ヘルプ

レビュー情報

ぷれいさん

  • レビュアーランキング

    --

  • レビュー投稿数

    27

  • 参考になった割合

    0

並べ替え

  • 自分がタイトルを付けるなら「遣り過ぎ」にします。

    小田有紗三本目の作品は最近良作を連発しているベガファクトリーのstepレーベルから。
    ジャケ写は手ブラ姿で「寸止め」というタイトル。かなり挑戦的ですね。これが中途半端な作品で、見終わったあとに「そっちの寸止めかよ!」という悪態を付かない結果になればよいなあと思いながら、いざ鑑賞してみてたのですが、これ…ぜんぜん寸止めじゃねえですよ!
     むしろ「やりすぎ」っていうタイトルにしちゃった方が良かったんじゃないかというぐらい。それぐらい彼女は頑張ってくれちゃってます。前半からほつれニットで下乳を披露してくれたかと思えば、次のショットではTバック、そして水着のブラに手を差し込んで手ブラ。その後はブラを完全に外しての手ブラなど、飛ばしまくり。
    彼女の形が良くて綺麗なGカップバストをじっくりと見れる作品に仕上がっています。

    この作品にはとにかくいろんなアイデアが詰まっていて、通常の着エロにありがちな単にセクシーな衣装をだらだらと着させられているだけではないんです。ネクタイブラ、流木や珊瑚ででバストを隠してブラジャー代わりにする、よく荷物に貼られる「取扱注意」のシールをバストに貼っての挑発、トイレットペーパーをバストに貼り付けてのポーズetc…、「次はこう来たか!」と思わず唸ってしまうぐらい、一つ一つのシーンにアイデアが込められています。
    竹書房から発売された「touch me,baby」では変則的ながらも乳首を見せちゃっているようですが、この作品でもその期待に応えてくれています。チャプター3ではピンクの下乳が見えるほど短いトップスをニプレス無しで着用してくれていて、濡れたトップスの下からしっかりと透けチクが確認することができます。
     個人的にはここまでしないでもよかったんじゃないかな、と思ってしまいましたが、一度回り出した歯車は止められないのでしょう。ということで、前作を見たファンが「またやってくれるのか?」という期待を込めて見たとしても十分満足のできる内容ではないでしょうか。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • be/優香

    DVD/CDレンタル

    優香のラストVは水着以外で勝負。

    「愛ってなんですか」優香の問いかけで始まる本作はポニキャン優香三部作のラストを締める作品。序盤は割としっとりめのBGMと本人のナレーションでスタートする。まるでドラマ版深夜特急の始まりのようだ。
     前半から割とメイキングシーンが長く続くので、ややもったいぶった感じである。というか、このビデオでは前半全く水着のシーンがない。
     やきもきしたところでまずは一つ目の見どころシーン。屋外にあるベッドに優香がジャケ写のワンピで寝転がり、ポラにサインペンでコメントを書いている。
     カメラを彼氏に見立てて展開していくのだが、ここのカメラアングルが非常に素晴らしい。うつ伏せになった優香の胸元が見事にフィーチャーされている。
     この間優香は子供の頃のままごとのエピソードを語っているのだが、優香の胸元ばかりに目が行ってしまい、全く記憶に残らない。すごく男の目線なのだ。でもこれも水着ではない。
     その後の見どころはといえば、赤いブラでカメラに向かってけん、けん、ぱ。をするシーン。これは意図的に優香のバストを揺らす為の演出。 
     あまりゆっくりと見ることができないのが残念。その後赤キャミ&ビキニパンツでのポージングシーンもあるが、胸元が開いていないので個人的には楽しめなかった。しかしヒップのアップは結構いいかんじである。
     これまでの「breath」(現在は残念ながら廃盤)「to」に比べれば、水着のシーンははるかに少ない。大ラス前に赤ビキニでたたずむシーンはあるが、夕日を受けてのシーンであるためにあまり見どころとは呼べない。
     そんなこんなでエンディングを迎えてしまうのだが、スタッフリストが全部出た後、なぜかボーナストラック的に「breath」「to」の未公開ショットが4~5分ほど続く。
     そこで収められているパープルビキニ&白短パンでベッドを寝転がるシーンがこのビデオで一番良いシーンだった。
     本編とは全く関係無いところが一番良いシーンとは…。イメージビデオ的にはクオリティの高いものだとは思うが、「breath」「to」ほどのインパクトはない。メインディッシュを堪能した食後の一服、程度のものだと考えておいた方がいいかもしれない。
     逆に優香のビデオをこれまで一度も見たことがない、という人は「be」、「breath」、「to」の順番で見れば最高に満足できるかも。デジタルでの再販を希望します

