ヘルプ

レビュー情報

ビタミンQさん

  • レビュアーランキング

    1964

  • レビュー投稿数

    115

  • 参考になった割合

    45

並べ替え

  • 藁の楯 わらのたて

    DVD/CDレンタル

    シーンが途切れ過ぎ 役者がキレ過ぎ 都合が良過ぎ

    日テレ系の映画にはガッカリされる事も多く今回も期待を見事に裏切られました。
    懸賞金をかけられた犯人を移送する警察官の話です。
    ところが、ストーリーを盛り上がらせるため次々と行く手を阻む相手が現れ移動手段を変え過ぎます。
    警官役は同僚にも犯人にも直ぐにキレるし、懸賞金を狙った訳の分からないスナイパー役もキレまくる。しかもその演技が稚拙であり毎回なので見飽きてしまう。
    新幹線の車内で銃撃戦。乗客の安全は二の次という設定。
    警察官なのに新幹線は乗っとるし遂には道路をテクテク歩くとか呆れる展開。
    警官も犯人も殺され過ぎて至るところが現実離れし過ぎています。
    映画や読み物という事を含んで鑑賞してもつまらない。

    参考になった21

    投票数29

    参考になった21

    投票数29

  • 愛を読むひと

    DVD/CDレンタル

    重く心に残ります

    原作の一部を大幅に省略しているものの映画として良い出来になっています。
    幾分重苦しい雰囲気の映画とも言えるでしょうが、時代背景を考えるとこれでも良かったのかも知れないと思います。
    何故彼女は本を読み続けてもらったのか。
    戦後の日本にも同じような人は実際に居ました。
    あらゆる戦争のツケを背負ってしまい、生きるために彼女が秘密にしなければならなかった事。
    不器用だけど最後まで守り通す生き方が胸を打ちます。

    参考になった14

    投票数15

    参考になった14

    投票数15

  • 少林少女

    DVD/CDレンタル

    なるほど

    結論から言うと最悪の映画です。
    映画のPRに騙されて見せられてしまったという感じですね。
    どうも画作りがドラマっぽいなと思ったのも納得。

    柴咲さんの責任ではなく作り手の責任ですね。
    全然ストーリー性がないです。
    突然中国から帰って来たシーンから始まり、関係のない大学のラクロス部に無理矢理入る。
    学園にはなぜだか胡散臭い影があって最後に戦う。
    納得しようにも、どこかで評価に繋がる糸口を探そうにも
    全く最後まで見つけることができませんでした。

    参考になった14

    投票数17

    参考になった14

    投票数17

  • おくりびと

    DVD/CDレンタル

    良いものは良い。

    マスコミが騒ぎ立てないと評価されない埋もれかけている良い映画の典型かも知れません。
    逆に騒ぎ立てられても見たらつまらなかったりする映画も多くあると思いますが、この映画は珍しく正当に評価された映画だと思います。
    途中から結末は見えてしまいますが、ある程度それは期待感を抱きながら見れるのでマイナスの要素にはなっていないと思います。
    期待通りの優しい終わり方で、少し物足りなさは見ている人の心の中に続くのだと思います。
    全体の作りも評価されていますが、心の中で続きを描くストーリー。余韻がいつまでも残るので高く評価されたのだと感じます。

    私は何度か書いていますが、イメージだけで強引にタイアップした歌手の歌を聞いた途端席を立ちたく映画が溢れているなかで、
    この映画は音楽だけを静かに奏でる終わりも余韻を残す要素になっていると思います。

    参考になった12

    投票数19

    参考になった12

    投票数19

  • 鍵泥棒のメソッド

    DVD/CDレンタル

    少しマヌケな登場人物が最高にいい

    それぞの役者さんが持っている演技力の良い所だけを寄せ集めた傑作と言える作品ですね。
    香川さんの幅広い演技力には迫力を感じてしまい、つい悪役だと思って見始めてしまったけど実は…。
    やがて香川さんの役にホッして見れる自分が。
    広末さんの「タイムマシーンは洗濯機」依頼と思える天然がいい具合にストーリーを進めていきいます。
    境さんの表情がいつもと違い、小心者のマヌケっぷりも非常に面白い。

    笑わせたかと思ったら驚かされる。
    泣きそうになったら次の瞬間笑わされるというテンポ良く計算されたストーリーで最後まで楽しめます。
    人間味ある愉快で爽快。あまり日本では作られて来なかったラブコメディの傑作と言えるでしょう。

    参考になった11

    投票数13

    参考になった11

    投票数13

  • 時をかける少女

    DVD/CDレンタル

    一生懸命さは伝わりますが感動しない

    前作をリアルタイムで見ていた者として、角川映画という新しい世界に衝撃を受けた者としての感想です。
    この作品を初めて見る方やファンの方とは対照的な評価になると思います。

