ヘルプ
MENU

ジャンルから探す

山賊の娘ローニャ

お気に入り登録数
1
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【原作】
アストリッド・リンドグレーン 「山賊のむすめローニャ」(大塚勇三 訳)
【シリーズ構成・脚本】
川崎ヒロユキ
【題字】
鈴木敏夫
【キャラクターデザイン】
近藤勝也
【音楽】
武部聡志
【音響監督・音響効果】
笠松広司
【アフレコ演出】
木村絵理子
【アニメーションプロデューサー】
小林毅、高久美知子
【制作統括】
有吉伸人、柏木敦子、土橋圭介、太田豊紀
【プロデューサー】
川上量生
【監督】
宮崎吾朗
【アニメーション制作】
ポリゴン・ピクチュアズ
【制作協力】
スタジオジブリ
【制作】
NHKエンタープライズ
【制作・著作】
NHK、ドワンゴ
【オープニング・テーマ】
「春のさけび」作詞:宮崎吾朗、作曲:谷山浩子、編曲:武部聡志、歌:手嶌葵
【エンディング・テーマ】
「Player」作詞・作曲:斉藤和義、歌:夏木マリ
▼全て表示する
ジャンル
平均評価
レビューを見る

普段は人が入り込まないような、深い、深い森の奥。その森に囲まれた山の頂にある廃墟と化した城を根城にしているのがマッティス山賊だ。頭のマッティスと仲間たちは谷間を通りかかる商人たちを襲っては生計を立てていた。 雷鳴がとどろき、鳥女が叫ぶ嵐の夜、激しい雷が落ちて城が真っ二つになってしまう。そんな大変な夜に、マッティスに一人娘が生まれた。名前はローニャ。山賊の娘ローニャ。 マッティスや母のロヴィス、そして山賊たちに見守られながら、すくすくと成長したローニャは、ある日、城を出て一人で森に行く許しをもらうことになった。しかし、生まれて初めて出た外の世界は、美しいと同時に不可思議な生き物たちの棲む恐ろしいところでもあった。ローニャは自分の力で、また父や母の助けを借りながら、徐々に森で生きるすべを学んでいく。 そしてある日、ローニャは、ビルクという名の少年と出会う。ビルクはマッティスが対立する山賊の頭ボルカの息子で、ローニャたちが知らぬ間に、裂けた城の反対側へ引っ越してきたのだった。 はじめはビルクとぶつかり合っていたローニャだったが、森の中で助け合ううちに、いつしかお互いを「きょうだい」と呼ぶほどに仲良くなっていく・・・ これは一人の少女の成長をとおして描く、家族の物語。

ご購入はこちらから

お得なパック一覧

  • 全話

    第3話~第26話

    視聴期限
    30日間
    価格
    1,848円
  • 第3話~第6話

    視聴期限
    7日間
    価格
    352円
  • 第7話~第11話

    視聴期限
    7日間
    価格
    440円
  • 第12話~第16話

    視聴期限
    7日間
    価格
    440円
  • 第17話~第21話

    視聴期限
    7日間
    価格
    440円
  • 第22話~第26話

    視聴期限
    7日間
    価格
    440円

単話一覧

並び替え

第1話~第2話 初回拡大スペシャル~かみなりの夜の子~ 無料視聴作品

普段は人が入り込まない、深い森の奥。森に囲まれた山の頂の古い城に暮らすマッティス山賊は、谷間を通りかかる商人たちを襲っては生計を立てていた。 雷鳴がとどろき、鳥女が叫ぶ嵐の夜、激しい雷が落ちて城が真っ二つになってしまう。そんな大変な夜に、頭のマッティスに一人娘が生まれた。名前はローニャ。山賊の娘ローニャ。

▼もっと見る

価格無料

収録時間46分

第3話 森と星と小人と

目を見張るほどの巨木、溢れる川の水、沢山の生き物たち…ローニャはマッティス森の自然を前に圧倒されつつも、その魅力を心ゆくまで楽しんでいた。初めての森で世界の広さを実感するローニャは、岩場の上でついうとうとしてしまい…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第4話 聞こえる口笛

森で怖がらないための練習を始めたローニャは、恐ろしい鳥女を挑発してしまい、追い回されてしまう。仕方なく城に戻ったローニャが、城の大きな裂け目の「地獄の口」で思いがけず目にしたのは…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第5話 城にはいった敵

「地獄の口」で、ビルクと名乗る男の子と出会ったローニャ。何とビルクはマッティスと対立する山賊の頭ボルカの息子だった。聞けばビルクたちボルカ山賊は、昨日からこの城の北側に住み始めたのだと言う。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第6話 にらみあう山賊たち

城の北側に引っ越してきたというボルカ山賊を見張るマッティスたちの前に、ある朝、ボルカと妻のウンディスが、12人の山賊をたずさえて突如現れた。地獄の口を挟んで北と南でにらみあう山賊たち。ローニャは、一団の中にビルクの姿を見つけると…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第7話 霧の中の歌声

ある日、森へ出かけたローニャは、思いがけずビルクに出会う。言い争ううち、二人はいつしか濃い霧に包まれてしまった。深い霧の中で迷う二人の耳に、甘く美しい歌声が響く。歌声に誘われ、森の中へ進もうとするローニャをビルクは必死に食い止めようとするが…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第8話 深まる森の秋

マッティスは、ボルカを城の北側から追い出そうと、あの手この手を尽くすが、中々うまくいかない。そんな大人たちの様子を横目でみながら、森へ出かけるローニャ。秋は深まり、森には冬が訪れようとしていた。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第9話 ぬけられない雪の穴