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • to/優香

    DVD/CDレンタル

    優香の魅力満載!! イメビのお宝作品。

     ポニキャン優香三部作の第二弾「to」は、イメージビデオ全体を見ても、なかなかココまでできあがった作品にお目に掛かる機会がない。
    それが優香であるということがさらに価値を高めている。リリースからすでに20年近く経過しているが、今となってはお宝感が非常に強い。
     内容はというと、初っぱなから紐ビキニの優香を接写。仰向けに寝ているので、優香の横乳をじっくりと堪能することができる。
     そしてその体勢のままカメラ目線で微笑む優香。これがいい。いくら接写されてもひるまない優香は立派だ。
     まるで自分のボディを見てくれと言わんばかりに挑発的。余裕がある。
     最大の見せ場は、下着系ビキニでベッドを寝転がるシーン。最初はヘアメイクに髪の毛をいじられながらもベッドの上でジャンプを繰り返す優香なのだが、ベッドに体を預けると突然オトナっぽい表情になり、ベッドを転がりはじめる。
     演出的にも最高で、なんとしばらくの間は音楽が止まり、全くの無音! まるで優香の息づかいが伝わってきそうなシーンである。
     その間優香はカメラ目線で、何度も何度もベッドの上を寝転がるのだ。
     そこでも優香のすばらしいFカップのバストが左右に揺れまくってくれる。優香というとバストだけに目が行ってしまいがちだが、実はヒップの形も素晴らしいことにこのシーンを見れば気付くはず。
     後半はインタビューと、グラビア撮影のメイキングがメイン。
     たいてい写真撮影のメイキングには見どころなどないのだが、この「to」に関しては合格点を挙げられる。
     むしろ「グラビア用ビキニ」(普通のイメージビデオ撮影では見れないような露出度の高いビキニという意味)を動画でじっくり見れるチャンス。
     特に赤ビキニで元気よくジャンプする時に、優香のバストがこぼれそうなシーンは必見です。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • ボディもポーズも一級品。さすがトップグラビアアイドル!

    以前の作品『APHRODITE』を見たときにも感じたのだが、森下千里の作品を見ると、このコは本当にグラビアが天職なんだろうなーと思う。まず、キュッとしまったスレンダーなボディでありながら、しっかりと主張する形の綺麗なバストを持つパーフェクトなボディが素晴らしい。
     さらに彼女の素晴らしいところは、彼女のグラビアに対するスタンスだ。撮られることにてらいがなく、自分のボディを恥ずかしがらず、隠さずに、全てをさらけ出してくれている気がする。

     だから見ている側としても安心するし、またトップグラビアアイドルが「ここまでやってくれるんだ」「こんな衣装まで着てくれるんだ」という意外感や満足感がある。
     今作は「ストーカーの気がある」という本人の発言から実現した作品であるという。内容としてはストーリー仕立て。一人暮らしをしている千里ちゃんがストーカーに盗撮され追い詰められていく。
     演技や本人ナレーションの質はともかく、この“のぞき見”という設定が成功していると言えるだろう。こういうドラマ仕立て(ドラマ中心)のアイドル作品というのはどうしてもドラマ部分がうざったく感じてしまうのだが、なぜかこの作品ではその嫌悪感がない。
     おそらくそれはイメージシーンとドラマシーンが絶妙にシンクロしているからだろう。OLの千里ちゃんがランジェリーを来たら…と想像しながらイメージシーンを見ると、興奮の度合いが上がるのだ。さらにOLの日常生活をのぞき見しているドキドキ感もいい。
     イメージシーンはドラマの延長ということもあり、水着よりもランジェリーを着用しているシーンが多い。当時はバラエティで売れていたので、露出度の高さには正直いって驚かされた。
     前半はランジェリー+キャミという日常的な衣装のセレクトが想像力を膨らませてくれ、そして後半では、ドレスからピンクのブラ+ショーツ姿を惜しげもなく見せてくれる。挑発的なダンスシーンなのでじっくりと見れるという感じではないが、時折バストのアップショットも入り、彼女のボディの魅力は十分に伝わってくる。おすすめです。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 松金洋子/Enrapture

    DVD/CDレンタル

    往年のアイドル的な演出が満載!

    VEGAファクトリーからは二本目となる、松金洋子の作品。95センチのHカップという脅威のバストで、当時はイエローキャブの根本はるみと人気を二分していた。
     ファースト作品「Spiritual」ではインタビューもなく、ただただ写真集のメイキングを見せられるだけで、正直「Spiritual」を見る限りでは、単におバカなノー天気ギャルというイメージだったのだが、VEGA作品「Dulcet」と、今回のこの「Enrapture」のインタビューでだいぶ洋子のキャラが見えてきた気がする。
     思ったよりもしゃべり方もしっかりしているし、知的とまではいかないが、20歳という若さにしてはしっかりしている方だと思う。
     本作は彼女の“売り”であるHカップのバストを惜し気もなく披露し、なおかつ往年のアイドルビデオにあったような演出にも挑戦。
     ノーブラで上からGジャンを着てのポージングであったり、ダブダブの白ニットから肩と胸元を出してのポージング、そしてミネラルウォーターを飲みながら軽く胸元にこぼす…、トランポリンでジャンプなどといった、現在のアイドルビデオでは廃れてしまった演出が多く見られる。屋外シャワーで壁越しにブラとショーツを脱いで、あたかも全身ハダカでシャワーをしているようなものもある。視聴者の想像をかき立てるような演出がわりと功を奏していると思う。
     今作ではアドバイザーにアイドル評論家の北川昌弘氏を起用しているということであるから、そうした演出が北川氏による助言だったのかもしれない。
     全体的に衣装も多く、衣装のカブリも少なくてよい。ただ、ひとつひとつのシーンが短いような気も…。もう少し長く、衣装を少なめにしてくれると個人的にはうれしかった。
     見どころとしては彼女自身の趣味であるというゴルフのスイング。趣味と言うだけあって、スイングのフォームはかなりすばらしい。しかしスイングよりも目がいってしまうのはやはり彼女のバスト。ボールと一緒にバストも一緒に飛んでいってしまいそうな(笑)、かなりの揺れっぷりを堪能できる。
     さらにエンディング前、明らかにサイズが合っていないビキニを着せられてのポージングはかなり見応えがあります。ローアングルからのバストの接写(当然のことながら下乳、横乳満載)あり、ちょっと食い込んだショーツの接写あり。ビキニの紐がバストに食い込んでる様がたまりません。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • Sweet Y/松金洋子

