ヘルプ

レビュー情報

コロスケさん

  • レビュアーランキング

    2046

  • レビュー投稿数

    177

  • 参考になった割合

    69

並べ替え

  • やめとけ

     戦闘シーンは標準レベル。ストーリーは笑止千万。人をバカにするのもいい加減にしろ!戦闘シーンだけ使って別の戦争映画を作ったらいい。

    参考になった5

    投票数7

    参考になった5

    投票数7

  • パプリカ

    DVD/CDレンタル

    こんなモンかな

     制作年度の割に内容(画質)が古くさい。田舎の少女が娼婦としてのし上がってゆく一代記。昔のにっかつロマンポルノのイタリア版と言ったら、巨匠ブラス監督に失礼か?ただこちらはからりと明るく描かれている。淫靡さや汗臭さは感じられない。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 良く再現されている

     トップがアホだと部下がえらい目に会う。ただ戦争では往々にしてある出来事である。このトップの命令に黙って従うのが軍人の本分と考える部隊長。この部隊長の時刻丁度に吹く笛で、部下と共に死への突撃が開始された・・・。
     事実を忠実に再現しようと、服装、装備品、銃の型式までこだわっているようだ。戦闘シーンも平均以上の出来でなかなかリアルである(と思う。)。見所はこの正確な再現度だと思う。でもマニア向け映画ではない。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 内容は無い

     軍装品マニアが自主制作したような珍作。兵士達の軍装は本物やリアルな複製ばかり。車両も本物のレストアが出たりして。一応ドラマはあるのですが陳腐でどうでも良いです。末期ドイツ軍の軍服装備品に興味のある方なら必見?かな。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • マッシュ

    DVD/CDレンタル

    苦笑

     サザーランドが好きで見ましたが、相変わらずの怪演ぶりに満足。戦争のむなしさがメインタイトルでしょうが、どっか飛んでいってしまいましたね。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 何かよたとたしてる?

     老朽化した機体をそーっと飛ばしているのが見え見え。計器類も大分変えてあり、さらにエンジンも全くの別物?で内外の雰囲気がかなり違って見えます。経過年数を考えれば上等ですが迫力のなさは覆うべきもありません。52型はほぼオリジナルで印象も良いのですが、無理させないようそーっと飛ばしていました。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 日本兵はハンターの獲物か?

     やたら哲学臭く、うさんくさいだけでなく、戦闘シーンがひどすぎる。日本の野戦病院で傷病兵を射殺するわ、銃を構えた所に日本兵が順番に出て射殺されるわ、戦場の悲惨さを表現したかったのだろうが、日本人をバカにしてるのか?

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 意外な展開

     マルメディー事件はあくまでも導入部ですが、珍しく正しく再現されているようです。逃走する兵士達が主役です。この逃走する兵士達の逆捕虜となったドイツ兵神父の人間性がこの作品のテーマです。邦題を「戦場の神父」とでもしたほうがしっくりくるかも。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 淡々と且つ粘り強く

     スターリングラード戦前のソ連軍が負け続けていた頃の話。まじめに戦っているのに後退を続ける兵士達に国民達も厳しい。兵士達それぞれにも事情がある。戦闘シーンも及第点だが、ドラマとしても良い作品。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 史上最大の作戦

    DVD/CDレンタル

    いい作品になりました

     ライアンの原作を良く生かした佳作。古き良き戦争映画です。当時のレベルからすればドイツ軍の軍装再現度はこれで妥協しましょう。クルト・ユルゲンスのドイツ将軍ぶりはこれ以上ないほど渋くハマってます。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 成功した方向転換

     本家プログレバンドが派手な方向転換をした。プログレもやっぱりロックであると、フリップは再認識したのだろうか。総員入れ替えでがらりと変わった。プログレのあり方を考えさせられる逸品。それでも中世趣味がちらほら残っているあたりやっぱりクリムゾンだなあ。太陽と旋律パート2が始まったところで脳天をうち砕かれました。 

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • ここどこ?

     ストーリーもよく問題提起や戦争の悲惨な側面がきちんと描かれている。が、ロケ場所はどこだ?関東周辺の丘陵地帯か?植物相が全く違い熱帯ジャングルに見えない。この違和感が著しくリアルさを損ね、この作品を台無しにしている。せめて沖縄かグアム、サイパンあたりで主要部分のロケをしていれば・・・残念!

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • トラトラトラ!

    DVD/CDレンタル

    皆さん見ましょう

     アメリカ人歴史家ゴードンプランゲ氏の著作を元にした、史実に基づく映画。当時のこと故CG等なく本物の改造戦闘機での撮影、セットや破壊シーンの豪快さは比類ない物。また俳優陣もよく選ばれていて田村の淵田隊長役や内田の東條役ははまり役。ト連送から「トラトラトラ」発信までの緊張感は息をするのも忘れるほど。またこの映画からも、太平洋戦争を本当に望んでいたのはアメリカ政府首脳部の方であったことが垣間見れる。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • ポセイドン

    DVD/CDレンタル

    いいんじゃない?

     前回の「アドベンチャー」はハックマン。今回はラッセル。どちらも男臭い良い俳優さんです。リメイクだけあって、CG等の効果でリアルです。しかし、監督がペーターゼンって本当?「Uボート」であれだけドラマチックに人間の悲哀を表現した人の作品とは思えない。画像がリアルになった分、内容が薄くなった印象を受けました。ドラマ重視から映像重視へとリメイクされたのかな。個性派俳優達のディティールを生かし切る、力作にして欲しかった。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • ああ日本人

     一部を残し日本民族は脱出した。それぞれの任務を最後まで続ける2人は未だ脱出できず、がれきの東京をさまよっていた。刻一刻と沈む寸土と化した国土。既に脱出船はすべて出航した後。2人は脱出できるのか?でエンド。結局一気に26話見てしまいました。

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • なつかしかー

     子供のころの思い出とごちゃ混ぜでストーリーが思い出されます。由実かおるが若くてかわいい。ドラマとしては台詞がくさいのがちょっとね。

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • 佳作ですね

     スターリングラード戦を扱うととかく大作になりがちですが、主人公の少尉らを切り取って扱うことでコンパクトにまとめた作品。防衛戦から生存競争へと様相が変化する中で主人公の人間性が問われている。軍服等レプリカを混ぜながら、再現度は高いレベルです。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 良く再現されている

     敗戦時のドイツ軍の様子が、内部からの目で描かれています。軍装の再現度も良好で、雑多な装備品をあるだけ使っている感じが良く出ています。崩壊しつつある組織内での反目や裏切りなどが絶望的に描かれています。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • 佳作

     全盛期のサウンド。アンダーソンの甲高いボーカルが印象的。ゆったりと安心して鑑賞できます。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2

  • あゝ声なき友

    DVD/CDレンタル

    声が出なくなる程切ない

     生き残った人間の努め、自分だけ生き残った事への申し訳なさ。復員兵士達の戦後の1つを切なく描き出しています。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2