ヘルプ

レビュー情報

B.Bさん

  • レビュアーランキング

    2349

  • レビュー投稿数

    144

  • 参考になった割合

    74

並べ替え

  • 大人な曜子

    チラ見せ動画で、大人っぽい印象だったのですが、本編もやはりそうでしたね。はしゃいでいる感じは一切なく、落ち着いた仕上がりになっています。加えて本人も特典映像の中で、26才の大人の女性をイメージしたと言っていますし。そして今回は熊曜では、タブーとなりつつあった、後ろ姿とそのアップが比較的多いことですね。後ろ姿を見ていると細いな~!と感心しますけど、私の本音はこれ以上は痩せないで欲しいなと思います。まあ今作は熊曜のあたらしい、一面が見ることができてよかったなと思います!

    参考になった10

    投票数14

    参考になった10

    投票数14

  • となり、空いてる?

    やっぱり「かたちあるもの」が大好きなので、買うべきか迷っています。しかし3月はBoAが発売ラッシュなんで先立つ物がなくて・・で、他には「影」も好きです、柴咲コウは暗く切ない曲がよく似合う。明るい曲はそれなりに、いいのですがノリが中途半端で微妙に違う気がします。また中島みゆきの曲も歌って欲しい・・ドラマの挿入歌よかったですから。DVD付きは全曲のPVが見れるんですよね・・迷うなあ・・臨時収入でもあれば、即買いですが・・。

    参考になった9

    投票数9

    参考になった9

    投票数9

  • エレーン

    数ある中島みゆきのアルバムの中で、ある意味究極の一枚かもしれません。ベストアルバムとかに、この中の曲が選ばれていない事からみても、いかに異彩を放った曲ばかりであるかがわかると思います。どこまで彼女のフィクションかわかりませんが、あまりにも人を恨んだ、世を妬んだ歌詞に当時思春期だった私はこわくて、空恐ろしくなった思い出があります。その後若い世代特有の悩みに悩んだ時にこのアルバムを聞くと、不思議に共感がありました。それから最近は何年も聞いていないのですが、ひょっとしたら残りの人生でも聞くことがないかもしれませんが、今でも強烈に心に残るアルバムです・・あえて借りることをすすめませんが、借りる時は熟慮してください・・ひやかしは厳禁です・・。

    参考になった9

    投票数10

    参考になった9

    投票数10

  • Favorite/熊田曜子

    DVD/CDレンタル

    白熊&黒熊

    前作とこの最新作をたて続けに見たのですが、熊曜少し痩せたのでしょうか、顔も体もすっきりしています。忙しい芸能活動の中で若さと美貌を維持しているのはさすがですね。が、さすがに何本も見てくると少し飽きてきました、私自身も半年前から少し熱が冷めました・・もう少し変化(露出)を期待したいところなんですが、これ以上の露出は彼女のお母さん的にNGだそうで残念です・・ちなみにパケ写がいつもの熊曜と違って見えるのは、彼女曰く黒熊バージョンだそうです。正確に点数をつけると3.5点です。

    参考になった8

    投票数11

    参考になった8

    投票数11

  • ダイナマイト四国見参!!

    絶対笑ってはいけないシリーズ第2弾は、湯河原が罰ゲームの舞台となりました。湯河原の駅を出た時点から、数々の笑いのトラップと超豪華な芸能人の刺客に、スタッフの凄い意気込みを感じて大爆笑でした。今回の最大の見所はやはり、脱衣所の場面でしょう!前回笑い地獄に苦しんだ松ちゃんが、まさに体を張って(全裸になって)浜ちゃんを笑わすシーンは傑作です!あと人それぞれ、笑いのツボがあるとメンバーが言っていましたが、私はココリコ田中と同様「ダイナマイト四国」ネタには完敗でした、できるだけ笑いを我慢して見ていたのですが、四国が出たとたん吹き出してしまいました。もうこんなネタを考えつく、ガキつかスタッフには脱帽です!