    DVD/CDレンタル

    洋子入門編にはもってこい。

    元々はコンビニ販売を前提として、デジキューブから発売された松金洋子の作品。 
    さて、この作品初めて見たときはずいぶん静止画を使ったカットが多いなと思いました。通常のイメビだと、特典的な位置でスクリーンショットが収められているというものもありますが、この作品では本編中にそういった静止画が折り込まれているというイメージです。
     内容的にはインタビューが多く松金洋子の人となりがよく分かる。インタビューのあとにイメージカットが挿入され、また次のチャプターではインタビューという感じ。
     とはいえカメラを中心にして走り回ってバストを揺らしまくってくれたり、ベッドゴロゴロで横乳を披露してくれたり、赤ビキニシーンでは本の少しだが下乳も披露してくれたりと、基本的なショットはおさえてくれている。それとけっこう水中シーンがおおかった。
     確かにVEGAの2作品にと比べてしまえ及ばない内容ですが、松金洋子の作品をまだ未見の方には入門編としては十分な作品ではないでしょうか。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 松金洋子/めろん

    DVD/CDレンタル

    オレンジビキニにやられたものの…。

     松金洋子5本目の作品。ジャケ写のオレンジビキニにつられて思わず買ってしまいました。
     松金洋子はこの作品でも相変わらず出し惜しみなく、やや自分のバストよりも小さめのビキニを着用してくれています。補正系のビキニを着用していないときは、バックショットからでも横にはみ出したバストの膨らみがわかるほど。
     さて、この作品。出し惜しみはしていないのにVEGAより発売された二作品に比べると今一つだと感じてしまうのはなんでだろう。
     洋子に過度な期待を持ってしまっているからでしょうか? それとも、作品の流れとして、一番メインであるべきのオレンジビキニを一番頭に持ってきており、後半に行くにしたがって露出が減っていくということが原因なのでしょうか。
     はたまた洋子がこういった映像作品にこなれてきてしまっている為? 40分にしては内容が薄いというか…、すぐに終わってしまったような印象を受けます。また、前半に赤のボーダービキニ、ブルーのビキニで全力疾走してくれたりするのですが、バストの揺れるシーンは基本的に全てスロー処理されているので、スローが気になるという人にはあまりオススメできません。
     うーん、悪くはないんだけど…、特にグッと来るシーンは中盤のバス内でのシーンぐらいでしょうか。それもピンクのビキニと黒の水玉ビキニが交互に挿入されるので、どちらかの水着に絞って欲しかったところもありますが。
     先にVEGAの作品を見ていなければこれはこれで満足できるのでしょうが、今回は辛めに三点。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • “伝説”という言葉に偽りない、洋子ちゃんのこのボディ!

    バストエンペラーこと松金洋子ちゃんデビュー5周年記念として発売された今作
     さて、“集大成”というタイトルですと、これまでに発売された作品の寄せ集め、またはダイジェストというイメージを与えてしまいますが、今作『集大成 伝説1』と、同時発売された『伝説2』は完全撮り下ろし作品のよう。但し、いつ頃に収録されたかは不明。
     ムチムチボディに業界随一と言われる圧倒的なHカップバストが健在な事を考えると、ここ一、二年で収録した“お蔵出し”的な映像だと考えられます。相変わらずビキニにまったく収まりきっていないバストが最高です。
     今作はこれまでの作品のようにバストを揺らすような演出はなく、じっくりとボディを収めた作り。BGMもゆったりとしたものがセレクトされています。動きが緩いとガードも堅いような印象も受けますが、洋子ちゃんのバストは階段を上り下りするだけでもプルプルと揺れちゃうんですけどね。
     ゆったりめの映像で彼女のボディをゆっくり視姦したい人にはオススメでしょう。アクション的には少ないものの、さしてイラつくエフェクトなどもなく、最初から最後までほぼ同テンションで安心して見られる作品に仕上がっていると思います。
     着用している衣装はほぼ紐ビキニ。脇から溢れる横乳のボリューム、ローアングルからちらりと見える下乳が嬉しいです。
     一番の見どころはジャケ写でも使用されている、ベッドシーンでしょう。トップスを胸の上までまくり上げたままベッドにゴロリ。ブラを手で直したり、四つんばいになったり…。最後までトップスを排除せずにポーズを決めるところに微妙なフェチ加減がプラスしていて非常にセクシーだと思います。もう少し表情が決まっていれば最高でしたけど。
     こういう正統派ビキニだけで勝負できるグラドル=洋子ちゃんって、やっぱり特別な存在なんだなあと、今作を見て改めて実感。
     トータル的に見てしまうと“集大成”というタイトルは多少大仰な気もしますが、“伝説”という言葉に偽りのない最高のボディがこの作品の中には収められているのではないかと思います。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • Body Scandal 松金洋子

    見放題ch ライト(月額動画)

    意識的に寄せ、揺れを披露。洋子ちゃんの完全復活作!