    前作は全体的に神秘的な雰囲気を演出するため出演者が穏やかで控えめな演技をしているのに対し、
    この作品は主人公の熱が入りすぎた一生懸命すぎる演技が稚拙で、他の共演者より浮きすぎているという印象です。
    前作と今回は全く別の映画として見るにしても、この作品ではチャライという言葉がピッタリという感想。
    この作品には「迫りくる切なさ」というものが薄っぺらく、再会というラストシーンの描き方も前作を模写しているわりに感動がなく残念でした。

    参考になった10

    投票数26

    参考になった10

    投票数26

  • 96時間

    DVD/CDレンタル

    そんなに良い映画でしょうか

    劇場で見た映画です。
    誘拐された娘を救う父親のアクション映画の王道を行ってます。
    この手の映画では毎度出てくる我侭娘が父親の反対を押し切って海外旅行へ行き誘拐される。
    前半はこの人物を紹介するシーンがまどろっこしく感じます。
    この手の映画は大昔から俳優と場所を変えれば幾らでも作れるという点と、
    何より新鮮な設定が無かったという点で個人的には減点しました。

    参考になった8

    投票数28

    参考になった8

    投票数28

  • 感動するファンタジーです

    久しぶりに劇場で2回見た作品です。
    これを見た後でアニメ版のDVDを見ました。
    実写版は幾つかの追加と変更点はありますが、それは実写に即したものであり全く違和感無く作りこまれています。
    音楽も最近の邦画としては申し分なしでしたからCDも購入しました。

    人と人とが関わる一途を見事に凝縮した映画で、筒井さんの演技に最初はちょっとイライラしましたけど時期に馴染みます。
    映像、音楽、配役全てにおいて空想映画がなぜか時間とともに自分自身になっていきます。
    人が生きる証と価値というものを考えさせる感動の映画です。
    ラストの丘で語られる優しい言葉には大の大人ですら目頭が熱くなります。

    参考になった8

    投票数13

    参考になった8

    投票数13

  • そこまで癖ある俳優を集めなくても

    とにかく俳優さん独自の癖がモロに出ている映画だと言えます。
    「はまり役」と言うか「演技が上手い」とも言えるでしょうが私には違う意味で癖が強すぎると感じました。
    そこまで意地をはらなくても…。
    そこまで意地悪くならなくても…。
    そこまで胡散臭くならなくても…。
    企業のドキュメントとして話題になりましたが、終始人のドロドロとした醜さを描いた映画です。

    劇場では休憩タイムが設けられるほどの長時間上映で話題にもなりましたが、
    「良く我慢したね!頑張ったね!」とも思えない後味は
    わざわざ映画館で見るほどのものではなかった。DVDで充分だな~!
    海外ロケが多くて時代演出もそれなりなんですけど、やはり映画化したのは失敗だったのかも知れません。

    参考になった8

    投票数23

    参考になった8

    投票数23

  • 西の魔女が死んだ

    DVD/CDレンタル

    難しく見ないでください。とてもいいです。

    魔女ではないんですが、不登校になった娘の再起をお婆ちゃんに託す。というストーリー展開です。
    お婆ちゃんの話しかたと住んでいる田舎の雰囲気がマッチして穏やかに時が流れていきます。
    さほど宣伝もされなかった映画で、出演者も超有名人ばかりではありませんが成功したと思います。
    余計な先入観を持たずに役どころを理解しようとする心理が見る側に起こるからなのかも知れません。
    日本にもお婆ちゃんと暮らせば、魔女は出てきませんが幼児教育として同じようなものがあります。
    魔女のお婆ちゃんにも分からないもの。それは自分の死期だったのかも知れません。
    重大な時だから何も言えないで分かれる。という経験は誰にでもあるかも知れません。

    涙が出るほど感動する終わり方ではありませんが、孫と同じようにお婆ちゃんと過ごした日が頭の中に思い浮かびます。
    自然にこういう受け止め方で見せられる映画って少ないのかも知れません。

    参考になった8

    投票数11

    参考になった8

    投票数11

  • REC/レック

    DVD/CDレンタル

    見なければ良かった

    消防署に密着するというニュースの特集コーナーを取材したつもりなのでしょう。
    とにかくカメラを回せと煩いレポーター。
    一見リアル感ありそうに見えるハンデッイー撮影ですが中途半端。

    同行した取材先で突然ゾンビ化する伝染病が見つかったとして隔離されてしまう。
    そのアパートに閉じ込められた住民や、消防士などが次々とゾンビ化していくんですが、
    アメリカンパニック映画に良くあるご都合主義の流れと自己中心的な部分。
    それにヒステリックな部分が強調されすぎてるため見ていて非常にイライラして不愉快にされる映画でした。
    出口を求めて生き残ったTVクルーも最後は餌食になってしまいます。
    手法を加味しても結論は見なければ良かった。という映画でした。

    参考になった8

    投票数66

    参考になった8

    投票数66

  • 役者のファンじゃないと見れないです

    色んなジャンルを見るけど、この映画はなんなんでしょうかね?
    ストーリーの全てが中途半端に終始して繋がりが分かりづらい。
    私の記憶をたどってみると、何時か何処かでヒットした映画を真似て作って作品なんでしょうが
    出来はかなり悪かったですね。
    ファンの方にはゴメンナサイ

    参考になった8

    投票数19

    参考になった8

    投票数19

  • 犬と私の10の約束

    DVD/CDレンタル

    空振りでした

    随分上映から時間が経って、やきもきしながら見たけど何?

