ぎて引いちゃう」ようなシーンも上手い具合に笑えるようにバランス取っているように感じた。

    役者さんもふんだんに豪華キャストなんだけど、荒川良々さんや豊川悦司さんの(良い意味で)ふざけた演技が、妻夫木さんや北川景子さんのマジメな演技をバックアップしていて、キャストも配役もうまい具合にバランスが取れてると思った。

    上に二回書いちゃったけど、要は作り手の絶妙なバランスがとても良い作品だと思う。
    それと北川景子がかわいい。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • テラフォーマーズ

    DVD/CDレンタル

    誰が問題なの?

    みんながよく書いている「邦画のCGだもん」は問題を感じさせない邦画もたくさんあるのでまあ置いておいて、見た感想としては「抑揚が無い」です。

    例えば
    役者「殺してやるっっうう!!」
    ・・・・・
    監督(はいカット!)

    役者「ちくしょーーーー!」
    ・・・・・
    監督(はいカット!)

    何と言えば良いのか、こういうのを「間が悪い」というのか、「行間が悪い」と言うのか。
    最初から最後までこの調子でストーリーの盛り上がりに欠ける。
    役者同士の会話のキャッチボールも
    役者A「〇〇よね?」
    ・・・・・
    役者B「・・・うん」
    みたいな。

    ゴキブリを何十匹も倒すラストシーンでも
    役者「はあ・・・はあ・・・・」
    ・・・・シーン
    役者「ぐっ・・・ぐわっ・・・」
    ・・・シーン
    役者「ウ・・・グッ・・・・」
    ・・・シーン
    じゃあ、盛り上がりに欠けます。

    宇宙船は動いてんだか止まってんだか分かんないし、最初消えるような速さで動いていたゴキブリが人が注射打つまで律義に待っててくれるし、5~6匹で襲ってきたゴキブリが1匹倒しただけで残りはいなくなってるし、大爆発した頭上を天高く飛んだ後、地面に落下して墜落し寝っ転がってたのに次のシーンで普通に立ってるし。
    言い出せばきりがない。

    役者さんは有名な方が多いので問題無いとして、監督が寝てたか映像編集担当者がアルバイトさんかどっちかだろうと思う。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 当たり

    変なお笑い芸人さんも出てるし、番宣とかCMとかでも見た事無かったし、アイドルっぽいのも出てるし・・・・。まあ戸田恵梨香好きだから1話だけとりあえず見てみようかな・・・・。

    と、思ったらしょっぱなから面白くてハマりまくり、一気に全部見てしまいました。
    内容は次々と巻き起こる問題を知恵と工夫で巻き返すというどこにでもあるモノ。ホテルドラマの9割は同じ内容なのでは?と思わせるほどありきたり。

    毎回毎回困難が待ち受けるんだが、それでも浜辺やくっきーや渡辺いっけいの(良い意味での&演技での)アホさが作品自体を明るくしてくれて、作品を暗い雰囲気にせず見ていてスカっとする。
    そこに泣きべその戸田恵梨香が作品を引き締めてくれていてうまい具合にバランスが取れていると思った。

    個人的には戸田恵梨香作品中NO1。

    惜しむらくは時間経過がいまいちわからない。問題が次々と湧き出てあっと言う間に一流ホテルになってあっと言う間に岩田さんがどこかへ行ってしまった。って感じ。
    もう少しゆっくりでも良かったかなあ。
    そういうのを差し引いてもとてにかく面白かったです。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 極上の娯楽作品

    近代日本映画史上最高の娯楽作品。

    良い意味で三谷幸喜作品の映画らしくなく上品で繊細。
    というのは、喜劇じゃない原作を三谷カラーで喜劇にしちゃってるんだけど上品さは醸し出している(映像とか風景がそれを後押しはしているが)。という感じ。

    原作を壊さないように注意しつつ日本人が受け入れやすいように作り直している所がとてもとても好感がもてる。

    4時間超という大作にも関わらず、一夜、二夜ときれいに分けられており中だれすることもない。
    一夜は通常の推理ドラマを作り、二夜で犯人たちの背後関係を描く事で感情移入もしやすいため最後の名探偵勝呂のセリフが決まる。