     前作から実に約1年半ぶりとなる松金洋子の復活作。
     以前に比べるとかなり痩せたんじゃねーかと言われているヨーコちゃんですが、この作品を見れば彼女のHカップバストは健在だということがわかります。
     今作のテーマはずばり“エロ”。むしろこれまでのヨーコちゃんは頑なまでにエロを拒んできた印象があったのですが、完全復活を機にやっと本気を出してくれたようです。
     今作の特徴、今までの松金作品と違うポイントとしては、バストを揺らしたり、寄せたり、持ち上げたりと、彼女自身がバストに意識を持ってきている点だと思います。
     例えば、ブルーのビキニでは海岸を思いっきり走ってバストを揺らし、ベッドシーンでは、カメラ目線で「見て見て」と言わんばかりにバストを寄せて上げ&寄せつぶし。シャワーシーンではガラス戸にバストを押しつけてつぶし、ブラ紐を外しての半手ブラ状態・・・など、これまでの松金作品では見ることができなかった彼女の積極性が感じられるのです。この積極性こそがこれまでのヨーコちゃんに欠けていた部分であり、そういう意味ではかなり大きな進歩だと言って良いのではないでしょうか。
     今作での一番の見どころはなんといってもオイルマッサージシーンでしょう。太ももから始まるマッサージは、ヒップ、ブラを外しての背中、そして最終的には仰向けでブラの上から丹念にマッサージされるバスト。マッサージという範疇を越えるぐらい思いっきりバストを揉まれる姿には軽い衝撃すら覚えました。バストを揉まれている最中、ヨーコちゃんが目を閉じてしまっているのが非常に残念ではありますが、それでもこのシーンはかなり衝撃的でしょう。
     …と、復帰作でかなりチャレンジしてくれたヨーコちゃん。完全復活という言葉は決して伊達ではありません。今後もさらなる彼女なりの“エロ”を追求していって欲しいものです。
     ちなみに今作の監督はあの上村監督と同じShrine Valley(当時)のメンバーであるYASUNARI MIYATANI。カメラ目線での語りかけこそないものの、絵作りに関しては文句の付けようのない、上質な作品に仕上がってます。
     これまで出し惜しみをし続けていたヨーコちゃんに痺れを切らしていた人に是非見てもらいたい作品。おすすめです。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 『乳しぐれ』 松金洋子

    見放題ch ライト(月額動画)

    バストツンツンは大きな進歩。しかし物足りなさも…。

     松金洋子ちゃんの復活作第二弾。前作『Body Scandal』では、これまで彼女が見せたことのなかった寄せ乳、バスト揺らしなどをこれでもかと見せつけてくれましたが、今作でももちろんやってくれています。なんたって復帰後の彼女のテーマは「エロ」なんですから。
     この作品は全編国内撮影。琴乃の『リアル』と同じ河口湖のホテルで撮影されています。タイトルにも和風テイストを狙ったのか、タイトル名は『乳しぐれ』。しかしこのネーミングセンスはいかがなものか…。
     復活後の彼女は、やはり以前のカワイらしいイメージからはだいぶ大人っぽくなり、お姉さんになったなあという印象。バストは以前から変わっていないと思いますが、それでも彼女がデビューした当時に比べると爆乳グラドルもだいぶ増えてきたからか、見ているこっちとしても彼女のHカップのバストにそれほどインパクトを感じなくなってしまっていますね…。
     ただ、復帰前の彼女とは明らかに違うのは彼女のスタンスでしょう。積極的にバストを寄せたり、これまでけっしていじろうとしなかったバストを武器にいろんな姿を見せてくれます。   

     一番驚いたのは、ベビードール姿で寝ている洋子ちゃんのバストと、先っぽが指の形をした棒でツンツンといじられまられちゃうんです。さらに「こういうコトがしたいんでしょ?」と自ら棒をつかんでバストをツンツンしたり。
     一時期の彼女はカメラがバストを接写するだけで「セクハラだ」と叫んでいたことを考えると、ものすごい進歩なんじゃないでしょうか(笑)。また、同じく棒でつつかれるシーンが。そこでは思わず水着ずれ、一瞬ニプレスが見えてしまうというハプニングもしっかり収録してくれています。
     ただ、正直言ってしまうとまだまだ出し惜しみをしていると感じてしまいます。ブラ紐を外しておきながら、完全な手ブラを見せることはなく、中途半端な半手ブラで終わってしまう。後半の浴衣姿なんかは特に露出が高いけど、中途半端な脱ぎ具合が逆にフラストレーションを感じてしまう結果に。
     復帰後は下着姿、ローションプレイ、M字開脚、バストマッサージなど、おそらくこれまで全てNGだったものが解禁されました。それだけでもこれまで彼女をずっと見てきたファンにとってはものすごい進歩だと感じますが、もう一歩踏み込んでほしいところです。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 平成最後に現れたHカップグラビアアイドルのニュー・スタンダード

     3rd作品となる今作『みなみちわ~』は、前作『わち、南へ』よりさらにドラマシーンを重視した構成。監督は両作品とも、正統派イメージビデオの作りには定評のある舘野桂だ。
    ? ロケ地はサイパン。低予算化しつつある昨今のイメージビデオでは海外ロケはもはや珍しい。ハイアットリージェンシーホテルのベッドルーム、スパでのマッサージ、プライベートビーチでのショットなど、海外ロケならではのリッチなシチュエーションは開放感抜群で、今作の設定である“OLみなみ”の日頃のストレスなど一気に吹っ飛んでしまいそう。
     着用している衣装・水着に関しては素晴らしいものが多い。
     スパ前に着用しているワンピースは、みなみのふくよかなHカップのバストが強調されていて、個人的には一番好きな衣装だ。
     スパ前にそのワンピの衣装を脱ぎ、白のビキニを披露してくれるのだが、あっさりと脱いでしまうのが勿体ない。
     マッサージ中のインタビューは、正直に言うととても長い。しかし徐々にリラックスしていくみなみの表情が見れる。演技、グラビアのポージングのときは表情が硬いが、ここでは“素”のみなみを見れる。
     マッサージ後の屋外の円形のプールのシーンでは、引き続き彼女のボリューム感のあるHカップのバストがしっかりと見れるのでおすすめ。
     料理のシーンはいまいち。おそらく冒頭のOLのシーンと同じく国内で撮影したものだと思われるが、これまでリッチな海外のシチュエーションで展開していたものが、突然国内のワンルームに戻されてしまう。盛り上がってきた気分がトーンダウンしてしまう。
     ラストはなんと往年のイメージビデオの定番『夕日をバックにエンディング』だ! 逆光ながら、わちみなみの表情もオールドスクールな金のビキニもすごく良い。
     カット割も往年のイメージビデオに倣って短めなのはご愛嬌だが、大団円での幕引きは清々しさすら感じる。
     彼女が出演したリアリティ番組『ダブルベッド』では、ナチュラルな演技に吸い込まれてしまっただけに、拙いと言わざるを得ない彼女の演技力は意外であり、残念だった。
     設定は恋人のはずなのだが、どうも恋人になりきれない。友達以上、恋人未満といったところだろうか。
     しかし最近の成長著しいわちみなみを見ていると、せめてもう一本くらい恋人の距離感を感じさせるVを出してはくれないだろうかと、ファンを代表して強く願う。

    購入・利用済み

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 誰がなんと言おうとアイドルビデオの至宝。

     個人的なことを書かせていただくと僕が初めて買ったアイドルビデオが今作であり、これをきっかけにアイドルビデオ鑑賞人生が始まりました。
    これまでいろいろなアイドルビデオを見てきたのですが、未だにこのビデオを越える作品は出てきていません。それほど僕にとってはショッキングで印象的な作品です。
     この「Pichi Pachi」はマニアの間でも非常に評判が良く、アイドルビデオの中でも高値で取り引きされていたのだが、こうしてデジタルで復刻されたというのは大変うれしくもあり、永遠にこの作品が伝承されていくようで大変意義のあることだと思っています。

     まずは白いパンティのみで、うつ伏せにベッドに寝ている友美が目覚めるシーンから始まる。ノーブラのままTシャツを着て朝食作り。朝食には意図的にフランクフルトが含まれており、そのフランクを頬張るシーンをしっかりとカメラで収められています。
     得意のバスケシーンではピンクのビキニ&短Gパンという格好でドリブルをする度に友美のバストを揺らし、疲れてミネラルウォーターを飲む際にはそのミネラルウォーターを胸元にたらす。
     買い物のシーンでは友美が食材を買い物カートにかがんで入れる度に胸元をアップ。ネグリジェでソファに横たわるシーンでは、友美も胸元アップを取られるのを察知してか、読んでいた雑誌を胸元に抱えないように床に落とすなどの配慮。ココまでの演出、カメラアングルはシンプルで王道。
     全体のクオリティは高いが、当時のいたってフツーのアイドルビデオと変わらないじゃん、と言われても仕方がない。
     しかしショックを受けたのがラス前のシーン。小さなラジカセを片手に持った寺尾友美が、普通に立っているだけでも下乳が見えてしまうような丈の短いタンクトップと小さなパンティをはいて、庭先に出てくる。
     木によりかかった友美をじっくりとローアングルショットで収め、下乳のドアップ。そして全身を舐め回すようなカメラショット。さらに盗撮気味におさえたカメラショット、膝立ではにかむシーンなど、妄想をかき立てるには十分過ぎるほどの演出。覚悟を決めたような友美の表情がたまらなく良いのだ。
     Eカップの見事なバストと本人の思い切り、そして見事な演出がこのビデオを名作に仕立て上げた。残念ながらその後寺尾友美が再びイメージVを出すことはなかったが、それだけに今作は特別な一本です。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 優香の遺伝子をもったホリプロのニューグラドル!

     今作は彼女の記念すべきファースト作品なのですが、ファースト作品といえどもまったく物怖じすることなく、既に数本の作品をリリースしているんじゃないかと思わせるぐらい自然な演技とセクシーな表情、そして魅せるポーズが様になっているのには驚きました。
     さて見どころですがやっぱりHカップバスト! といの一番に叫びたいトコロなのですが、それ以上にむっちりと肉付きのよいヒップにも注目ほしいところ。
     前半から四つんばいになったさやかちゃんのヒップをしっかりととらえ、また反復横跳びでも自らカメラに向かってヒップを突き出すさやかちゃん。
     プールサイドでも四つんばいになってバックショットからヒップを突き出してのカメラ目線、籐の椅子に膝を立てて座り、またもやバックショットからヒップを突き出してのカメラ目線と、かなりヒップにもこだわった作品だということが分かります。
     もちろんバストがおざなりになっているわけではなく、砂浜では元気に走ってバストを揺らし、ガラステーブルにバストを押さえつけてつぶしたり、シャワーシーンではガラス戸にバストを押しつけたり…。一番の見どころはジャケットでも使用されていたブラウンのチューブトップのシーンでしょう。ローアングル、ハイアングルと縦横無尽に彼女のバストをとらえ、ずり落ちそうなチューブトップのポジションをさやかちゃんが直す度に、そのバストが柔らかそうに揺れるのです。
    砂浜で仰向けになってバストについた砂を払うシーンでは、本当にバストがこぼれてしまいそう。
     その後も(照れ笑いをしながらも)しっかりとバストをオイルマッサージされちゃったり、ベッドでは大きなバストを持て余すかのように自分から撫でてしまったり…と、彼女の一番の売りであるHカップのバストにもしっかりとフォーカスされています。
     今作のメガホンを取ったのはあの上村知之監督。得意の“彼氏目線”で、「先シャワー行ってるね」など要所で妄想をかき立てるセリフを言わせる演出も功を奏しています。もうしつこいぐらいワンパターンな演出なんだけど、それでもやられてしまうんですよねえ…。
     今作はスレンダー系が好みの方には全くオススメはできないけれども、むっちりとしたバストとヒップの両方が好きという欲張りな方には絶対に見て欲しい作品。むっちり系ボディマニアとしては、彼女のボディバランスはパーフェクトだと思います。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • ノナミンと「みつめて…」監督の奇跡のコラボレーション、再び。

