ヘルプ

レビュー情報

Red Bascinetさん

  • レビュアーランキング

    1231

  • レビュー投稿数

    343

  • 参考になった割合

    74

並べ替え

  • テッド

    DVD/CDレンタル

    “男とはバカである”がテーマ。

    全編を通じて男という生き物のどうしようもないバカっぷりが描かれています。

    ヒロインの視点で観ると、彼氏に「もっと大人になって!」と願ったけど、でも結局それは無理なことだと悟って諦めた、というお話。

    「男というのは、いつまでも大人になれないバカであって、それを女が変えようとしてもムダであり、うまくやるためには女が妥協するしかない」

    という真理を訴えた哲学的な?作品です。

    海外映画のパロディ的なネタが多いので、その辺がわからないと笑えない場面が多いです。
    というわけで全編抱腹絶倒、というわけではありませんが、楽しい作品であることは間違いありません。

    ただし基本的に下品です。
    男が喜びそうな下ネタがいっぱい出てきます。

    そういう点も含め、カップルで観ると、男は楽しそうだけど、女はしょうもなさにゲンナリする作品かもしれません。

    参考になった20

    投票数23

    参考になった20

    投票数23

  • ロボジー

    DVD/CDレンタル

    自分の老後について考えました。

    全編ニコニコしながら最後まで楽しく観られる作品です。
    ひとことで言うと、ハートフルドタバタコメディ。

    「ヲイヲイ絶対バレるだろ!」というゆるさ、良く言えばファンタジー感が満載のストーリー。

    先が読めそうな展開なんだけど、意外とこれが読めなくて最後までドキドキします。

    仕事はリタイヤ、妻に先立たれ、孫にも懐かれず、友達もいない、だけど頼られたい、目立ちたいという煩悩はありまくり、数十年後の自分みたいな偏屈じじいが主人公。
    そのへんが身につまされました。

    笑いだけでなく、じじいとロボット制作者を中心とした人間模様もいい味出してます。
    だけど過度にベタベタしていなくて、感動の押し売りになってないところがいい。

    あと、吉高さんの不思議ちゃんっぷりがすばらしい。
    というか吉高さんがいなかったら画的にすごく見苦しい映画になったと思います。

    参考になった20

    投票数24

    参考になった20

    投票数24

  • お子様が性に目覚めるかもしれません。

    大の大人が大マジメでバカをやりきった作品。
    “大人の男の子”向け。
    良質の娯楽作品です。

    ヒーローものの常道なストーリーなのでお子様でも楽しめます。
    ゼブラクイーンのエロさは小中学生の男の子が性に目覚めるきっかけになるのではないでしょうか。

    参考になった19

    投票数24

    参考になった19

    投票数24

  • 予備知識は仕入れずに観賞することをお薦めします。

    紹介文だけ見ると、

    美麗な映像による奇跡と感動の物語

    という印象を受けると思います。

    確かにそういう話なんですが、それだけで終わらない話でした。
    あまり詳しく説明すると興ざめなのですが、例えると、

    クリアしたと思ったら隠しシナリオが始まるRPG

    みたいな感じです。

    観賞した後、観た人同士で感想を言い合うのが楽しい作品だと思います。

    参考になった15

    投票数17

    参考になった15

    投票数17

  • ワールド・ウォーZ

    DVD/CDレンタル

    単なる金満ゾンビ映画・・・ではなかった!

    ストーリー自体はさほど斬新ではありません。
    突然のパンデミック、その原因や解決策を探す冒険、という低予算B級ゾンビ映画でもよくあるパターン。

    「金はかかってるけど、やってることはB級と同じだろ?」
    と少し斜に構えていたんですが。

    面白い作品でした。

    ○舞台を次々と変えながら、観客に常に「次はどうなる?」と興味を持たせる展開
    ○凶暴かつ俊敏なゾンビとのハラハラドキドキの激闘(ほとんど逃げてますが)
    ○そして驚愕の解決方法

    と、最後まで息を呑んで見入ってしまう良質の娯楽作品です。

    一般の方はもちろん、ひねくれ者のB級ゾンビ映画マニアの方もぜひどうぞ。

    ちなみに個人的なツボは、主人公の不死身っぷり。
    「普通死ぬだろw」って少し笑えます。

    参考になった11

    投票数16

    参考になった11

    投票数16

  • のぼうの城

    DVD/CDレンタル

    原作ファンも安心してどうぞ。

    原作を知らない嫁も楽しんでいました。
    良い意味で原作の“軽さ”が再現された万人向けの娯楽作です。

    一番の見どころは、野村萬斎。
    のぼう様の独特なキャラを演じるのって難しいと思うんですが、ハマってました。
    田楽踊りがプロフェッショナル。

    若干佐藤浩市が目立ち過ぎの嫌いがあります。
    その分酒巻と和泉の出番が少ない。
    この2人が好きな方は物足りないかも。

    上地三成に若干の不安がありましたが、予想以上。
    頭が良さそうには見えませんが、正義感というか、子供っぽい真っ直ぐさが出ています。
    あと同僚の武将にあまり気を遣わなさそうなところ。