    参考になった8

    投票数9

    参考になった8

    投票数9

  • Love Potion/折原みか

    DVD/CDレンタル

    エロかわいいですが

    体は細いですね~、前半はメイド姿になったり小芝居をしたりと、完全に萌え系の人を対象にしてますね。私にはこの娘は合いませんでした、後半のチャプターにパケ写のシーンがあり、それが一番よかったですね・・一応役に立つシーンはあったので、4点にしておきます。返して熊曜を借ります・・

    参考になった8

    投票数13

    参考になった8

    投票数13

  • わたしは その手が好きです

    「f」以来久しぶりに、彼のアルバムを買いました。まあシングルが多く含まれていたことが一因ですがやはり「道標」が収録されていたことが大きいですね。某番組のエンディングに使われていた曲ですがその飄々と歌われる声がやけに耳に残り印象深く心に留まっていました。人によっては、なんてことのない曲でしょうが私自身は桜坂を越える、彼の名曲ではないかと・・あと彼自身、柴崎コウとの出会いは大きいと思われます。役者的にも歌手的にも・・KOH+で歌われた
    「最愛」福山バージョンは収録されていますが、「KISSして」はありません、アルバムの雰囲気に合わないのでしょう。アルバムタイトルの「残響」初め意味が読めなかったのですが、聞いていると納得するでしょう・・いいタイトルと思います。

    参考になった7

    投票数8

    参考になった7

    投票数8

  • ジパング Vol.1

    DVD/CDレンタル

    なかなか

    去年の初め頃TVで放送されていたのを見てよかったので
    最初から見てみようと言う事で借りました。日本初の原潜が反乱、国家として独立宣言と言うとんでもないストリーの沈黙に比べたら、自衛隊員が60年前にタイムスリップしてと昔あった様な話ですが、人物像の設定やドラマ性はこちらの方が濃いです。私たち現代人と戦時中の日本人との対比が興味深いです。余談ですが挿入曲「戦闘みらい」は名曲です!サントラ買いました。

    参考になった7

    投票数7

    参考になった7

    投票数7

  • グラドルとしての限界!?

    あいかわらず若いなあ~(もう26才なのに)という印象ですが、顔はちょっと大人っぽくなった感が・・ただ熊曜の場合は、手ブラはしないとか、後ろ姿のよりのショットはなしとか制限がいろいろ多いので、どうしても胸ばかり強調した単調なアングルになりがち・・。この作品も水着のシーンは多くても、バストアップばかりで、熊曜ファンの私も食傷気味です。もうさすがに、これからは撮り方や見せ方の工夫を考えたほうが、いいのでは?と少し心配する内容です。

    参考になった6

    投票数9

    参考になった6

    投票数9

  • 笑いの神が降りた(?)男

    山崎邦正(以後、山ちゃんと呼ぶ)とモリマンの熱い闘いの記録です。毎回毎回、山ちゃんが出すスベリオーラと負け犬オーラに爆笑してしまいます。山ちゃんがビンタされたり、ごぼうでしばかれるのを見て、喜びを感じる私はいけない人間でしょうか?モリマンにやられて出口へ逃げて行く姿に、男・山崎の生き様を見せてもらいました!モリマンに永久に勝つことができなくても、愛すべき男です。そんな山ちゃんに幸あれ!

    参考になった6

    投票数7

    参考になった6

    投票数7

  • 歌姫

    悪女の大ヒットに続き、発表されたアルバムです。異彩を放った前作「臨月」よりはアレンジが洗練されていて、やや大衆受けをねらった部分がありますが、歌詞はみゆきワールドそのものです。アルバム臨月、寒水魚、そして次の予感、この3作あたりが、中島みゆきがシンガーソングライターとして大成した頃のように思います。1曲目に「悪女」を収録していますが、シングルバージョンとは全く違う曲になっていますので、「悪女」を目当てに借りるのは避けた方がいいでしょう(私はアルバムバージョンの方が好きですが)。そのかわりに永遠の名曲「歌姫」を収録しています。この世に歌姫と呼べる本物の歌手は、中島みゆきただ一人です。

    参考になった6

    投票数6

    参考になった6

    投票数6

  • 強がり

    中島みゆきが他の歌手に提供した曲ばかりを、自身で歌い直したアルバムです。最近、TOKIOや華原朋美に曲を書いたのは記憶に新しいところですが、もうかなり前からかなりの人数の人に中島みゆきは曲を提供していました。このアルバムでは研ナオコや桜田淳子(古っ!)らへの曲を収録していますが、個人的には加藤登紀子へ提供した「この空を飛べたら」が特に好きで、曲自体も好きですが加藤登紀子バージョンとかなりかけ離れた歌い方が、中島みゆきの歌手としてのプライドがひしひしと感じられる気がして・・「おかえりなさい」というタイトルは絶妙だと思います。ちなみに当時のLP盤には「あばよ」と「追いかけてヨコハマ」のカラオケ透明レコードが付録としてありました。