     ノナミンは竹書房の『PureSmile』で衝撃デビュー。しかしすぐに誰もが想像を絶するほど樽化。僕もその時は「Nonamin is Dead!」と叫ばざるを得なかったわけですが、そんなタルノナミン(樽乃南)を救ったのは、アイドルワンから発売されたノナミン4作目となる作品『みつめて…』でした。
     樽は樽でも絶頂期に比べれば十分納得のできる絶妙なボディ・バランス、清純路線を脱ぎ捨てた露出ぷり、そして「あれからもう、いろいろ経験しちゃったんですね」と勘ぐりたくなるような思わせぶりなセリフ…。そのどれもが僕にジャストミートした奇跡の作品だったわけですが、そんな作品を演出したのがベテラン監督ののG.A.Cool氏でした。
     「まるでトラボルタを復活させたタランティーノのようだ!」と、『みつめて…』を見た僕は興奮とともに感心すらしてしまったわけですが、その『みつめて…』を撮ったG.A.Cool氏とノナミンがこの『あなたと…』で再びタッグを組む…。これは期待しないわけにはいかないでしょう。…と、思いっきり前置きが長くなりましたが、今作は「ノナミンと二人で海外旅行」がコンセプト。語りかけ演出がノナミンへとの親密感をもたらします。
     序盤から期待を持たせる小さめでボディに食い込み気味の赤ビキニ。ノナミンはまるで自分のボディの躍動を楽しむかのようにはしゃぎ回ります。カメラの目の前でバストを寄せたり、見せつけるかのようにお尻を突き出して砂を払ったり…。
     その後に出てくる衣装、ビキニはどれも極小。ノナミンのエッチなボディを十分に際立たせています。
     残念だったのは、前作『白桃郷』から解禁になったはずのブラはずしがなかったことと、カメラが動きすぎていて画面がうるさく感じてしまったところ。
     特に今作一番のポイントであるノーブラワンピのシーンでは、はしゃぎ回るノナミンだけでなく、寝ころんだり四つんばいのノナミンをじっくりたっぷり撮って欲しかった。
    今作は素晴らしいシーン、素晴らしい衣装が満載なのはたしかなんですが、どこかに痒みが残るというか、鑑賞後にいまひとつ満たされなかったのも事実。
     もちろん名作『みつめて…』、『白桃郷』と比べてしまうのは酷だとは思いますが、どちらにせよ今後発売される全ての滝沢乃南作品はこの二つの作品を越えられるか? という基準で作品の評価をし続けられることでしょう。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 見つめて… 滝沢乃南

    見放題ch ライト(月額動画)

    パーフェクトノナミン復活の兆し!

     滝沢乃南ちゃん、“樽化”後の第四作目。アイドル業界に衝撃を与えたデビュー作、『PureSmile』以降、彼女のボディはふくらむ一方でしたが、ようやくこの作品『見つめて…』で沈静化した模様。『ピュア』『ヴィーナス』『Se-女!』はあまりにも太り過ぎちゃっていて見苦しくも思えたのですが、今作のノナミンはまったくそんな感じがしない。不思議と受け入れられるのです。むしろいままでこの体型だったのではないか? と思えるぐらい、自然な体型に見えてしまいます。単なる錯覚でしょうが。
     今作の内容はとにかく圧巻の一言。撮影中に19歳の誕生日を迎えたノナミンの吹っ切れっぷりがすごい。

     サンドバッグを叩きながら、ストレッチをしながら、そして縄跳びをしながら…と、動きの激しいシーンではとにかくそのIカップのバストを笑顔で揺らしまくり、プールサイドでのお食事シーン、ベッドで四つんばいシーンなど…の落ち着いた場面では、艶めかしい表情を見せつつじっくりと豊満ボディを披露してくれています。
     他にも全身オイルでのローアングルショット、シャワーシーンでの肩紐外し、カメラに向かってキスなど、作品中に全く隙がない。
     個人的に一番ツボにはまったのは、カメラに向かっての語りかけ。ベッドに横たわるノナミンが「ねえ、もっと乃南のこと…知りたい?」とか、バスルームのシーンでは「乃南と一緒にお風呂入る? …だーめ」といった、まるでノナミンの隣にでもいるかのような雰囲気を演出してくれるのです。
     それにしても、『パルプ・フィクション』に出演したジョン・トラボルタを復活させたタランティーノのように、今作でノナミンを見事に復活させた監督、G.A.coolという監督の手腕にも拍手を送りたい。
     この監督の本業は音楽活動の方で、今作のラストシーンでノナミンが歌っている歌にも楽曲提供をしていて、かつては永井流奈の『ファイナルビューティ』の演出も担当したらしい。なるほど、それで往年のアイドルビデオのような素晴らしい空気感を出せるわけだ。
     樽化以降、ノナミンから離れてしまっていたファンにも是非見ていただきたい一本。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 白桃郷 滝沢乃南