    基本的に、原作に忠実です。
    映画版オリジナルキャラとか余計な事はしていないのでご安心。
    原作好きな方なら、映像で見たいこのシーン!があると思いますので、ぜひ。

    参考になった11

    投票数16

    参考になった11

    投票数16

  • 余韻が残る少し切ない喜劇。

    ひとことで「コメディ」というよりは、映画の設定どおり、上品な紳士によって語られるハラハラドキドキのおとぎ話めいた「喜劇」という雰囲気があります。

    ですが単に楽しいだけじゃなく、鑑賞後に少し切なくなり、だけどこの物語が語り継がれることを知ってホッとする、そんな色々な感慨にふけることができます。

    切なさや寂しさ、そんなエッセンスがあってこそ、その喜劇の余韻が深まる、そんなことを教えてくれる良作だと思いました。

    参考になった9

    投票数11

    参考になった9

    投票数11

  • ムカデ人間

    DVD/CDレンタル

    観ない方がいいです。

    人体改造の話です。
    正常な感覚の持ち主なら、生理的に受け付けない話&画です。
    精神が汚染されてしばらくイヤ~な気分になるので観ない方がいいです。

    フリとかじゃなくて、観ない方がいいです。

    参考になった8

    投票数17

    参考になった8

    投票数17

  • マレフィセント

    DVD/CDレンタル

    意外と大人向け。

    おとぎ話の裏ストーリー的なシンプルな作品かと思っていたのですが、メッセージ性の高い、意外と骨太で重厚な作品でした。
    あちらこちらに人生やこの世界(特に男と女、大人と子ども、紛争というテーマ)に対する現実と教訓が散りばめられており、例えば私の場合は、自分でかけた呪いを解くことができず苦悩する主人公の姿に、「取り返しがつかない行動に苦悩する人生の一場面」というテーマを感じて胸が苦しくなりました。

    観る人観る人によってそれぞれ色々なテーマを投げかける、いわば大人のためのおとぎ話だと思います。

    かといって退屈なわけでもなく娯楽要素も豊富で、特にクライマックスの戦闘シーンの主人公には惚れ惚れしました。
    おとぎ話の焼き直し、という先入観を抜きにしてご覧下さい。

    参考になった7

    投票数8

    参考になった7

    投票数8

  • ハウンター

    DVD/CDレンタル

    すごく怖い。そして切ない。

    毎日が昨日の繰り返し、という主人公の置かれた状況の謎は割と早いうちに明かされますが、ここからが本番。
    謎の敵との闘いが始まります。

    後ろを振り返ったり鏡を覗くのが怖くなる、という良質ホラーの要素は充分で、すごく怖いです。

    怖いだけではなく、物語としてもよくできています。
    絶望的で孤独な闘いを続ける主人公の強さと使命感には胸を打たれます。
    そして、多くは説明できませんが、すごく切ない話です。

    ぜひ怖さ軽減のため、そして感動を分かち合うため、2人以上で観て下さい。





    参考になった7

    投票数9

    参考になった7

    投票数9

  • ディカプリオが2時間半ずっと死にかける映画。

    でも死なない映画です。
    すみません素人にはこんなアホな感想しか持てませんでした。

    参考になった6

    投票数6

    参考になった6

    投票数6

  • 謝罪の王様

    DVD/CDレンタル

    期待の割には。

    面白いんですが、笑い声は出ない。
    しんみりするところもあるんですが、涙は出ない。
    奇想天外な展開ですが、驚きはない。
    クライマックスの大仰な謎かけもやや不発。

    結果、あまり印象に残らない。
    地上波の水曜ロードショーとかで観たら丁度いい感じの作品です。




    参考になった6

    投票数8

    参考になった6

    投票数8

  • レッド・ドーン

    DVD/CDレンタル

    闘うか、服従するか。

    アメリカの某都市が、北朝鮮(と結んだロシア)に占領され、主人公がレジスタンスとしてゲリラ活動をするお話。

    設定には無理があるかもしれませんが、占領軍VSレジスタンス、占領軍に服従する人たち、密かにレジスタンスを助ける人たち、という図式がわかりやすくリアリティを持って描写されていると思います。

