ヘルプ

レビュー情報

GARPの母さん

  • レビュアーランキング

    14740

  • レビュー投稿数

    35

  • 参考になった割合

    89

並べ替え

  • 彼の涙は母性本能をくすぐる

    ユアン・マクレガーにはただの正義の味方や演技力だけが勝負の役どころはやってほしくない。
    その意味でこのミュージカルはすごく良かった。
    うんといじめてやりたくなるような好奇心一杯の子犬のような目をした美しい青年。
    ぜひ幸せになってほしい純粋培養の若者が愛し愛され、無邪気に素直に歓喜し、愛と悲しみの涙で一杯になって終わる。
    ハッピーエンドではない、ドタバタした楽しいこのミュージカルが大好き。
    ユアンの声はグッときます。
    まともなミュージカルのラブソングなんて気恥ずかしくてイヤだけどこれは選曲がとても好かった。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • プレステージ

    DVD/CDレンタル

    騙されたままでいたい

    子どもの頃見たマジックの興奮を思い出させてくれた冒頭。
    昔はあれは魔法使いに違いない、もしくはただの面白い子どもだましなのだろうと思っていた。
    そしてまた今別の形で釈然としない変な世界にドップリ浸ることが出来ておもしろかった。
    もちろんイリュージョン・SF・クローン技術、なんでもアリのてんこ盛り、タネあかしオチつきのサスペンス・ミステリー映画ではなく、
    自分の存在に対する人間の執念がテーマだと思う。
    私生活を犠牲にして自己を犠牲にして最高のマジシャンであろうとする男(たち)と、
    パートナーでもある最愛の妻を失った後何もかもをライバルに奪われるのではないかという恐怖に取り付かれた男の凄まじい争いと葛藤。
    俳優の演技力がなければ成り立たない。
    ロマンティックな場面もあった。恋人がマジシャンなら…、なんて思ったことあるでしょ。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 裸が貴重だった頃

    母として、女性としてこんなに共感出来る人はかつていなかったと言えるくらい私には魅力的。
    未亡人としても理想的。
    レビューも息を呑むほど美しかった。
    多分生きて戦地から戻ることはない若い兵士にせめて本物の女性のヌードを見せてあげたいなんて、
    妙に新鮮で切ない気持で一杯になりました。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 理想の女(ひと)

    DVD/CDレンタル

    みんな彼女を愛してる

    スカーレット・ヨハンソンでなければもっと退屈な映画になっていたかも。
    美食の果ての慢性的な胃モタレにのような大人の世界で、泡とともに水に溶ける白い錠剤のような彼女の存在。
    そのあまりの自然さに引き込まれた。
    勿論美しいだけでは駄目だし、演技力だけではもっと駄目だけれど、そのどちらでもない圧倒的な存在感。
    TVドラマ風で、取り立てて面白いストーリーでもなく中途半端な印象だけど、彼女の天賦の才能には驚かされた。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 私に似ている

    アスペルガー症候群について少しだけ知るきっかけになった映画。
    ジョシュ・ハートネットがインタヴューで答えていたように
    自分はそうではないとはいいきれない程度の障害をもった二人の、あくまでラブストーリー。
    歩き方や表情、指先の動きまでの細かい演技が素晴らしい。
    高い知能ゆえに持つ劣等感と闘いながら、恋愛という最も厄介な“コミュニケーション”の障壁に悩む二人。
    地味な題材ながらハロウィーンの仮装や南国の鳥、ロマンティックなシャンデリアなどの美しい映像と
    やさしい音楽(口笛のモーツァルトもいい)が観ている側の潜在的な自閉的症状をチクチクと、でも温かく刺激して胸がいっぱいになる。
    現実にはこんなにうまくいかないけれど、それは健常者といわれている私たちの世界でも同じこと。
    たとえ辛い現実でも悪意のない世界には生きる希望がある。


    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • オーシャンズ13

    DVD/CDレンタル

    悪く言わないで・・・

    男の友情という単純なテーマがとてもわかりやすかった。変に女が一人絡んで湿っぽくならなかったのもいい。
    3作目ともなると他人のような気がしないとでもいうのか、少しくらい出来が悪くても楽しめてしまう。
    だからって出来が悪いとは思わない。遊び心がいっぱいで私は好きです。
    気ままに生きてるみたいでもきちんと縦の関係・横の関係ができた仲間ってホントにいいな。
    それから巻き添えになったあの人も最後にはハッピーになれてよかった。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 大いなる遺産