    見放題ch ライト(月額動画)

    ブラはずしだけじゃない! これぞオトナのノナミン

     一時期は激太りをしてしまい、グラビア活動も危ぶまれた程ですが、今作ではボディもほどよく(あくまでもほどよく)絞れ、見た目は超ベスト体型。
     だって痩せすぎの女の子より、ある程度ボリューム感がある方がセクシーだと思いません? ノナミンのすごいところは、どんなに太ろうが痩せようが、自慢のIカップバストを常に保ってくれていること。もちろん今作でも、その素晴らしいバストを存分に披露してくれています。
     そのほかの見た目の変化は、これまでの太い眉毛をスッキリとカットしたところでしょうか。こんなところからも彼女がぐっとオトナになったことを感じさせますね。
     
     内容の方はというと、前半からノーブラYシャツにショーツ姿。ぴっちりとバストのボリュームが感じられるトップス、下乳こそないもののボディに食い込む紐ビキニなど、ツボを押さえた衣装の連発。
     さらに“オトナになったノナミン”の決意として、前半と後半に二回もフロントホックのブラはずしを披露してくれています。上目遣いで悩ましげな表情でブラを外す姿に、思わずクラッとしてしまいました。
     ブラはずしよりもさらに衝撃的だったのは、白の肩紐なしニット+ブルーのショートパンツで、ベッドの上をゴロゴロするシーン。バストの上半分が出ちゃっているようなニット姿でぴょんぴょんと跳びはねたり、四つんばいになったりするたびにバストが飛び出ちゃいそう。ロングヘアが若干邪魔してしまうものの、こんなエッチな格好で迫られたら…と想像すると気絶しそうになります(笑)。
     ラストはボディコンの赤いドレスで締め…と、無邪気にバストをぷるんぷるん揺らしまくっていた『見つめて…』に比べるとだいぶゆったりとした内容ですが、個人的にはこっちのほうがしっくり来ます。もうホントにオトナになっちゃいましたね…。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • RIP style 小向美奈子

    見放題ch ライト(月額動画)

    美奈子史上最大のムチムチも生かし切れず…。

    この作品は小向美奈子が20歳の頃に制作された作品。
     この頃の美奈子のボディはおそらくグラビアアイドル時代では過去最高のムチムチぶり。
     二の腕からヒップ、ウエスト周りまで、どこをとってもむっちむちです。肉付きが良すぎて、むしろ彼女の自慢のバストのボリューム感が薄まっている感じすらします。(それはそれで問題ですが…)。
     しかし個人的言わせてもらえれば、小向美奈子はこれぐらいむっちりしていないとしっくりしません。それは15歳のデビューから見守り続けてきたファンならみんなそう思っているんじゃないでしょうか。
     さて作品の中身ですが、20歳当時の作品にも関わらず、これが信じられないぐらい健康的。基本的には野外ロケが多く、ビーチサイドで水着ではしゃいだり、フリスビーをしたり、乗馬、実弾射撃など…、15歳の頃から全くといって良いほど代わり映えのしない内容です。
     また、ベッドでゴロゴロシーンといったシーンが無いのも個人的にはマイナス。着衣にはエロさが無く、水着も首掛け式ビキニや布面積の多いビキニが多く、野暮ったく見えてしまうのも非常に残念でした。
     そう考えると、18歳の時に“セクシー解禁”として発売された『Atmosphere』はやはり素晴らい作品だったと再認識をせざるをえません。
     ベッドでの水着シーンやボディコンなど、セクシーで挑発的なシーンが満載で、「おいおい、19歳、20歳になったらどうなっちゃうんだよ!?」というその後の展開も期待させてくれました。が…しかしここでまた“セクシー”から“健康的”に逆戻りとは正直がっくり。
     この作品の一番の見どころは、チャプター5の白ビキニでしょうか。サーフボードの前でポーズ、といった凡庸なポーズの連続ですが、それでも今作で一番セクシーな衣装であることは間違いなし。白ビキニのためかちょい膨らんだニプレスの貼り付け場所がわかるところも興奮。
     ただ、それ以外は正直言ってこれまでの作品と変わらず。
     テーマが見えない凡庸な作品になってしまっていると思います。この頃のムチムチボディの時期にこの作品はもったいない、もうちょっと魅せて欲しかったなー…と悔やむしかありませんね。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • REVOIR 小向美奈子

    アイドルチャンネル(月額動画)