    展開も、北朝鮮のボスを倒してハッピーエンディング!みたいな薄い内容ではなく、シビアな現実が描かれているのにも好感が持てました。

    日本がこうなったらどうする?と考えさせられる作品でもあります。

    参考になった6

    投票数6

    参考になった6

    投票数6

  • クロニクル

    DVD/CDレンタル

    ワクワクできて、そして切ない。

    男子なら必ず持っている超能力願望。
    主人公たちのはしゃぎっぷりに感情移入してワクワクすること間違いなし。
    幸せな時間が流れます。

    一転、結末は切ないです。
    劣等感が引き起こす挫折。
    ちょっとしたボタンのかけ違いから生まれる悲劇。
    観ていて苦しくなります。

    この展開、本作は“切ない青春映画”だと思いました。

    参考になった6

    投票数7

    参考になった6

    投票数7

  • 必殺仕事人。

    内容が内容だけに誤解を招くかもしれないので「面白いよ!」とは言えませんが、面白いよ!

    魅せる要素を含んだ復讐の仕方は必見。
    まさに必殺仕事人。

    こんな仕事ができる身体能力なら、そもそも被害に遭わなかった気もしますが。

    ちなみに、AVみたいなエロ要素はありません。

    参考になった6

    投票数7

    参考になった6

    投票数7

  • これは映画ではなく証拠品のビデオテープです。

    POVスリラーと説明されていますが、POVはPOVでも本作は映画とは言い難い作品です。
    何故かと言いますと・・・。

    本作の展開は、主人公の一人が撮影した(という設定の)映像と、犯人(ストーカー)が撮影した(という設定の)映像(視点が異なるが内容は同じ)を順番に淡々と流すだけなんです。
    映画として視聴者を楽しませる意思が感じられないまま、オチ無しでEND。
    こんなに視聴者としてどう反応したらいいかわからない作品を観るのは初めてです。

    ですから映画鑑賞というよりは、FBI捜査官として、ストーカー殺人事件の証拠品のビデオテープを見ているという感覚になります。
    というわけでFBI捜査官気分を味わいたい人のみどうぞ。

    参考になった6

    投票数6

    参考になった6

    投票数6

  • LIFE!/ライフ

    DVD/CDレンタル

    自分の殻を破るというよくある話。

    空想癖のある不思議おじさんが、勇気を出して行動したら幸せになったというお話です。

    人生を変えるには、勇気を出して一歩を踏み出すことが大切である・・・というテーマでしょうか。

    主人公の最大の個性であり、作品の売りの一つでもあるはずのブッ飛んだ空想癖が「克服すべき悪癖」という捉え方で、「空想を超える体験をしたからもう必要ないよね!」的に後半無くなってしまうのが良かったのか悪かったのか。

    結局“平凡な人が勇気を出したら生まれ変わった”というよくある話になってしまって作品自体のインパクトも薄くなったという感想を持ちました。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • ガッチャマン

    DVD/CDレンタル

    金満学芸会。

    話題作だったので観ましたが、評判通りの作品でした。

    高額なVFX技術を駆使した安い2時間ドラマという印象を受けました。

    リアルタイムガッチャマン世代のおじさんが観る作品ではありません。

    参考になった5

    投票数8

    参考になった5

    投票数8

  • 地球大迷惑。

    主人公の苦悩や葛藤、家族との絆が幼少期から丁寧に描かれています。
    丁寧すぎて若干冗長にも感じますが。

    一方、「同胞を救いたい、故郷を取り戻したい」という敵役の大義にも真実とシンパシーを感じました。
    その目的のために地球を征服しようとしますが、自らの繁栄のために他者を犠牲にすることは、これまで地球人が繰り返してきたことではないでしょうか。

    ド迫力のアクションシーンだけではなく、そうした深いテーマを含んだ骨太の物語だと思います。

    ・・・とはいえ、この映画をひとことで言うと、クリプトン人同士の内輪もめを勝手に地球上でやられて大迷惑でした!という話です。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • ミッシング55

    DVD/CDレンタル

    主人公の得意技とは・・・。

    この手の作品は、抜き要素もバカ要素も中途半端なのが多いんですが、本作も例外ではありません。

    唯一面白かったのが、“自由自在に物を飲み込み→吐き出すこと”という主人公の得意技。きたないよ!

    続編があるそうですが、観ません。すみません。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7