    純粋に犬と人の関わりについて良い話だと思ってみたんだけど、
    なんだ。ギクシャクした家族の話でしたか。
    しかも話を強引に持って行ってる。という印象が強く残ります。
    友達がパリに行くとか全然関係ないと思う。
    カミさんが、病室に犬連れて見舞いに行っていいのか?と言った時には苦笑しました。

    参考になった8

    投票数14

    参考になった8

    投票数14

  • プレステージ

    DVD/CDレンタル

    サスペンスとしてなら及第点

    マジックショーが登場し始めた昔が舞台。
    マジックには仕掛けがあり、閃きと試行錯誤を重ねて完成させた者だけが得る栄光。
    やるかやられるかをマジシャンの世界を通して描いた内容です。
    後半、まだやるかぁ?というくらいのどんでん返しに付いて行くのも大変ですが
    時間と暇が有ったら見て損は無いと思います。

    参考になった7

    投票数9

    参考になった7

    投票数9

  • タブーを描いた

    こんな事が無いことばかりを願っている自分と日本にとってはタブーな作品だと思います。
    心が傷んで見るに耐えないシーンもあります。
    だけど映画だけじゃなく、目線を変えれば学校や家庭、職場でも弱者に対する虐待が有ることを改めて考えさせられます。
    日本でも似たようなテーマを扱った映画はありますが、ここまで真剣に向き合った作品は無いかも知れません。
    他人が苦しむ事は自分も悲しいから知らない方がいい。
    これがが関わりたくない。になってはいけない。
    このほうが現実から目を背けるタブーなのかも知れません。
    決して楽しい映画ではありませんが、この作品を見れば何かを得ることが出来ると思います。

    参考になった6

    投票数6

    参考になった6

    投票数6

  • 鉄道ファンなら面白い?

    運転士を決意するに至った前半の説明は色んな理由が出てきて締りがなくダラダラとしているので苛々しました。

    サラリーマン時代の会社はセットの狭く殺風景な事務所のシーンでの1対1のやり取りを何度も見せられ飽きます。
    中井さんの役柄に時々出てくる良い人過ぎるお節介屋さんにもややウンザリします。
    高島さんの表情に乏しい演技には馴染めません。
    その他の役者さんもお決まりの演技しかできてなくて、この人は何をやっても同じなんだな。
    というのを実感してしまう内容でした。

    本当の鉄道ファンからは突っ込みどころ満載なのかも知れませんが、頑張っている人の姿を鉄道と田舎をテーマに持ってきたのは斬新で良かったと思うだけに、
    アレもコレも入れるのではなくもう少し整理された作り方があったように思います。
    ライトシーンは予想通り大袈裟ですが感動的に描かれているので「普通」としました。

    参考になった6

    投票数10

    参考になった6

    投票数10

  • 舞妓Haaaan!!!

    DVD/CDレンタル

    ふざけ過ぎ

    最後まで見れたので「普通」の評価にしましたけど
    ふざけ過ぎ。という序盤からの感想。
    芸がある計算された笑いではなく
    若手お笑いブームのような一方的な「ふざけ」では楽しめませんでした。

    参考になった6

    投票数8

    参考になった6

    投票数8

  • 真夏のオリオン

    DVD/CDレンタル

    「またか」と思いながら見てしまう

    また似たような映画が出てきました。
    そう思い劇場ではなくDVDが出てから見る作品だと決めていました。

    昔の戦争映画は実戦を舞台に描いて見せましたが、
    近年は最初から命や愛をテーマにした架空ですがストレートな作品が多くなりましたね。

    ただこの映画は、潜水艦という閉ざされた舞台で起こる架空の話で、
    これは過去に上映された邦画・洋画の寄せ集めをしたと思う箇所が最初から至る所で見られること。
    ラストシーンは「眼下の敵」だったかな?という洋画と同じような感じで斬新な部分は最後までありませんでした。
    若手を起用したここ5年の戦争映画をあまり見てない方には斬新でお勧めかも知れません。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • ダークナイト

    DVD/CDレンタル

    長くて、いささかしつこいですね。

    最後の最後に暴かれる。。。それは見てのお楽しみです。
    が、とにかく悪い連中の悪行がしつこすぎますね。
    アクション映画としては壮大なスケールで作られている事は間違いなく高い評価に値すると思いますが、アクション映画としてスケールの大きさを持たせるためだけに無理矢理あそこまでやっているような気がします。
    延々とそれを見せられ続けすっかり洗脳された所でラストを迎えますが、明らかに続編をご期待ください。という終わり方。
    初めて見た私にとっては引き込まれて最後まで見ましたけど、もう一度見たいほどの映画ではありませんでした。
    でも続編が出たら映画館へ行くまでも無いけど、DVDをレンタルして間違いなく見ると思います。

    参考になった5

    投票数19

    参考になった5

    投票数19