    復帰作にも関わらず、サプライズが皆無なのが残念

     美奈子ちゃん1年ぶりの水着。というか1年前に水着引退宣言をしたはずのなのですが…、当たり前のように水着姿を披露していますね…。ファンとしては嬉しいところですが。
     そんな小向美奈子の復活に真っ先に目をつけたのが竹書房。個人的にはあの名作Atmosphereを制作したI-ONEのメンバーで作って欲しかったところですが、I-ONEは「引退BOX」なんて五枚組(!)DVDを発売してしまったこともあり、若干ユーザーに遠慮をしているトコロもあるかもしれませんね(笑)。
     さて、今作が小向美奈子ちゃん復活第一弾となるわけですが、正直言って目新しいところはなにひとつありません。
     水着引退宣言前に着用していたような、やや大きめのビキニ、そして“タレント”であるかを強調するかのように、水着以外のキャミなどの普段着もたっぷり収録です(笑)。
     そして一度激やせしてしまったということもあり、ボディの方は以前に比べたらやや迫力不足。
     ムッチリ度が『Atmosphere』の頃に比べたらやはり物足りない気がします。けれども思ったよりもバストが小さくなっていなかったのが、せめてもの救いかもしれません。
     というわけで、当然あの名作『Atmosphere』を越えるわけもありません。
     水着、シーン共にこれといった勝負シーンが見られず、まるでそうめんのようにするするっと喉を過ぎていく感じっていうんですか? 
     気付けば「もう終わり?」というような物足りなさを感じる作品でした。
     それと、今作にもう一つ言いたいことはせっかくの水着復帰第一作なのだから、インタビューで「何故復活したのか」「水着復活したからこその意気込み」なんかを是非聞いて欲しかったですね。復帰をしたからこそ、ファンはそこになにかサプライズを期待しているはずです。しかしそれが全くなかったのは残念。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • Mirage 神楽坂恵

    見放題ch ライト(月額動画)

    恵ちゃんと素敵な秘め事を…

    2004年5月にファースVをリリースし、コンスタントに作品を発表し続けている神楽坂恵の5作目。
     元某デパートの化粧品売場で美容部員をしていたところをスカウトされたということでデビュー当時はまだまだ素人っぽいところもあったのですが、作品を出す毎に彼女の魅力はドンドンと増していっているような気がします。
     当初は人前で水着になることやセクシーな衣装を着るのはかなり恥ずかしかったみたいですが、今では自分のボディに自信を持ってきたとのこと。 
     そりゃあ自信を持つべきでしょう。こんな抜群のスタイルを持った子、なかなかいませんからね。恵ちゃんをスカウトしてくれたスカウトマンに感謝! 

     さて、今作もコレまでの作品同様、そのIカップのバストをこれでもかと駆使してくれています。
     着エロ特有の露骨なショットで見せるのではなく、一つ一つのシーンにストーリーを持たせているような展開を見せていきます。
     それはミニドラマのような安っぽいものではなく、例えば赤ジャケットに黒のミニスカート+メガネで、古民家を案内する添乗員に扮して、ストッキングを脱ぎ、メガネを外し、さらにブラウスを脱いでミニスカからのパンチラ、そして全ての衣装をゆっくりと脱いでいく。

     Tバックをじっくりと見せつけながらバックショットでブラを外し、最終的にはノーブラで畳の上にうつぶせになって寝転がります。
     また、次のシーンでは、黒のワンピースの衣装で物陰に隠れ、そのワンピを脱いで下に着ていたパープルの下乳丸出しのセクシーなビキニになって、その後ブラ紐を外して手ブラ。そしてラストはパンティ一枚で、白のシーツでバストを隠して寝転がり、エンディングを迎えます。
     それはまるで、二人だけの素敵な秘め事を楽しんでいるような錯覚に見舞われます。
      この作品を見る限り、彼女も非常に楽しんでいるようなので、見ていて気持ちが良い
    彼女、なにか一つの殻を破ったという印象です。ほんと、だんだんいい女になっていくなあ。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • motto... 神楽坂恵

    見放題ch ライト(月額動画)

    かわいらしさ、エロ、セクシー…その全てが詰め込まれた快作!

     小田有紗ちゃんと同じ事務所アンカーに所属する、105センチIカップという驚異的なバストの持ち主、神楽坂恵ちゃんのサードV。今作は恵ちゃんの自慢のIカップバストをこれでもかと披露する衣装とシーンが満載です。
     まず見ていただきたいのはチューブトップ+ショートパンツ(バッター)、白の短めのタンクトップ+グリーンの超ミニスカ姿(ピッチャー)で、一見普通にソフトボールをする恵ちゃん。しかし、カメラアングルが徐々にローに移っていくと、なんと下乳が丸見え!! 

     恵ちゃんがソフトボールを投げたり、バットを振るたび、ワガママに揺れる爆乳についつい目がいってしまいます。まずここではお姉さん風味をぐっと押さえ、かわいらしい恵ちゃんの笑顔を見ることができるでしょう。
     お次は正統派の白紐ビキニで、ショーツの紐をほどいてのポーズ、プールサイドでしっとりとビキニをめくってオイルを塗りたくり、、そして次の見せ場はグリーンのビキニ。
     ブラを脇にめくっての手ブラ(最初からめくれてるのが残念…)は、ある意味掟破りでしょう。
     自慢のバストを隠しながら、意味深に微笑む姿がいやらしく、アクションだけでなく、お姉さん的な表情もかなりイイ感じです。その後はノーブラバックショットからの手ブラへの移行という、往年のアイドルビデオを彷彿とさせるような演出に、僕はすっかりとやられてしまいました。
     その後はメガネっ娘に変身し、ビキニとショートパンツ姿でベッドの上でじっくり挑発。お次は布面積極小のTバックワンピでポーズ。…などなど、本編一つ一つのチャプターがしっかりと作り込まれており、非常に完成度の高い仕上がりになっています。
     
     上品な顔立ちで時にかわいらしく、時にエロく、時にセクシーにと、様々な表情を持っている恵ちゃん。その全てが惜しげもなく詰め込まれた快作です。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0