    DVD/CDレンタル

    記憶の色

    名文と名画がひとつになった美しい映画。神秘的な少女と老婦人。官能的な音楽。
    誰の立場になって観てもとても理解りやすく、のめり込んで感情が高ぶる。
    静と動のバランスがとてもよく、くらくらとゆっくり目が回るようなカメラワークに息を呑む。
    神が彼に与えたものは絵の才能だけではなかった。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 信じられない力強さ

    自分たちの馬を兄弟のように、恋人のように、故郷の大地そのもののように愛している。
    命とプライドを掛けて戦うレースの凄まじさ。馬に対する情熱は日本人の何に譬えられるだろう。
    例に漏れず女性の地位は子犬並。父の愛に縛られつつも自分の境遇と戦う女性との秘めた恋心も清々しかった。
    砂漠の話は大好き。

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • マッチポイント

    DVD/CDレンタル

    後味は悪くない

    前半は登場人物全員が素敵に見え好きになるが、後半は皆それぞれにとても嫌な奴に変わっていく。だから誰も救われない最後に納得しました。前半は激しく感情移入、後半は冷静に運命の悪戯を見つめることが出来る。

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • 波の数をかぞえる生活

    世界中には知らないことがいっぱいある。知らなくてはならないこと、知りたくはなかったこと、知ってしまったこと。
    大昔のことではなくほんの少し前、そして今現在も重い過去を引きずり
    日常のささやかな幸せさえ叶わない人々が大勢いるのだということを強く静かにうったえる。

    目の見えない男と耳が不自由で心の傷から口を閉ざした女は患者と看護婦。
    二人のクスクス笑えるユーモラスな会話、アヒル、ブランコ。
    泣きながら食事をほおばり、海洋学者の話に感動する彼女。
    ちらちら見える希望の光で私たちを少し楽にさせながら秘密のことは明かされる。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • IN DREAMS/殺意の森

    DVD/CDレンタル

    出演者:アネット・ベニング

    紅葉した美しい森の中、人口の湖に沈んだ幻想的な町。
    独特の外観と雰囲気をもった古い木造の林檎ジュース工場は実在したのかな?
    血の赤、湖の青、彼女の見る白昼夢と彼の狂気が複雑に交錯する。
    ショッキングな映像はどれも不思議なほど美しい。
    後半は一転して現実的。モンスターが登場するホラーでも、わけの解らないサイコサスペンスでもない最後は
    悲しいほど救われない納得のいく結末になっている。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • サンシャイン2057

    DVD/CDレンタル

    お天道様のおかげ

    あまりの評価の低さにみるのをためらい、やっとみてずっとみていたいほど面白かったが、
    どう表現すればいいのかわからないまま数ヶ月、何度もみた。
    ダニー・ボイルが大好きだから客観的にみれないのだろうか。
    “好き”というのは絶対的で最高の評価だ。
    花粉症で苦しむ人はもう長らくマスクやゴーグルで身を守り薬漬けにされてひたすら我慢させられてきたが、
    スギ花粉はもう50年もすればほとんど飛散しなくなるらしい。
    この映画はそんな辛抱強い人類がその50年後太陽に向かって飛び立つという設定。
    宇宙船の名前は“イカロス”。乏しい知識で科学的に考えようとしてはダメ。
    人類は地球上の核物質の全てと引き換えに新しい太陽を手に入れる。そこがこの映画の一番好きなところ。
    エンディングで凍りついた美しい地球を太陽が神々しい光で一瞬にして覆うまで、好きだと思ったらみればいい。
    我慢してみるのはやめよう。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • プルートで朝食を