すっかり雪景色に覆われたマッティス森。山賊たちは雪かきと水くみに追われるつらい毎日を送っていた。ローニャはスキーの練習に明け暮れる楽しい日々を過ごしていたが、ある日、急斜面を降りるときに転んでしまい…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第10話 きょうだいの誓い

スキーの練習中に雪の穴に足か?はまり、抜けなくなってしまったローニャ。雪が降ってくる前になんとかしなければと焦るが、ローニャの前に現れたのは鳥女だった。鳥女は鋭い爪でローニャをつかみ、穴から引き抜こうとするが…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第11話 こっそりとやること

森でビルクに助けられた翌朝、ローニャは高熱を発して倒れてしまい、3日もの間ベッドで寝て過ごすことになる。その間も、ローニャはビルクのことが頭から離れず、ビルクと一緒にいたいと思うのだった。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第12話 地下室の口笛

ビルクに会いたい一心で、地下通路を塞いでいる石をどかし続けたローニャ。ついに石の壁の向こう側から、ビルクの口笛が聞こえてきた。再会を喜び合う二人だったが、ローニャはビルクがひどくやせていることに気づく。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第13話 あわれな山賊たち

厳しい寒さがようやく和らいできたある日、マッティス山賊たちにロヴィスの厳格な号令が飛んだ。冬の間ため込んだ汚れを落とすため、裸になって次々と雪の中に飛び込めというのだ。山賊たちは抵抗するが…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第14話 すばらしい春に

マッティス城をとりまく森にようやく春が訪れた。久しぶりに森で再会したローニャとビルクは、穏やかな春を満喫しながら自分たちの野馬を捕まえようと奮闘する。ようやく捕まえた野馬に二人は「アバレンボウ」と「ムコウミズ」と名前をつける。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第15話 はてしない争い(前編)

ボルカ山賊との争いで、矢をくらったストゥルカスがひどい怪我をしてしまう。日に日にボルカとマッティスの対立は激しさを増し、ローニャとビルクは不安を隠せずにいた。そんなある日、森で過ごしたローニャが城に帰るとそこには…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第16話 はてしない争い(後編)

城の大きな裂け目「地獄の口」でにらみ合うマッティス山賊とボルカ山賊たち。マッティスの側には、ひもで縛られたビルクの姿があった。息子をいますぐ返すように求めるボルカに、マッティスはなかなか首を縦にふろうとしない。その時、ローニャが…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第17話 ふたりの引っこし

地獄の口での対決の後、ローニャは毎日森に出かけたが、ビルクはやってこなかった。ビルクの様子がわからない中、ただ待つだけの日々を過ごすことはローニャにはとても辛いことだった。一方、父マッティスは、まるで別人のように憔悴しきっていた…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第18話 洞窟にひそむもの

城を出ること決意したローニャは、一人満月の輝く春の夜空の下を歩き、ビルクのいる「クマの洞」にたどり着いた。すやすやと寝息をたてて眠るビルクに対して、マッティス城のことを考えていたローニャはなかなか眠りにつくことができなかった。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第19話 なくなったナイフ

二人きりで森の暮らしを始めたローニャとビルク。川に行ってはサケを捕まえ、クマの洞に戻っては、斧で丸太を切ったり、ナイフで椀を削り出したりしていた。けれど3日目になると、サケを食べるのも椀をけずるのも、二人はうんざりしてしまった。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第20話 野馬たちと

季節は春から夏になり、森は生き生きとした緑へと変化する。ローニャとビルクは助けた野馬の乳をしぼり、自分たちが名前をつけた野馬のアバレンボとムコウミズとたわむれて、森での夏を満喫していた。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第21話 とどろく滝と鳥女

ローニャとビルクの前に山賊のひとりリル・クリッペンが現れた。ローニャは自分が城に戻ることを父マッティスが待っているのかクリッペンにたずねるが、実はマッティスがローニャのことを全く話してないことがわかりショックを受ける。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第22話 これかぎりの夏

川で遊んでいて鳥女に襲われたローニャとビルクは、流木に隠れてうまく鳥女をやり過ごす。しかし次の瞬間その流木が滝をめがけて流れていく。必死に川の中でもがいた二人は何とかピンチを逃れようやくクマの洞に戻るが、そこには…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第23話 命はむだにできない

短い夏が終わり、秋がやってきた。すっかり紅葉した森に長く雨が降り、冷たい風が吹き、冬が目の前に近づいていた。にもかかわらず、ビルクは厳しい冬の到来を全く感じないかのように努めて明るくふるまう。そんなビルクをローニャは不安な眼差しで見つめる。

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第24話 決闘の朝

ローニャとビルクが戻ったマッティス城とボルカ砦は久々に喜びに包まれていた。しかし、森には沢山の兵隊がやってくるようになってしまい、2つの山賊団に分かれたままではやっていけないという危機感が生まれていた。ボルカと決闘をして自分が勝ち、山賊団を1つにまとめ上げると意気揚々語るマッティスに対し、ローニャは思いもよらぬ提案をする…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第25話 ひとつの強い山賊団

ひとつの強い山賊団には、ひとりの強い頭。マッティスとボルカ、どちらが頭にふさわしいかを選ぶ決闘「けだもの試合」が始まった。リングのような大岩の上でにらみ合うマッティスとボルカ。その周りではマッティス山賊とボルカ山賊が互いに罵声を浴びせていた。マッティスの先制パンチに尻餅をつくボルカ。果たして試合の行方は…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

第26話 春の叫び<終>

「けだもの試合」の決着がつき、いつもの山賊暮らしが戻ってきた。石の広間には山賊たちの笑いがあふれ、騒がしく賑やかな光景は幸せに満ちていた。しかし、ローニャはすっかり弱ってベッドに横になったままのペールのことが心配でならなかった…

▼もっと見る

価格 110円

視聴期限2日間

収録時間25分

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう