サイト内検索

レビュー情報

マーブルガムさん

  • レビュアーランキング

    5885

  • レビュー投稿数

    181

  • 参考になった割合

    74

並べ替え

  • ターミネーター4

    DVD/CDレンタル

    新章突入という感じでした

    大体皆さんのレビューのとおりの感想でした。
    機械が支配するマトリックスのような世界観と、
    ターミネーターに立ち向かっていく人間たちの姿を観ていると、
    『ターミネーター』シリーズの作品とは感じられませんでした。

    ただ、逞しく成長したジョン・コナーや、
    若きカイル・リース、あのBGMと共に登場するT-800など、
    見所もたくさんあります。
    逃げる側から、攻める側にまわったジョンの新たな物語が始まったと思えば、
    これはこれでありかなと思いました。

    それにしても、なんとも残念なのはラストシーンですね。
    あれのせいで評価が一つ下がるくらいチープです。
    どう残念かは、実際に観て確認してくださいw

    参考になった7

    投票数7

    参考になった7

    投票数7

  • プレデターズ

    DVD/CDレンタル

    プレデターにも種類があるんですね。顔が・・・

    意外と面白かったですよ。
    そんなにグロさがないので、そこらへんで躊躇してる人は気軽に観ていいと思います。
    ヤクザには笑ってしまいました。しかも貧相な体つきだしw

    シュワちゃんのムキムキな肉体もいいですが、
    エイドリアン・ブロディのスリムで引き締まった体もかっこよかったです。
    泥塗って戦うシーンもあって懐かしくなりました。
    ローレンス・フィッシュバーンの役は残念だったな。

    ところどころ笑いをとりに行ってるのかというシーンもありますが、
    そこも含めて深い心で楽しむといいんじゃないでしょうかw

    参考になった5

    投票数5

    参考になった5

    投票数5

  • これなら怪人二十面相伝のほうが面白い。

    私は小説のほうを読んだことがないので、そういう視点での評価です。
    正直、良くないところしかなかったので、マイナス面をあげます。

    1.アクション要素を強くしたにもかかわらず、アクション部分が面白くない。
     どこかで観たような危機的状況、爆破シーン、拳での語らい。
     観ていてダレます。

    2.この映画のホームズは頭は良いし、喧嘩も強いけど、人間的には他人の気持ちを慮ることをしない、かなり嫌なヤツ。
     それで演じてるのがR・ダウニー・Jrとくれば、
     アイアンマンを観たことがある人にはもうトニー・スタークにしか見えません。
     キム○クのドラマじゃないんだから。

    3.ホームズとワトスンの距離感が微妙。
     喧嘩するほど仲がいい的な描写を結構入れているけれど、どこかよそよそしい感じが最後まで拭えなかった。

    小説のホームズ好きで、原作至上主義でない方なら、ネタとして観てみるのもよいかもしれません。

    参考になった5

    投票数5

    参考になった5

    投票数5

  • 美しすぎる兄嫁

    DVD/CDレンタル

    これなら”美しすぎる”を使っても問題ない

    夫から性的な満足を得られず、夫の弟と情事を重ねてしまう妻。
    それが夫にばれてしまって・・・
    という、さして珍しくもない展開で物語は進んでいきます。
    ただ、後半になると、夫の結構重い秘密が明かされたりして、
    そこそこストーリーもしっかりしています。

    官能シーンについては、おっぱいを見せてくれないので、最初は残念だったんですが、
    兄嫁がメチャクチャ美人で胸も大きいので、タンクトップ着てるだけでも十分眼福でした。
    実用には耐えないでしょうが、兄嫁の美しさとそこそこしっかりしたストーリーで、損はしないと思います。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 映像の迫力

    走るエヴァ。
    巻き起こる衝撃波。
    これだけでエヴァの性能の高さを見事に表現していました。
    エヴァってこんなに凄かったのか!って感じです。
    シンジが操縦してるのに、ぜんぜんモッサリしてません(笑´w`)
    子供みたいにワクワクしてしまいました。

    そのシンジも、相変わらずヘタレなのかと思ったら、
    最後の最後に熱くさせてくれました。
    脇汗がはんぱないです。

    観終わった後には、思わず挿入歌をハミングする、
    いい歳した男がおりましたとさ。

    参考になった4

    投票数6

    参考になった4

    投票数6

  • 女神の見えざる手

    DVD/CDレンタル

    事前情報なしで観たら面白かった

    有能な政治ロビイストの主人公の活躍を楽しむ話。
    能力はあるけど自己中心的で嫌な人の主人公が追い詰められていく話、
    からの怒涛の終盤逆転劇にどんどん引き込まれました。
    銃規制法案に関する話のため、アメリカでは賛否ありそうですが、
    単純に映画として面白いです。
    ジェシカ・チャステインの演技もとても上手いし、真赤な口紅が似合ってますね。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 宇宙一かっこいい運動の第3法則