    キャストも超豪華、配役もバッチリ、昭和初期の雰囲気もキレイに出ており、ストーリーもスムーズ、推理物なのに人物の背景も描かれており感情移入も出来る。なのに三谷色も出てる。最後もみんなが納得する落としどころで見てよかった!と思える。
    全く減点すべきところがなく非の打ちどころのない作品だと思う。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 黒井戸殺し

    DVD/CDレンタル

    想像以上

    いやあ面白かったです。

    「狂言てなに?」「陰陽師みたいなの好きじゃないし」と今まで眼中に無かった野村萬斎でしたが、大泉洋が好きで、原作アガサクリスティだと2時間無駄にはならないだろうと思った程度で見てみました。

    ストーリーの最初はどこにでもあるような進み方だが、平凡な中にも藤井隆、秋元才加、吉田羊、それに斎藤由貴などのキャラがきちんと立っておりそれほど退屈せずに見続けることもが出来ました。

    しかしながら謎解きのシーンでは野村萬斎の絶妙の役が見事。更に「あーなるほどね。」「あーそういう事だったのかー」と納得するものばかり。
    矛盾している部分とかがあると一気に映画って冷めますが、そういうのが無く、極上のエンターテイメントとなっていました。

    全く興味無かった(たぶん初見と言ってもいいくらい)野村萬斎。一気にこの方の興味が沸き、DMMのレンタルDVDや動画配信作品をチェックしたくらいです。


    ぜひともこれをシリーズ化して欲しい。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 思ったより面白かった

    最初の方はコメディチックな感じで進んでいき、「まあ阿部サダヲだしねー」なんて思ってみてましたが、
    脇が実力派揃いだけあって、中盤から終盤にかけてガチッと固まっていく感じが思った以上に良かった。

    竹内結子は庶民のしみったれた着物着ててもキレイでびっくりする。
    そして阿部サダヲはやっぱり奇才。一瞬の目の動き、口の開き、どの作品でもその役を演じつつも、阿部サダヲを阿部サダヲが演じる。だから見ていて安心感が出る。すごい人だ。

    ストーリーはベタベタですが、考えずに気軽に見れて良い。娯楽映画ってこういうので良い。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • フェノミナン

    DVD/CDレンタル

    言う事なし!

    どの作品でも頭一つ抜けてヒーロー役だろうと悪役だろうと目立つトラボルタが田舎町に住む平凡な30過ぎの独身男というのだけでも一見の価値アリ。

    フォレストウィテイカーもいつもながらいい味だしてる最高の脇役だし、キーラセジウィックの大人の女性のツンツンちょいデレ具合も最高。男だったら誰しも好きな女性から言われてみたいセリフもあったり、無精ひげを剃るときに「上から?下から?」なんて慣れてないっぽいセリフなんて男としてはもう最高です。

    ストーリーもファンタジーやどこから持ってきたのかわかんない超能力みたいなのと違って一応筋は通ってるのでストーリーも入りやすい。

    極めつけは、名曲Change The Worldが感動に拍車を掛けます。


    個人的好きな映画ベスト10には入る忘れえない作品。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 原作とは違うが世界観をきちんと作っている

    原作の世界観を模倣しつつも独自の世界観を作っており、且つその世界観が聞き手の原作観を損なわないよう配慮してあり、聞いてて素直に心に入ってくるように感じます。
    中森明菜の真骨頂ここにあり、という気がしてお買い得満点。

    2014の紅白から再ブレイクか、新曲も出しているようだけど、45歳の私(中森明菜まっただなかの年代)からしてみれば、新曲は出さなくていい。
    こんな感じでたまーにカバー曲や自曲のリメイクを出してくれて存在を示してくれればそれでいいなあ。

    私たち(この年代)こそが「中森明菜を知っている」という優越感を味わっていたい。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 青い鳥-Loiseau Bleu- 1

