サイト内検索

レビュー情報

絶対零度さん

  • レビュアーランキング

    4

  • レビュー投稿数

    375

  • 参考になった割合

    66

並べ替え

  • 蛇にピアス

    DVD/CDレンタル

    「若者の喪失」と呼ぶのは簡単だが

    世界の演出家「蜷川幸雄」監督が若き女流作家「金原ひとみ」原作の芥川賞受賞作「蛇にピアス」を映画化した一本。冒頭からオールヌードで果敢にセックスシーンに挑んだヒロイン「吉高由里子」の女優魂には敬意を表するが、あくまで「お芝居の範囲内」といった印象。濡れ場に関していえば、ごくありきたりな一般映画のラブシーンレベル。また、全体的に「ビジュアル頼み」の演出で、視覚的には確かにインパクトがあるが、金原女史の原作に比べると、より「薄っぺらい」内容といえる。良くも悪くも、「鑑賞後に何も残らない」作品というべきか。それを「若者の喪失」と書けば、いかにもかっこよく見えるが、はたして「喪失」するだけの「なにか」を前段階として描く事ができていたのかという点には、大いに疑問が残る。結果的に「日活ロマンポルノの現代版リメイク」止まりで終わっている。

    購入・利用済み

    参考になった18

    投票数23

    参考になった18

    投票数23

  • 身体を張った両ヒロインと回避した英玲奈

    過去に緒川たまき主演で映画化された松浦理英子の同名小説を写真家の野村誠一がリメイクした一本。オリジナル版では「マンガ家」だったヒロイン「容子(大網亜矢乃)」の職業が本作では「写真家」となっている等、少なからぬ変更点はあるが、「女同士の恋愛」というテーマ自体は不変である。本編は、容子の「過去の恋人」である「花世(汐見ゆかり)」と「現在の恋人」である「由梨子(英玲奈)」との物語が同時並行的に進行。亜矢乃嬢とゆかり嬢の二人に関してはヌードでの撮影も厭わずに緊迫感溢れる「濡れ場」を演じているが、もう一人のメインキャスト英玲奈嬢は、「ヌードNG」で、ラブシーン自体を回避しているのは、非常に残念である。

    参考になった14

    投票数16

    参考になった14

    投票数16

  • アイドルDVD史上「もっとも有名なパケ写」

    おそらく、近年のアイドルDVD史上「もっとも有名なパケ写」のひとつである。この「奇跡のハミ乳」を店頭で見かけた日には、内容などまったく確認せずに、そのままレジへ持っていくに違いない。肝心の内容は、パケ写のインパクトには遠く及ばないが、それでも多少は頑張っている。個人的にお気に入りのシーンは「扇風機のまえで制服の胸をはだけてパタパタとさせている」場面。水に濡れたおっぱいを乾かしている姿はやけにエロティック。そして、クライマックスは、やっぱり、ジャケ写の「ハミ乳」シーンである。ゆるゆるの白いタンクトップからこぼれ落ちるポヨンポヨンのマシュマロ巨乳に昇天必死。ただひとつ残念なのは、カメラが「ハミ乳」ではなく、なぜか「顔中心」である点。その上、絶えず動き回ってるので、ハミ乳をゆっくり堪能できない。よって評価はひとつマイナスの星4つ。

    参考になった11

    投票数15

    参考になった11

    投票数15

  • やっぱり、お姉ちゃん派

    着エロ界の爆乳シスターズ「岡田姉妹」の「お姉ちゃん(岡田真由香)」のソロ作。「ハミ乳デンジャラス」というサブタイトルに相応しい「危険なおっぱい」の持ち主である。特に、ビキニ姿でテニスコートをランニングする際の「揺れ」は、生唾モノである。現在、着エロアイドルの中で、もっとも「フェロモン」を漂わせている人物。白い素肌に花で作ったニプレスをつけた姿は、なんとも言えない「エロ美しさ」がある。妹の潤音には悪いが、「やっぱり、お姉ちゃんだよな~」と思わせる一本。

    参考になった10

    投票数13

    参考になった10

    投票数13

  • 恋愛遊戯 森下悠里

    アイドルチャンネル(月額動画)

