ヘルプ

レビュー情報

pekattoさん

  • レビュアーランキング

    21341

  • レビュー投稿数

    21

  • 参考になった割合

    64

並べ替え

  • 見応え十分。評価に偽り無し!

     皆さんのレビューを読んで借りましたが、もう少し早く出会いたかった作品ですね。素晴しい出来です。
     ティムとモーガンのキャスティングはまさにハマリ役ですし、モーガンのナレーションは塀の中の気が遠くなるほど長い時間の雰囲気を淡々と表現していて、いつのまにか観ている人をもショーシャンク刑務所の中にいる感覚に導きます。日本語吹き替えではなくオリジナル音声がお勧めです。
     もしあなたが今、人生に躓き悩んでいるのならば是非この作品を観てはいかがでしょうか。人生をやり直すのに決して手遅れなどということは無いこと、諦めない勇気を教えてくれるはずです。

    参考になった4

    投票数6

    参考になった4

    投票数6

  • ずっと見たいと思っていたので・・・

    まだ学生だった頃、この意味不明なタイトルを書店で見た
    (原作本)ころからずっと気になっていたのですが、よう
    やく観ることができました。この映画に触発されて事件を
    起こした事例も過去にあるようで、ネガティブな意見も
    かなりあったようですが、暴力やセックスシーンがメディ
    アに氾濫する現代においてはその心配もなくなったのかも
    しれません。初上映後まもなく40年になろうとしていま
    すが、キューブリックはこの作品の3年前に既に2001年宇
    宙の旅を発表している訳で、当時彼が思い描いた近未来の
    両作品と比べると、今の現実の方がちょっと元気がないよ
    うな気がします。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • サスペンスとして見ないでほしい

     どなたかのレビューにもありましたがブルース・ウィルス主演の有名な映画を思い出しました。これは決して謎解き映画としては見てほしくないです。
     切なくも後味の良いラストはヒロインだけではなく、映画を観た人の心の隙間も埋めてくれます。登場人物一人一人に対するあなたの思いも変わっていくことでしょう。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 三国志、たまらなく好きなので

    Part?に引き続き観ました。この作品の中では周瑜と孔明の間に友情が芽生えますが、三国志演義では周瑜が何度も孔明を謀殺しようとして失敗する孔明の引き立て役となっています。もしかすると史実としては本作品のような解釈もあるのかもしれません。三国志中最大の山場である赤壁の戦いを見事に映像化しており、期待は裏切らない出来映えと言えますが、映画の締めくくりとして無理やり曹操との対決が設定されたことについては蛇足だったと感じます。

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • チェンジリング

    DVD/CDレンタル

    同題のホラー映画から連想してはダメですよ!

     殺人犯ゴードンが何故真実の告白を最後に拒んだのか、
    ラストシーンにヒロインが見つけた「希望」までの伏線
    として気になります。
     単なる社会派映画でもなく、ノンフィクション映画でも
    ない、人間性の描き方がこの映画に深い味わいをもたせて
    います。流石にイーストウッド監督といったところか・・

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 記憶に残らない映画

    映画観てからしばらくたってこのレビューを書きますが、レンタル履歴みて「あれっ、これ観たっけ?」でした。結構記憶力は自信がありますが、それだけ印象薄いです。

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • 天使と悪魔

    DVD/CDレンタル

    原作に忠実である必要はないが・・・

    原作で重要な役割を演じるセルン所長が登場せず、彼の
    役割を別の登場人物が演じるなど、ストーリーの展開に
    ???を感じることが多いが、ラングトンがパラシュー
    ト無しで上空のヘリから脱出するかなり無理なシーンが
    省かれるなど、修正内容には納得がいく。
     映像でしか表現できない強みを生かして原作を夢中で
    読んだ読者もそれなりに満足できる出来映えとなってい
    るが、長編小説を無理に短縮した感は拭えない。
     「ダヴィンチ・コード」と比べると神秘感に欠け、単
    品アクション映画として観ると平凡な出来栄えか。

    参考になった1

    投票数2

    参考になった1

    投票数2

  • 007/慰めの報酬

    DVD/CDレンタル

    カジノ・ロワイヤルを後に見ましたが

    前作「カジノ・ロワイヤル」を面白く見るには、この「慰めの報酬」を先に見るのがお勧めです。ボンドの傷心の理由やマティスとの関係が面白く観ることができます。前作を先に観るとマティスが「シロ」だったことがちょっと不自然に感じてしまうはずです。ラストの復讐(未遂?)を含めてこの映画単独では意味を成しません。そういった意味で星3つですが、賛否両論のダニエルボンドについては私的にはOKです。今までの娯楽大作007が好きな方にはNGでしょう。

    参考になった1

    投票数2

    参考になった1

    投票数2

  • 十二人の怒れる男

    DVD/CDレンタル

    とにかく観てほしい映画

     最初に観たのがまだ10代の頃ですが、そのときの感動が忘れられません。およそ二十数年たった今でも最も好きな映画のひとつです。ストーリーは終始狭い陪審員室の中ですが、陪審員、つまり無作為に選ばれた普通の人々をして人間社会の縮図を構成し、被告人を裁くかたちをとりながら、実は陪審員自身(=普通の人々)が抱える偏見や差別、社会的無関心、エゴイズム或いは親子の確執といった罪に対する気付きの場であり、裁きと贖罪の過程を意味しているのだと思います。単なる法廷劇ではないのです。
     我々はつい周囲から孤立することを恐れてしまいますが、一人でも信念を貫き通す勇気を教えてくれる、ある意味今の時代に必要な映画だと感じます。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • チェイサー

    DVD/CDレンタル

    腹が立って腹がたって

    雑貨屋のおばちゃんコノッ!
    アホ警察何やってんだ!尾行した意味なし!
    端的に言うとこんな感想です。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 何が目的?って追求していけないよね。

    続編は見ないことにしました。皆さんのレビューを見て。
    アイディアもおもしろいし、登場人物の描き方もややシンプルながら様々な人間性をうまく描いており、自分ならどうするかと、つい置き換えて観てしまいました。しかし最後はこのキューブの正体が解らないのがすっきりしない気分で、続編をと思いましたが・・・

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 釈ちゃん大好き!

    映画の出来としてはお世辞にも良いとは言えませんが、戸田菜穂も岡本綾も釈由美子も個人的にストライクなので観ちゃいました。そういった意味で粒そろいの映画です。こんなこと書いてると「おいきなさい!」って言われそう。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • ここ数年見た映画で一番のお気に入り

    デヴィット・リンチ作品で最初に観たのはツイン・ピークスですが、それ以来久しぶりに観ました。複数の視点、時間軸が交錯する難解な映画ですが、再構成してストーリーが繋がると、切なく悲しい事実が見えてきます。夢の中の世界と現実の世界、その格差は残酷な程大きいのですが、作品が織成す朧気な境界線上でまったりと身を任せてみるのも良いでしょう。ナオミ・ワッツが好きになった一作でもあります。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • ブラックサイト

    DVD/CDレンタル

    案外おもしろかった

    設定がどうかとは思いますが、案外おもしろかった。いろいろ無理もありますが、なかなかハラハラさせられます。ラストはもうひと工夫ほしかったかな・・

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • メメント

    DVD/CDレンタル

    気力があるときに観よう!

    記憶障害をもった主人公の視点から過去に遡ってストーリーが展開する為、主人公同様にストレスを感じてしまう。時間軸を組み替える手法の映画はいくつかあるが、難解ながらも最終的にはすっきり結びつくので、その点では不完全燃焼はない。謎解きの視点で観れば結構おもしろいが、映画を観終わった後の余韻はそれほど感じなかった。

    参考になった0

    投票数1

    参考になった0

    投票数1

  • やはりタランティーノ作品だね。軽い中毒感・・・

    ちょっと現実からはみ出したくらいの虚構とアニメチック
    なテンポ、ぎりぎりの倫理観がタランティーノ映画が胸焼
    けしない味付け具合である理由だと思うが、軽さの中にも
    映画好きを楽しませてくれる監督の思いが伝わってくる。
    ユマ・サーマンの心臓にアドレナリン注射を打つシーン、
    友人宅でウルフの助けを請うシーン、金時計の逸話などが
    特にタイトル「パルプ・フィクション」を象徴する場面で
    あるが、罪悪感から現実では決して笑えないことだけども
    フィクションの世界だけはそれが娯楽として許される・・・
    「映画ってそういうものでしょ。」ということか。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 好きだねー。レベッカ・デモーネイが。

    家庭の実権とは何かと考えさせられてしまったが、それを見せる映画じゃないよねー。僕がダンナだったら事実がわかっててもだまされ続けるかもしれない・・・・。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • 夜の大捜査線

    DVD/CDレンタル

    心温まるラストシーン

    原題「In the Heat of the Night」の方がしっくりくる。映画がつくられたのはキング牧師暗殺の前年であり、黒人差別がまだ根強く残っていた時代だが、露骨な人種差別の言葉が現代の我々には少しきつく感じるかもしれない。ロッド・スタイガー演じる南部片田舎の警察署長がそれを象徴する役どころだが、不器用ながら黒人敏腕刑事のシドニー・ポワチエに少しづつ心を許していく様と南部男の無骨さをうまく演じている。ラストは爽やかな別れの場面だが、二人の笑顔は将来のアメリカを暗示しているようにも見えて印象的である。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0

  • マインドハンター

    DVD/CDレンタル

    もっと良い映画になったはず

    レビューを読んで迷わず借りましたが、やや期待外れ。FBIのプロファイラー研修生らによる孤島での演習が、猟奇殺人と生き残りを賭けた犯人探しにつながる設定は良かったものの、非現実的な殺人描写や無意味な謎解き、正確さに欠ける罠が陳腐さを拭えません。真犯人を解らせまいとするあまり(なんとなく解ってしまいますが・・・)、殺人の動機や登場人物どうしの因果関係が希薄となり、配役の奇抜さも逆効果と感じました。

    参考になった0

    投票数0

    参考になった0

    投票数0