サイト内検索

レビュー情報

気ままな道楽者さん

  • レビュアーランキング

    228

  • レビュー投稿数

    754

  • 参考になった割合

    63

並べ替え

  • オーケストラ!

    DVD/CDレンタル

    お勧め感動大作

    とんでもない企画を無謀にも企てる元指揮者と仲間達、シリアスな話と、フランス映画特有なおバカが絶妙に絡み合って、最後は感動で涙せずにはいられない。2時間という時間を感じさせない感動作。老若男女にお勧めです。
     テーマ:チャイコフスキーのバイオリン協奏曲の、哀愁を帯び、過酷で、しかも雄大な曲想には、本作の隠された過去を暗示するものがある。

    参考になった21

    投票数25

    参考になった21

    投票数25

  • よくできた空想物語

    国を救うのは子供というのは良くある話、何かの扉から別世界に行くというものよくある話、魔女と戦いもよくある話、それでいながら企画が練られ映像が精巧に作られているので迫力はあるし、清々しい印象を与える。2時間以上なのに飽きない。
    動物が人間の言葉をじゃべったり、人間のように振舞うように見せられるのはCGの賜物だろう。NGシーンで映画ではライオンがいるはずなのに、実際は人間がそこにおり、映画作りの一端が見られてなかなか面白かった。

    参考になった20

    投票数23

    参考になった20

    投票数23

  • ツーリスト

    DVD/CDレンタル

    内容はどうあれ、雰囲気だけで

    ジョニ・デップかアンジェリーナ・ジョリーがベネチアに行ってみたいと言って、もう一人の相手を選んだ・・そんな感じの映画。そりゃあ一流の男女が主役とあっては、雰囲気だけでエンターテインメントとしては十分。何よりも二人が如何にも楽しそうに演じているのが良い。内容は二の次。続作も楽しみ。今度はどこに行きたいと言うのだろうか?

    参考になった19

    投票数23

    参考になった19

    投票数23

  • イヴの時間 劇場版

    DVD/CDレンタル

    一風変わった教育的作品

    たかがアニメと言うなかれ!、たかがアンドロイドの話と言うなかれ!我々に人間愛、親子愛、男女愛、思いやり、そういうものを深く考えさせてくれる。映像を止める技法も効果的。それぞれに感じ方が違うだろうが、何かしら得るものがある教育的な作品だ。
    ただ良く見ないと、良く見てもわからないかもしれないが、ここに至った経緯は謎が多い。わざとぼかしたのだろう。ワンピース、ロビン役でお馴染みの山口さんの声が印象に残った。

    参考になった17

    投票数23

    参考になった17

    投票数23

  • 視点を変えたビュー、新鮮だった

    全米映画誌では酷評もあったが、私は高い評価を与えたい。ひとつの悲惨なイベントを複数の視点から見せ、視聴者に次第に真相に迫っていく感覚を持たせる。おもしろい試みだと思った。スピード感もあり手に汗握る。デニス・クイードが主役なのだが、一番存在感があったのはただの見物人フォレスト・ウィテカー。

    参考になった15

    投票数16

    参考になった15

    投票数16

  • インセプション

    DVD/CDレンタル

    監督の自己満足?

     人の夢に入り込んで、ある意識を植え込む能力、これを利用したサスペンスが展開される。ただし筋を丹念に追おうとすると、すぐ破綻をきたす。ある程度、「そういうものだ」と受け入れないと最後まで見るのは辛い。しかも夢の中でまた夢に入りこむという、入れ子構造。混乱の極みである。
     穿った言い方をすれば、こういう世界を描きたかったという、監督の自己満足。視聴者はこれに付き合わされるが、迫力、夢の中の非現実な現象の描写、に惹き込まれつつ、時々我に返ってみる。そんな体験をして時間が過ぎる。

    参考になった14

    投票数20

    参考になった14

    投票数20

  • ヒックとドラゴン

    DVD/CDレンタル

    見てよかったという満足感!

    視聴後感が実に良い。泣いたり笑ったり感動したり、全ての感情を出し尽くした満足感というのだろうか・・嘘だと思ったら体験してみると良い。お勧めです。
    ヒックと行動を共にする事になるドラゴンがいかにも作り物なのが気になったが、これも意図したものらしい。アニメーション分野でも日本はアメリカにかなり肉薄されたと感じた。

    参考になった14

    投票数15

    参考になった14

    投票数15

  • 全てに大掛かり

    人間が滅びた後の、全てが無機物の機械の世界、ロボット活劇が細かいところまでリアルに描かれる。ロボット人形をはじめとして描写は相当凝っていて、迫力・スピード感ともに想像を絶する。
     内容は極めて単純で視聴後感は良いが、大掛かりな映像に圧倒され、内容が二の次になる気も・・・石ノ森章太郎の名作・サイボーグ009をヒントにしているみたいだ。

    参考になった14

    投票数17

    参考になった14

    投票数17

  • 96時間

    DVD/CDレンタル

    凄い迫力とリアリティ

    攫われた娘を追う父親の奮闘と言えばそれまでだが、科学的捜査方法や勿論アクションシーンがフィクションに見えない程のリアリティがある。久しぶりに興奮するアクションもの。
     愛する娘を傷つけた怒りから暴走がちな状況で、実に冷静な行動。何人死んだかわからないが、父親の愛情を応援する気持ちが後押しするからか、それほど悲惨には感じない。静かなる怒りを秘めた父親の冷静な捜査・潜入が見るものをひきこむ。