    「下乳より先」の展開が見たい

    某人材派遣会社のCMでも話題になったGカップアイドル「森下悠里」。男好きのするルックスと抜群のプロポーションを誇りながら深夜番組で堂々と「処女」を公言する等、どこかつかみ所のないキャラクターである。ほぼ全編にわたってマイクロビキニを着用。彼女の最大の売りである「下乳」を惜しげもなく見せてくれる。もっとも、「それ以上の展開」が一切ないため、後半になるとややマンネリ気味。退屈なイメージシーンが多い中、前半の「入浴ごっこ」と中盤の「全身マッサージ」は良かった。グラビアアイドルとしては「超一級品」なだけに、もう少し「下乳の見せ方」にバリエーションが欲しいような気もする。

    参考になった9

    投票数11

    参考になった9

    投票数11

  • NINE special 緊縛 紗那

    アイドルチャンネル(月額動画)

    AV女優になりそうでならないプレミア感

    「紗那」の着エロ作品は、大きく「前期」と「後期」に分けられる。ハードな露出ながらまだアイドルとしてなんとか成立していた「着エロ期」とあからさまな性描写ですでに準AV女優と化してしまった「擬似AV期」である。そして、その「前期」と「後期」のターニングポイントとなったのがこの作品。「ニプレス」こそつけているが、それ以外はまったくの「全裸」でAVばりのSMプレイを展開するという「大勝負」にうって出た。実際、映像を見れば分かるが、その姿は完全に「限りなくAV女優」である。「アイドル」の地位を捨てて、かといって「AV女優」の道を選んだわけでもない。極めて中途半端な立場ではあるが、逆にそれが、「ハード着エロ」というなんとも言えない極上のエロスを生み出している。AV女優になりそうでならない「プレミア感」というのは、紗那クラスのトップ着エロアイドルだからこそ許されるのだ。

    参考になった9

    投票数12

    参考になった9

    投票数12

  • マリッジリング

    DVD/CDレンタル

    「もっとも脱ぎそうにない女優」の価値あるヌード

    渡辺淳一原作の短編小説「マリッジリング」の映画化作品。ヒロイン役は、業界屈指の清純派として知られる美人女優「小橋めぐみ」。25歳のOL「千波(小橋めぐみ)」は、公私共に「それなりに順調な日々」を送っているが、セックス途中で力尽きるような甲斐性ナシの恋人に、ややうんざり気味。ある日、新任課長「桑村(保阪尚希)」に食事に誘われた千波は、彼の事を「既婚者」と知りつつ、その洗練された立ち居振る舞いに、すっかり魅了される。後日、桑村と待ち合わせした千波は、ホテルでお互いの体を求め合うと、以降、二人は不倫セックスの快楽に溺れるようになる。「清純派」のめぐみ嬢が主演とあってか、濡れ場は実に他愛もないモノであるが、それでもヌードシーンは思いの外多く、なおかつ、「もっとも脱ぎそうにない女優が脱いだ」という意味では、大いに価値ある一本といえる。

    参考になった7

    投票数8

    参考になった7

    投票数8

  • vol.2 EIGHT 潤音&岡田真由香

    アイドルチャンネル(月額動画)

    「からっとしたお色気」に潜む本気のエロ

    現在の着エロ界を代表する最強爆乳コンビ「岡田姉妹」主演のEIGHT第2弾。姉妹そろって「エッチで明るくて爆乳」というまるでエロマンガの登場人物のような二人組。「露出」はこれ以上ないくらいハードであるが、天真爛漫なキャラクターのおかげで、割と「からっとしたお色気」に仕上がっている。もっとも、トップレスで抱き合っている姉妹の胸の谷間に「バナナ」を挿入するシーンは、さすがに衝撃的。パート1と合わせてEIGHT史上最高の出来。

    参考になった7

    投票数8

    参考になった7

    投票数8

  • see-through DX おおきちえ

    アイドルチャンネル(月額動画)

    見えすぎず隠しすぎず

    最近は「擬似AV路線」というハードな展開を見せている「おおきちえ」であるが、本作では「シースルー」という事で「見えそうで見えないエロス」を展開している。もっとも、「全編スケスケ」というわけでもないので、後半まではわりと退屈な映像。その分、後半戦で「きわどいシーン」のオンパレードである。まさに「見えすぎず隠しすぎず」といった絶妙の「透け具合」なのだ。もっとも絶妙すぎて「消化不良」を起こすのがこのシリーズの長所であり、短所でもある。

    参考になった7

    投票数9

    参考になった7

    投票数9