    参考になった6

    投票数6

    参考になった6

    投票数6

  • かたちあるもの

    純愛ドラマと言うが誰だって高校生の時は、純情だったしどの世代でもこの頃に戻りたいと思うはずだし、不変的な物語と思います。特に私みたいに30代後半の人には、ドラマ中の小道具や二人の行動には涙ものと思います。山田孝之と綾瀬はるかの二人がいいですね・・

    参考になった6

    投票数6

    参考になった6

    投票数6

  • 顔 -Make up-

    一年が経つのは早いもので、BoAこの時期恒例のアルバムが完成しました。私的には前作をまだ聴いていますがTHE FACEのCDが届きましたので早速聴いてみました。第一印象はシングルLOSE YOUR MINDがそうであったように、アルバム全体からは遊び心に富んだ、実験的な雰囲気を感じました。LOVE LETTER的なものを求めて聴くとしっとり感はなく、Sweet Impact的なものを求めて聴くと軽快なポップス感じゃない、いわゆるトリッキーなリズムに少し違和感を覚えると思います。ただファンが納得し満足のいく方へゆっくり確実にシフトしている点が聴いて感じられます。前作が馴染みやすく、キャッチーだったため今回のアルバム制作は苦労したのでは?と思われます。BoAがクリスマス返上で(可哀想に)完成させたアルバム・・また1つファンの胸に刻まれると思います。

    参考になった5

    投票数5

    参考になった5

    投票数5

  • かなり大人っぽい

    ひさしぶりに彼女のDVDを見ましたが、けっこうな露出に意外な印象でした。どうも今回でグラビアを卒業するらしくて、かなり大胆になったようです。ファイナル(クライマックス)だけあって、随所に彼女の肢体を堪能できます。「supreme bliss」では出し惜しみ感がありましたが、今作は文句はないでしょう。ただチャプター3のロリータ下着は無理を感じます。ご本人は若く見られたいのかもしれませんが、見る側としては大人っぽい端整な顔立ちと長身の豊満な体型がどうしてもいやらしさを感じずにはいられません。グラビア卒業は残念ですが、今後の彼女の活躍に期待しましょう。

    参考になった4

    投票数7

    参考になった4

    投票数7

  • 未熟者

    中島みゆきをどんな時に聞くかと問われると返答に困ります。昔はつらい時や夜一人でいる時に聞きました。中島みゆきを聞いて泣いている姿を見られたくないから・・時は流れ、最近は仕事帰りの車の中で聞いています。最近のみゆきさんのやさしい歌い方は、仕事で疲れた体には非常に心地いい。昔は胸が締めつけられる様な感情の塊のような歌が多かったのですが・・みゆきさんも歳を重ねたという事でしょうか。本日、未熟者はTOKIOへの提供曲ですが、宙船と違って始めから自身で歌う事を前提とした印象ですね。アルバム全体は曲ごとの違いが少なく、前作の方がメリハリがあった印象です。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • ひとり

    このアルバムのテーマは曲にもあるように「幸福論」。中島みゆきのアルバムでこれほどテーマがわかりやすいのは、めずらしいと思います。そしてもう一つのテーマが「将来の不安」。歌手として絶好調だった当時、彼女自身にも不安に感じる事があったのでしょうか?事実このアルバムを境に、楽曲が難解になって行った様に思います。内容的には前半聞きやすく、後半暗くてブルーという感じですね・・ラストの曲が明るかったのが、今までにないパターンでした。後から思えば、やはり転換期だったのでしょう。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 語り継ぐ人

    中島みゆき待望のシングル集第3弾です。「空と君のあいだに」から「地上の星」までとカップリング曲を収録。地上の星を買うかどうか迷っていた時に出たので、すぐ買いました。カップリングも名曲揃いです、中島みゆきの場合、私の好きな曲ほどヒットしないですね・・中島みゆきを聞いた事がない人に勧める時はやっぱりこのアルバムが一番オススメになります。「たかが愛」を聞いていると自然に涙がでてきます・・

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4