    DVD/CDレンタル

    傑作

    何度でも見たくなります。前半は。
    というか、最初の辺りは。

    ストーリは平凡で、中盤は可も不可も無く。終盤は下降気味は否めません。

    それでも最高評価。「傑作」と言うに値する作品。
    まず、当時のいわゆるトレンディドラマ全盛から一線を引いた田舎の風景が目白押し。
    そして主題歌(glob)との相性。
    それから、夏川結衣さんの美しすぎる所作。
    「逃げたい」「連れて行って」と目だけで訴える動作。
    自然を装い少しづつ伸ばしていく指先。
    そして土砂降りの中スポーツカーから傘も持たずに出てきて雨に打たれるシーン。

    当時、彼女以上の女優さんを見ることは無かったと思います。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 舞妓Haaaan!!!

    DVD/CDレンタル

    これで正当

    阿部サダヲとクドカンならこの作品は正当かと。

    正直、内容は薄いし勢いだけっていうレビューにも納得ですが、この2人ならむしろこういう、ちょっとバカっぽい(良い意味で言えば勢いがある)作品のほうが似あってると思います。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 探偵はBARにいる

    DVD/CDレンタル

    楽しめました

    「ハードボイルド」+「大泉洋」を作るとこうなるよね、という王道のような作品。
    無駄な演出や間延びが無いところも「ショーシャンクの空に」と似た感じがして完成度も高く感じる。

    脇を固める俳優さんもすごくて、ストーリーも流れるように自然、北海道の背景もそれらしくて(私は北海道は知りませんが)で、減点すべき所が無い。


    減点すべき点が無い。というのは上記にも書いた「ハードボイルド」「大泉洋らしさを出す」に絞る、という点。

    サスペンスとしては見るべきものではないし、半分くらい見れば最後の展開は丸分かり。
    その辺りは最初から求めていないので、という注釈がつきます。

    大泉洋さんは、今一番好きな俳優さんなので私は大いに楽しめました。

    参考になった0

    投票数2

    参考になった0

    投票数2

  • 龍虎飯店 Vol.1

    DVD/CDレンタル

    2話見て飽きた

    (「料理の鉄人」は大好きで、これもそんな感じかな?
    それにしても5分ってすごいなぁ~。)

    なんて思いながら見てみましたが・・・。
    ・5分しかないので、映像が単純。1話を見ようが10話を見ようが、違いがわかんないのでは??っていうくらい画が同じで”時間の無駄”と感じる。
    ・審査員の人が「美味しい」しか言わない。そもそも一人しかいないのが残念。複数人いて、タテヨコナナメから解説してほしかった。見てるこっちは味とかにおいとか分かんないんだから。
    ・審査が、3つの料理を作って2品美味しい方が勝ちっていうルールで、私が見たのは、全て「A⇒B⇒A(B)」になっていたので、デキレースちっくで失笑してしまう。
    必ず2対1で終わる。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • らしくないのもまたタランティーノ

    パルプとかレザボアとか、最高の映画もあれば、キルビルとかのように最低(もちろんワザとそれを狙っているのだろうが)の作品もあるのがタランティーノだと思っていたら、本作はどっちつかずの”真ん中”って感じ。

    画は雰囲気あって良いしセリフ回しも良いと思うけど、「さっすが!タランティーノだね!」とは思えない中途半端な感じ。

    一言で言えば、「らしくない」んだけど、らしくないのもまたタランティーノなのだろう。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 娯楽映画として気軽に見れば

    映画って、ストーリー重視と、娯楽重視と2通りあると思うが、本作は明らかに後者。
    リュックベッソンと、ジェイソンスティサムに、それを求めるほうがおかしい。

    シリーズモノはだいたい1がおもしろくて続編でコケる場合が多いけれど、1,2,3と回を追うごとに「運び屋としての立ち位置」が洗練されていってるように思える。

    無茶ぶりは多々あるけれど、「ジェイソンスティサムかっこええ~!」「アウディもなかなかいいやん~」と思いながら見ると◎

    ジェイソンスティサムはそこまで好きではなかったけど、本作でファンになった。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0