ヘルプ

レビュー情報

OKIKUさん

  • レビュアーランキング

    78262

  • レビュー投稿数

    1

  • 参考になった割合

    66

  • 最新型と大差ない旧型 細かな教育が可能

    ▼朗読する読み上げソフトが欲しかった
    囁くような微睡むような、優しい声で読み上げてくれる双子の姉妹。
    朗読やテスト問題、メールのタイプミスなどを探すときに読み上げてもらう。


    ▼細かな教育、フレーズ(一文)~文字通り一字一句
    設定したフレーズを保存しておくことが可能。呼び出す場合はテキストボックスに打ち込んだ一文をまるごと書き起こす必要がある。
    [フレーズ編集]→イントネーション下[一覧]から呼び出せるので、登録さえしてあればなんとかなる。


    ▼▼声の大きさ、高さ、速度、抑揚、句切りをあらかじめ設定して読み上げさせられる
    上記の四項目の設定は、『音声効果』『イントネーション』の二つで設定。

    ・音声効果は「どう読み上げるかのベース」
    ・イントネーションは「音声効果(以下効果)に基づいた細やかな調整」

    【効果の数値+イントネーションの数値=読み上げ音声に反映】

    効果を設定するだけでも十分聞き取りやすい。
    しかし漢字の読み間違い・違和感のある音の句切り(以下ポーズ)が散見するので、「イントネーション」から読み方や句切りを要教育


    ▼ポーズを使いこなすと内容をより理解しやすく
    『ポーズ』『記号ポーズ』『イントネーション』、三項目。1000ms=1秒

    ・『ポーズ』設定の土台、音声効果のポーズ版。「文中短ポーズ」「文中長ポーズ」「文末ポーズ」「開始ポーズ」「終了ポーズ」。短/長/末を調整しておくと聞きやすい。
    ・『記号ポーズ』「#@■●▲」←全角、5000msまで設定可能。いずれかがテキストに入力されていた時に登録ms分休む。チェックでオンオフ。
    ・『イントネーション』では『ポーズ』で設定した短/長と任意(~30000ms)。細かな設定をしたいとき。


    ▼声は小さめ
    音声編集ソフトなどで一括解決できるが、効果で2.00に。機械の読み上げなので大きくない方がいい人もいるかも。


    ▼話速
    声がかなり優しめなせいか遅めに聞こえる。効果の設定が1.30ならハキハキ話す。細かな緩急はフレーズ編集で。


    ▼声は高め
    0.80の高さからが本領発揮と言える。落ち着いた優しい声で読み上げる。
    個人の好みによる為、AHSの本製品ページにてお試し可能。製品版では0.50~2.00。


    ▼抑揚は葵を高めに、茜を若干高めにするとメリハリが
    この辺も好き好き。葵の場合は1.70、茜の場合は1.10くらいがほどよいメリハリ。0.00で宇宙人に。

    購入・利用済み

    参考になった2

    投票数3

    参考になった2

    投票数3

  • 1