ヘルプ

レビュー情報

きゅーさん

  • レビュアーランキング

    2335

  • レビュー投稿数

    443

  • 参考になった割合

    78

並べ替え

  • 勇者たちの戦場

    DVD/CDレンタル

    苦悩する4人の物語

     タイトルに「戦場」の文字が入っているが、これは戦争映画ではない。
     ゆえに、派手な戦闘シーンを期待すると肩すかしを喰うが、過酷な戦地から帰還した4人の苦悩を描いたヒューマンドラマとして観れば、これはこれでなかなか良い。

    参考になった13

    投票数15

    参考になった13

    投票数15

  • アクションシーンはさすが

     モスクワ・パリ・イタリア・クアラルンプール・ノルウェーと世界各国を股にかけたロケと、おそらくはCGを使っていないであろう爆破・戦闘シーンは一見の価値がある。強いて言えば、登場人物が多すぎてストーリがちょっと複雑なところが難点か。
     核爆弾が仕掛けられた都市のひとつが東京なのは、東京都民としてはちょっと複雑。東京の街並みが映る時に某生命保険会社の看板がワザとらしく出るが、タイアップしているのか?(笑)
     B級映画のヌルいアクションやバレバレの粗いCGに飽き飽きしている人にはお勧めの作品だ。

    参考になった5

    投票数6

    参考になった5

    投票数6

  • 謎の円盤 UFO VOL.1

    DVD/CDレンタル

    今観てもなかなかいい

     かつてテレビで放送されていた頃は観ていなかったが、サンダーバードに負けず劣らずの良い出来である。やたらとタバコをプカプカ吸うシーンがあったり、コンピューターのディスプレイがブラウン管なのが時代を感じる。
     スカイ1などのメカの特撮シーンは、サンダーバードの流れを受け継いでいる。デジタルリマスターされているのか、40年近く前の作品なのに画像は非常に鮮明だ。
     SF作品が好きな方にお薦めの作品。
     

    参考になった5

    投票数5

    参考になった5

    投票数5

  • レベル低すぎ.....。

     「ある日突然、アメリカの大都市に巨大UFO飛来」→「巨大UFOから無数の小型UFOが飛び立って街を攻撃」→「アメリカ軍は対抗するも、まるで刃が立たず」→「アメリカの軍人が敵の小型UFOに乗って巨大UFO内部に侵入」→「巨大UFOを破壊してメデタシメデタシ」....って、大作の「インデペンデンス・デイ」と筋書きはソックリ。
     しかし、B級作品ゆえにCGはショボショボ。敵のエイリアンはほとんど姿を現さず、地球に来た目的もイマイチ不明。
     ”「インデペンデンス・デイ」を9割カットの予算で作ったらこうなりました”といった感じのショボすぎるSF作品。観たければ勝手にドーゾ。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 観るに耐えない.....orz

     全編に渡って映像が暗めなので、画面に粗さが目立つ。宇宙船のCGは、一昔前のテレビ電話の映像かと思うほどカクカクしていて、レーザーガンの発射光や着弾光も「いかにもCG」といった感じのテキトーなもの。肝心のエイリアンの姿はほとんどと言っていいほどわからない。
     ストーリーは、本家「エイリアン」の2と3を足したようなもので、ところどころに本家のパクリのようなシーンがある。
     遠い宇宙の惑星に行ける時代の話だから、少なくとも今から200~300年後のことだろうが、通信用のマイクがカールコード付きというのは「?」
     観る前から期待はしていなかったが、これほどひどいものだとは思わなかった。観る価値は無い駄作。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • コマンドーR

    DVD/CDレンタル

    「本家」に似すぎ

     ストーリーは、シュワルツェネッガー主演の「本家」のものを忠実になぞっている。それゆえ、本家を観たことがある人だと、先の展開が見えてしまうのが難点か。もちろん、本作なりのアレンジが加えられている部分はあるものの、その数は少ない。
     ラスト近くの戦闘シーンも、本家と比べると迫力不足なうえに時間が短い点が不満。また、本家にあった「タイムリミットがあることによるハラハラ感」も実に希薄だ。
     本家を観たことが無い人なら楽しめるかもしれないが、観たことがあるならパスした方がいいだろう。ガッカリさせられるに違いないから。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • 全くの期待はずれ

     どうしてジェーンがウィルスに感染することで驚異的な身体能力を得たのかというくだりがほとんど無いし、緑色のアンプルの正体もよくわからない。
     パッケージにあるようなアクションシーンは無いし、大した盛り上がりもないストーリーで、おもしろくない。
     次回作があることを匂わせるようなエンディングだったが、仮にあったとしても観ないだろう。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • なかなかいい

     アクションもストーリー展開もなかなかいい。
     しいて言えば、エリトリアに置き去りにされたスワガーがなぜアメリカに戻れたのかとか、FBIの若手捜査官メンフィスが悪者に拉致されて監禁された場所をなぜスワガーは突き止めることができたのかといった部分が描かれていたかったのはチト残念だった。
     数々の爆破シーンはガチンコなのかCGなのかわからないが、CGだとしたら出来はいい。
     「リーサル・ウェポン」や「プレデター2」でヒーローを演じているダニー・グローヴァーが、本作では汚れ役なのはちょっと珍しいかも?
     アクションものが好きな方にお薦めの作品。