    DVD/CDレンタル

    理想の男

    彼は性同一性障害でも、ゲイでも勿論オカマチャンでもない。私にはそう思えた。
    父親の知れない捨て子という生い立ちである自分からの逃避、辛すぎる現実からの逃避が彼の美しく儚い、偽りの姿を創った。
    一度も会っことがないにもかかわらず、母親ゆえのその影響力の凄さと、あまりにあっけらかんと今の生活を生きている彼女の、
    笑ってしまうほどの(三人、いや四人目の子ども妊娠中)力強さがすごく前向きに描かれている。
    母親捜しは自分捜し。彼女に出会って告白するだけなら、あんな人生の旅は必要無かった。
    本当の自分の姿を見つけた彼の未来は明るい。
    シングルマザーとなった幼なじみの背中を抱いて眠る彼の姿は私の理想の男です。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • 若さの秘訣

    もっとよく言葉が解れば良いのだろうけど、そうでなくても思わず笑ってしまう良質の大人のコメディ。
    よくある素人探偵大活躍のサスペンス映画では無いのでご用心。
    昔彼の映画を観てこんな風に笑ったな、と懐かしくて嬉しくなった。
    相変わらず細部に亘るセンスの良さにほれぼれした。
    アレン演じる三流マジシャンがスカーレット・ヨハンソンとの偽の親子という設定に不満たっぷりで、
    70歳過ぎてなお自虐ネタでイジイジやってる姿もちょっと公私混同気味で楽しかった。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • ザ・ビーチ

    DVD/CDレンタル

    綺麗のツクリカタ

    神の視点・悪魔の表現力、老人の悟り・若者の怒り。
    ダニー・ボイルを観るといつもなぜか救われたような気がする。
    絶望しない程度に拒絶されたようなときの変な開放感とでもいうのか。
    何も無かったことにして生きつづけることに対する罪の意識を笑って済ませてくれる不気味な力強さなのか。
    日本人のDNAに染みこんだ真夏の太陽に対する憧れと恐怖感と臆病な島国根性も手伝って、
    言いようのない脱力感で目が覚めた感じだった。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • 11:14

    DVD/CDレンタル

    86分で一応スッキリ

    短絡的な犯罪者の誰にも同情できず誰の痛みも感じないままストーリーは凄いスピードで11:14に向って突き進んでいく。
    ちぎれた肉の塊にも潰れた顔面にもさして嫌悪感や恐怖心を持たないで見れるところや、あれだけ多くの凶悪事件を
    あっけないほど着々と解決してしまうたった一人の警官などがコメディタッチといわれる所以かな。
    リアリティの無いゲーム感覚に徹したのが良かった。
    彼らが今後どうなろうと知ったことじゃない程度のキャラクターなので、中途半端い終わった部分も気にならない。

    参考になった1

    投票数2

    参考になった1

    投票数2

  • たまの贅沢

    一本一本が凝った作りと豪華な出演者の凝縮された演技ながら、さらりと観れるところが良い。
    一度見たことの有る良い映画のいいところだけを取り出して7本観たような満足感。
    この話こうなるんだろうな、なんて思ったとおりに進むけど、見事に引き込まれてしまった。
    いつかどこかで出会ったことのあるどこにでもあるロスト・ストーリー。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • 私の愛情の対象

    DVD/CDレンタル

    ダンスは3分間の情事

    自分の気持にに正直に生きるのは難しいけれど素晴らしい。人を傷つけても傷つけられても愛があれば理解し合える。
    生き方や考え方は違っても人を大切に思えたとき人生は輝くんだな、と自然に思えた。脇役までみんな愛せた。
    眼帯をしたダンスの先生、印象的。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • 悪霊喰

    DVD/CDレンタル

    永遠に生きるのは

    オカルトでもホラーでもなくきちんと人間性が描かれていて良かった。特に日本人にとっては非現実的な世界の話だが、
    温かい血が流れている哀しく罪深い人間が主役。
    若き司祭アレックスはヒース・レジャーを熟知している人によってつくられたとても彼らしいキャラクターのように思われる。
    続編があるなら観てみたかったけれど。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1

  • サイレンサー

    DVD/CDレンタル

    シマウマはユズレナイ

    生と死、愛と憎、善と悪、白と黒、黒と白、赤ん坊と殺し屋がなぜか違和感なく静かに同居する不思議な映画。
    感覚が麻痺するような異空間にヘレン・ミレンの存在が自然な緊張感と重圧感を与えている。もう若くない大女優。
    なぜ彼女がこの作品に出たのかわかるような気がする。

    参考になった1

    投票数1

    参考になった1

    投票数1