    参考になった14

    投票数17

    参考になった14

    投票数17

  • 第9地区

    DVD/CDレンタル

    最後はエイリアンを応援してしまった

    話の構成がしっかりしていて面白く、ただのドタバタ劇に終わっていない。異文化、異民族との共存という大きなテーマもベースにある。家族愛・仲間意識なんていうのも出てくる。異文化の受け入れを阻害する要因は”エゴ”。最後はエイリアンを応援してしまった。
     ギャラリーを見て初めて主役はわざと訛ったしゃべり方をしていたことがわかった。

    参考になった13

    投票数18

    参考になった13

    投票数18

  • ヨガの教則本

    ヨガの教則本だと思った方がいいでしょう。岡田さん意外に体が柔らかい。着エロの期待はしてはいけません。期待するとするとメーキングの一部ぐらいか?・・・

    参考になった13

    投票数16

    参考になった13

    投票数16

  • 推理映画ではなくホームズ・ワトソンの人物像を楽しもう

    一般的なイメージとはかけ離れてはいるが、ホームズ人物像は原作に意外に近い。ずっと無口だったかとおもえば急に陽気になってとんでもないことを仕出かす。フェンシング、ボクシング、剣は相当なもの。身長は6フィート以上で筋肉質でスリムに見える・・等。今までのホームズ像に慣れ親しんでいる人に意外性と驚きを与えると言う点では成功したと言って良い。ワトソンは戦争で骨を砕かれたり腸熱に冒されたり、どこか暗いところも感じられる。
     肝腎な推理ドラマは、コナン・ドイルの原作にはないので、オリジナルらしい。ホームズに絡む女性アイリーンは原作”A Scandal in bohemia"のヒロインだったりするが。推理ではなく、出演者の人物像に注力した形だ。2012年に続作が出るらしいが、モリアティー像をどう作るのだろうか?

    参考になった12

    投票数12

    参考になった12

    投票数12

  • ダークナイト

    DVD/CDレンタル

    タイタニックに次ぐ歴代2位の成績をあげた原因とは

    全米ボックスオフィスで5億ドル超の売り上げを上げた驚異のバットマンシリーズ。その原因はジョーカ役のヒースレジャーの好演と演じた俳優自身の不慮の死、正義と悪が紙一重であることを深く掘り下げた点といったところか。
    過去のシリーズに比べ、ジョーカの役作りが違う。ニコルソンの諧謔的な残酷さに対し、レジャーは病的で沈痛な残酷さ。バットマンとジョーカの対比で勧善懲悪をはっきりさせないところも異なるように思った。

    参考になった12

    投票数18

    参考になった12

    投票数18

  • 音楽家を題材にした第12作~切ない

    私自身がクラシック音楽愛好家だからかもしれないが、歴代12作の中で1、2を争う作品だと思う。もの悲しく切ない犯罪、アメージング・グレースが胸を打つ。故・坂井泉水の透明感のあるエンディングが更に心に染み入る。
    コナンは音痴なのに、絶対音感があってバイオリンを弾くとは知らなかった。

    参考になった12

    投票数13

    参考になった12

    投票数13

  • おじさん達の夢をのせて

    エクスペンダブル-消耗品軍団、決してスマートではないが、おじさん達の気骨・ロマンといったものを見させてくれる。ぼこぼこになっても、実に爽快というか、痛快というか、とにかく”格好良い”
    殆どがアクションシーン、しかも銃炸裂、火炎渦巻き、派手で、動きも目がついていけない程速い。映画としての評価は高くないが、スカッとする。

    参考になった11

    投票数14

    参考になった11

    投票数14

  • 告発のとき

    DVD/CDレンタル

    イラク戦争の痛烈な批判

    息子を無残に殺された父の怒りはどこに向ければよいのだろうか。やさしいマイクが戦地の異常経験を経て人格まで変わってしまう受け入れがたい現実、殺した相手を恨めない辛さ。実話から発想しただけあってドキュメンタリーのようなリアルな進行。陰湿で過激で希望の欠片もない。イラク戦争に送り込まれた若者の悲劇を二度と起こしてはならないという強いメッセージ。
    真実を暴こうとする苦悩の父親役の、トミーリージョーンズの存在感に圧倒された。

    参考になった10

    投票数11

    参考になった10

    投票数11

  • フィクサー

    DVD/CDレンタル

    もみ消し屋が正義を貫くとき

    自分が狙われたからか、友人が消されたからか、訴訟を起こされサポートしている会社の秘密をあばく、もみ消し屋・マイケルクレイトン。
    人には強いことを言っておきながら、ギャンブルに手を出す精神力の弱さ、いとこの借金を自分が払おうともがく・・。複雑な人間像をクルーニが演じる。
    二回見ないと内容を理解できなかったが、なんとも独特な無力感が余韻に残る。

    参考になった10

    投票数13

    参考になった10

    投票数13

  • 運命のボタン

    DVD/CDレンタル

    これも人間の性か? 

    予告を見て面白いと思って借りたのだが、予想より暗くてシリアスだった。全く科学で説明できないことが次々に起こり、やや混乱気味だが、そういうものだと思って見ると、分からなくはない。が、結局何が言いたいのか良くわからない。
    二者選択を迫られた時、しかもそれが、フェイクじみている時、果たして人間は最善の選択をできるのだろうか?この映画に出てくる人達の選択は、人間の性とも言える。不幸は永遠に繰り返される運命なのだろうか?

    参考になった9

    投票数10

    参考になった9

    投票数10

  • ディカプリオ熱演

    何を書いても”ネタバレ”になりそうな本作。関連サイトでは二度目に気付いた”おかしなところ”の募集がされていた。眼の動きがポイントだそうだ。何が現実で何が幻影か、それが後から見るとわかる。幻想シーンは特に映像が綺麗。最後の15分は驚きの連続かもしれない。ディカプリオがこれだけ熱演してもアカデミー賞を取れないのも不思議だ。

    参考になった9

    投票数13

    参考になった9

    投票数13