    参考になった4

    投票数5

    参考になった4

    投票数5

  • B級作品にしてはなかなか良い

     全体的に、退廃的というか絶望感を感じさせられる重く暗い作風である。
     カメラの長回しで、1シーンがかなり長いところが随所に見られる。タイミング良く計算された演技には感心した。あれでNG出したら大変だったろうなぁ....。
     ラスト近くの戦闘シーンは、実写なのかCGなのかはわからないが、「もしかしたら本当に1人くらい死んでるかも?」と思わせるような迫力。
     惜しいのは、人類に子供が生まれなくなった理由が語られていなかったのと、ヒューマン・プロジェクトが何だったのかイマイチわからなかったこと。それを除けば及第点の作品である。

    参考になった4

    投票数5

    参考になった4

    投票数5

  • CGの質感が.....orz

     ストーリー展開はまぁまぁいのだが、いかんせん質感が乏しいCGが足を引っ張っている。低グレードの一般大衆車のように、低コストが見え隠れする作品。

    参考になった4

    投票数4

    参考になった4

    投票数4

  • キル・ビル Vol.1

    DVD/CDレンタル

    これはスプラッター映画?

     物語の随所で繰り広げられる殺りくシーンは、「13日の金曜日」のジェイソンや「スターシップ・トゥルーパーズ」のバグズも尻尾を巻いて逃げ出すほどのスプラッターぶり。
     この映画を観た外国人が、「日本人はみんな刀を持ち歩いている」なんて誤解しなけりゃいいんだけど(笑)

    参考になった4

    投票数5

    参考になった4

    投票数5

  • ターミネーター2525

    DVD/CDレンタル

    観るに値しない!

     制作は2010年とつい最近の作品なのに、まるで40年前のものかと思うくらい映像が粗いし、爆発時の炎などの合成が実にお粗末。本当はどこかの映画愛好家が作ったんじゃないか?
     ストーリーも大したことはない。頑丈そうな警備ロボットは銃弾一発でアッサリやられちゃうし、変なCGネコ?が光線を出したりと、ワケワカなところが多すぎ。
     死ぬほどヒマがあっても観ない方がいい駄作!

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • ただただ退屈........

     地下施設が舞台のせいか、映像が暗めで肝心なゾンビの姿がよくわからない。
     そのゾンビにしても、出てくるのはずっと後。最初の数十分は、地下施設内での生活ぶりがダラダラと描かれているだけで、かなり退屈。
     途中で、冷気を発して緑色に光り輝くクモのような「インビジブル」と呼ばれる生物?が出てくるが、それについてのくだりは何も無し。あれは一体なんなのか?
     かなり退屈で観るのがつらい作品だが、ラストはちょっと衝撃的かも?

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 東京湾炎上

    DVD/CDレンタル

    特撮はいいのだが.....

     東宝の作品だけあって、石油基地爆破などの特撮シーンの出来はさすがだ。
     ただ、肝心のストーリーはイマイチ。藤岡弘氏が演じる次郎と金沢碧氏が演じる未知子の関係は今ひとつわからない。また、水谷豊氏が演じたムンク(日本人)がなぜ他国のゲリラに肩入れするのかといった、ゲリラ側の背景がほとんど描かれていなかったのは不満。
     明日にでも同様の事件が起こりかねないリアリティーはあるが、特撮シーン以外の見どころは少ない。

    参考になった3

    投票数4

    参考になった3

    投票数4

  • 過度な期待はしない方が.......

     ストーリー展開はまぁまぁいいのだが、パッケージにあるようなワイルドトラックによるクラッシュシーンはほとんど無くて、回想場面で出てくる事故のシーンの方がクラッシュ度が高い(笑)
     過激なカースタントシーンに期待すると肩すかしを食うかも?

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • もうメチャクチャ........

     冒頭での宇宙船戦闘シーンは、ふた昔前のシューティングゲーム並みに酷いCGで、早くもここで観る気が失せる。小型の宇宙戦闘機で襲ってきた敵は、果たして地球人の反乱分子なのかエイリアンなのか不明。
     謎の惑星に漂着してからも、観ている者を置いてきぼりにしたわけのわからないストーリーが勝手に展開した後、思わず「ええっ?!」というシーンで唐突にエンディング........。
     観る価値は全く無い駄作!
     

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • 電送人間

    DVD/CDレンタル

    昭和の香りがします

     ストーリーもさることながら、観音開きドアのクラウン・赤色回転灯が無い外車のパトカー・舗装されていない道路など、1960年代の街の様子がレトロ感を誘う。
     平田昭彦や大村千吉といった、今は亡き名優達が脇を固めているのもいい。観て損は無い一作。

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • デッド・フライト

    DVD/CDレンタル

    終わり方がちょっと.....

     旅客機が嵐や雷に巻き込まれた影響で機内にトラブルが発生し...というパターンはありきたりなので、その点にもうちょっとヒネリが欲しかった。
     ゾンビがワラワラ出現して機内が血まみれになるあたりは、「キルビル」のザ・ブライドも顔負けだろう(笑)
     まぁまぁ面白いが、物語の最後は「えっ、そんな終わり方でいいの?」というほど物足りないもの。続編があるのか?

    参考になった3

    投票数3

    参考になった3

    投票数3

  • ワケわからん

     ストーリーが全く理解できなかった。おまけに、暗い室内のシーンが多く、観づらいったらありゃしない。時間の無駄だった.....。

    参考になった2

    投票数2

    参考になった2

    投票数2