    科学的なことに疎くもSF好きな私にとってはとても面白い映画でした。
    これを観ると宇宙行ってみたいって気持ちが強くなります。
    宇宙からの生還を目指すゼロ・グラビティもすばらしかったけれど、
    人類の新しい住処を目指すインターステラーもすごくいいです。
    ワームホールに相対性理論に五次元空間というハードなSF世界で、人間の愛の力を陳腐に感じさせないなんてスゴイ映画です。
    記憶を消してもう一回観たいくらいです。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 映像はけっこうがんばってる。

    理不尽な階級社会を是正しようとあれこれ奮闘する話。
    しかし、そうなる経緯が主人公の切羽詰った個人的な事情のためで、
    かつ、主人公の性格もただの不良というか共感できるような人間性があまりないため残念。
    主人公が身につける強化装備もデザインがダサい。
    映像はキレイだし、CGもかなり力はいってるだけに、
    ストーリーやキャラクターの表現部分でのマイナスがもったいないと感じました。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • メカデザインは日本人向けではない

    SF、メカ、異形の怪物が好きな人は楽しめる作品だと思います。
    個人的にはメカデザインがかっこ悪くて残念ですが、映像としては監督のこだわりでもある「重み」が伝わって素晴らしいです。
    ロボットものが好きな日本の映画やアニメも、この重量感を見習って欲しいです。
    芦田愛菜は、洋画に日本人が出るときの妙な違和感がなくて驚きました。
    菊地凛子はなんかちょっと違和感ありましたし、
    あの細い体で男主人公に棒術対決で勝つのは説得力ないと感じました。
    全体的にはストーリーも分かりやすいですし、楽しめます。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 花のようにいつも笑顔でいるのは、私には無理だ。

    スカッと爽快な物語ではありません。
    人生の楽しさと面倒くささを見せ付けられるような、
    人間関係の素晴らしさと鬱陶しさを再認識させられるような、
    けっこう生々しいお話だと感じました。

    おおかみこども達を一人で育てることになった花に対する、
    周りの人間達のつらい仕打ちを見て陰鬱な気分になったり、
    逆に支えてくれる人間達を見てほっこりしたり、
    成長したこども達の決断にまた辛くなったり、
    感情があっちこっち揺れ動いて落としどころが見つからず、奇妙な感覚を残していってくれた映画でした。

    おおかみこどもの幼少期のかわいらしさを
    アニメーションで上手く表現できていたのは素晴らしかったです。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • PUSH 光と闇の能力者

    DVD/CDレンタル

    Bleeder にはなりたくないですw

    個人的には、映像も話の進め方も全然チャチじゃなかったし、
    出演者も知ってる人が多かったので、すごく楽しめる映画でした。

    X-MENみたいにド派手な超能力と演出はあんまり出てこないですが、
    物質の見た目を変えたり、大声(超音波)で相手を攻撃したり、
    能力者から探知されない半径数メートルのフィールドを作ったり、
    能力者の系統によって”Move”、”Push”、”Sniff”などに分けていたり、
    ハンター×ハンターみたいな能力バトルで面白かったです。
    まあ、もっと上手く使えばいいのにというところもあるにはありますがw

    残念なのは映画のタイトル(邦題)と、主人公たちの目的が未達成のまま話が終わってしまったことです。
    尻切れトンボもいいところです。
    終わりよければじゃないですけど、やっぱり終わらせ方って大事ですからね。
    それでも、超能力系のお話やVFXが苦手じゃない人にはオススメできる作品です。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • タンゴが話に出てくるまで、君は耐えられるか!?

    フランス(に限らないかもしれないですが)の映画らしい映画。
    とでもいいますか、”恋愛もファッションでやる”みたいなところがよく感じられる作品でした。

    赤の他人同士が出会った瞬間に燃え上がってセックスしちゃうような、
    現実感とかストーリー性とか、そういうものに全く頓着しない演出に終始していました。

    過激なセックスシーンで有名な作品ですが、
    個人的には、観て楽しむ映画ではないように感じました。
    恋愛映画の教材のような感覚。
    映画の勉強とかしている人に向いている作品かもしれませんね。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • まんまと泣かされた

    犬が主人公の輪廻転生もの。
    「こちとら新作映画のCMに出てくるような大げさな客じゃねえんだから、
    そう簡単に泣くと思うなよ。」ってな感じで観たんですが、
    転生のたびに異なる犬生が描かれて、毎回見事に泣かされました。
    悔しいくらいに良く出来た作品です。
    よほどこういう作品が受け付けない人でなければ、おすすめです。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 今度のスパイダーマンはさらに細マッチョ!

    マーベル・シネマティック・ユニバースシリーズの16作品目になるらしいです。
    いつも通りのCG満載アクションが好きならそれなり楽しい映画です。

    シビルウォーの直後から物語が始まるので、前作を見ているとなおよし。
    スパイダーマンが自撮りした風のおさらい映像みたいなのが流れるので、見てなくてもそれほど問題はない。
    スーツがアイアンマンのトニー・スタークから貰ったものだったり、
    蜘蛛にかまれて能力を身に着けたことがセリフで軽く語られるのみだったりで、
    今までのスパイダーマン映画とは違って他作品とのクロスオーバー感が強いです。
    主演のトム・ホランド(当時20歳、ちなみに作品内では15歳の役)の若者感は歴代の中で一番かもしれません。

    なお、ウィキペディアによると、『副題の「ホームカミング」は「帰郷」を意味する英単語であるが、同時にアメリカの高校で卒業生を招いて開催されるパーティイベントの名称でもある。』とのこと。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • これは掘り出し物でした

    童貞であることにコンプレックスを持つ気弱な主人公が、気になる女の子と結ばれてスッキリする話です。
    父母、姉、兄、祖父のそれぞれの性生活も随所に描写されていて、モノが映らない以外はしっかりやっていてエロいんですが、
    それ以上に主人公の脱童貞の場面が長くて濃厚ですごい燃えます。
    挿入までのオドオドした感じから挿入後の積極的な感じの演技も自然だし、
    女の子も可愛くてスタイルもよく、経験者でちょっと慣れた感じの演技が上手かったです。

    ちょっとしたストーリーのあるエロを求めている方にお勧めです。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 何を忘却(Oblivion)したのか・・・とか言ってみる。

    監督が目指したとおり、エイリアンなどの暗くてグロくて汚いSFではなく(そういうのも好きですが)、
    明るくてキレイでスタイリッシュなSF作品になっています。
    建物も乗り物も衣装も未来的で、でも安っぽくなくて、住んでみたいとか乗って見たいとか思わせてくれます。

    内容としても、分かりやすい謎の異性人との戦いと、そこからのどんでん返しが用意されていて楽しめます。
    ただ、ラストシーンはちょっとガッカリするかもしれません。
    終わりよければではないですが、やっぱり終わり方って大事ですからね。
    そこをもっと改善できていれば、さらに素晴らしいSF作品として名を残せたのかも。

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • 面白くない

    映画を娯楽として楽しみたい人は観てはダメです。
    まったく面白くないですから。

    強調しすぎた内面描写とか、荒唐無稽な演出とか、意味不明なキャラクターとか、
    よくある分かりにくい日本映画が好きな人にはいいのかもしれないけれど。

    なんにせよ、ここまでバカやってくれれば、
    逆に原作のヒミズとは別物だと納得しやすくて助かります。
    主演の二人は痛々しいくらい頑張ってたけどね。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • アイアンマン2

    DVD/CDレンタル

    アイアンマンってもっと格好良かった気がしたけど・・・ま、いいか。

    アイアンマン2はSFアクション映画として十分面白い作品です。
    前作の評価もありますので、それを超えるようなものを求めるとさすがに厳しいのは事実ですが。

    出演者を見ただけで、風呂敷を広げすぎな感がヒシヒシと伝わってきますが、
    実際に観てみるとなかなかにまとまっていて、よくがんばったなぁという印象です。

    相変わらず、”世界平和は圧倒的な兵器(アイアンマン)のおかげ”なんて、厚かましく喧伝していますがw
    まあそんなことを気にするような繊細な映画じゃないですからね。
    単純にアイアンマンの活躍を楽しみましょう!

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • たくさんの人に観てほしい、和製アクション映画の怪作!?

    迫力あるアクションと、時折クスッと笑ってしまう掛け合いが魅力の優良娯楽映画ですね。

    金城武の演技には賛否あると思いますが、
    CGにあまり頼らないで、壁のぼりやら格闘やらワイヤーアクションやらをやっているので、
    ちゃんと人間の「重み」がアクションから伝わってきます。
    逆に、人の動きにCGを使っているところ(ちょこっと挿入されるだけの場面ですが)は軽く見えてしまって、
    ここら辺の出来はまだまだだなと思いますが。

    キャラクターについても、みんな一癖も二癖もあって、印象に残る人ばかりです。
    そのなかでも松たか子と國村隼がいい味出してましたね。

    アクション好きでフィクションを楽しめる人なら、観て損の無い作品です。
    こんなありきたりなレビューですが、読んでくれた人、"ありがとう"。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2