サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

ガラスの仮面

お気に入り登録数
2
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【原作】
美内すずえ
【監督】
浜津 守
【シリーズ構成】
佐伯俊道
【キャラクターデザイン】
平山 智
【美術監督】
吉原俊一郎
【音響監督】
なかのとおる
【音楽】
寺嶋民哉
【OP】
(#1~26)「Promise」(歌:Candy)、(#27~51)「zero」(歌:幾田愛子)
【ED】
(#1~13)「やさしいさよなら」(歌:愛名)、(#14~26)「Step One」(歌:Sister Q)、(#40~51)「Hello Hello」(歌:CORE OF SOUL)
▼全て表示する
ジャンル
平均評価
レビューを書く

貧乏な生活に苦しみ、なんの取り柄もないと思われていた13歳の少女・北島マヤは、往年の名女優・月影千草との出会いによって、女優としての才能を開花させる。 月影はマヤを幻の名作「紅天女」の主役候補として認めるが、それを演じられるようになるためには、数多くの過酷な試練が待ち受けていた! 原作は、30年以上もの長きに渡って物語が描き続けられている美内すずえの少女マンガ。 主人公・マヤの成長とドラマと共に、マヤが演じる舞台劇のストーリーも見どころの1つになっている。 原作はまだ完結していないがこのアニメ版では独自の解釈によって一応の決着がつけられている。

ご購入はこちらから

お得なパック一覧

  • 全話

    #1~#51

    視聴期限
    30日間
    価格
    3,855円
  • #1~#5

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #6~#10

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #11~#15

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #16~#20

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #21~#25

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #26~#30

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #31~#35

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #36~#40

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #41~#45

    視聴期限
    14日間
    価格
    432円
  • #46~#51

    視聴期限
    14日間
    価格
    518円

単話一覧

全51作品
3ページ中 1ページ目を表示
並び替え

#1 千の仮面をもつ少女

母一人子一人の貧しい家庭に育ったマヤ。この少女の中に演劇の才能を見出したのは、往年の名女優・月影だった。だが、マヤ自身はまだ自分の才能に気づいていない。そんなある日、マヤはどうしても見たいと願っている舞台のチケットを手に入れるために、一日で百軒という過酷な出前に挑戦する!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#2 ビビの仮面

初めて見た生の舞台に夢中になったマヤは、学校祭で上演される芝居に出演することになった。だが、マヤが演じるのは、みんなの笑い者になるビビという少女の役だった。月影は、演技とは役の気持ちになりきり、役の仮面をつけることだとアドバイスする。マヤが選び取ったビビの仮面とは……?

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#3 逃げた小鳥

劇団オンディーヌのレッスンを覗き見していたマヤは、無理やりパントマイムの練習に参加させられてしまう。マヤはなにもわからぬままに逃げた小鳥を探す演技を開始し、周囲の失笑を買う。だが、若手の注目株といわれる亜弓だけは、その才能の恐ろしさに気づいた!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#4 炎の階段

女優になることを決心したマヤは、家を出て、月影が創設した劇団つきかげの寄宿生となる。最初は、娘の才能が信じられず、強引に連れ戻そうとした母親だったが、月影が本気であることを悟り、娘を託す決意をする。だが、月影はそんな母親からの愛情のこもった手紙と荷物を燃やしてしまった!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#5 限られたセリフ

レッスンを始めたマヤだが、他の練習生たちとは反応が違うため、みんなの笑い者になっていた。そんなとき、4つしかセリフが言えないエチュードが行われ、見学に来ていた亜弓がマヤの相手を務めることに。亜弓はわざとマヤを失敗させようと企むが、マヤは本能的な機転でそれを乗り越えようとする。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#6 あたしのべス

劇団つきかげのお披露目公演が『若草物語』に決まり、マヤは三女のベスを演じることになった。だが、ベスの気持ちになりきることができず、どうしてもうまく演じられない。月影は、1週間ベスとして生活することをマヤに命じる。マヤは稽古にも出ず、編み物をしたり、ネコと遊んだりの生活を続けるが……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#7 紫のバラ

マヤは『若草物語』のクライマックスで、ベスが高熱に苦しめられる芝居がうまくできなくて悩んでいた。そのため、公園で一晩中冷たい雨に打たれ、ベスと同じ苦しみを味わおうとする。いよいよ本番が始まるが、マヤは40度近い高熱を発していた。朦朧としながらも、それでもマヤは舞台に立とうとする!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#8 風の中を行く

『若草物語』は観客には大好評だったが、批評家は酷評していた。劇団つきかげをつぶそうとする真澄と小野寺の陰謀だった。さらに、月影に資金を提供していた青柳プロの社長とのスキャンダルまで書き立てられた。青柳は全日本演劇コンクールで3位以内に入賞しなければ資金提供を中止すると通告してきた。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#9 新しい美登利

劇団つきかげと劇団オンディーヌの演目は同じ『たけくらべ』だった。亜弓の美登利を見たマヤは、完全に自信を喪失。月影は、そんなマヤを物置小屋に閉じ込め、亜弓に勝つためには新たな美登利を作るしかないと語る。小屋の内と外で、マヤと月影との命がけの勝負ともいうべき壮絶な稽古が始まった!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#10 たけくらべ 二人の美登利

亜弓は原作に描かれた通りの完璧な美登利を演じ、観客を魅了した。だが、その次に演じられたマヤの美登利は、今までにない新たな魅力で観客を引きつける。亜弓は短期間でここまで成長したマヤに、恐ろしさに似たものを感じていた。そして、審査の結果、東京代表に選ばれたのは……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#11 春の嵐

劇団つきかげのメンバーは、名古屋で行われる全国大会に参加した。ところが、小野寺はつきかげの妨害をするため、大道具や小道具を破壊させる。さらに、メンバーの乗ったトラックを故障させ、マヤ以外の出演者は山の中で足止めされてしまう。マヤはたった一人で芝居をすることを決意する!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#12 一人きりの舞台

マヤは相手のセリフなしに自分の演技だけで相手の存在を感じさせるという方法で、14人もの登場人物がいるはずの舞台をたった一人で演じきった。観客はマヤの演技に魅了され、マヤの舞台は大好評を博す。だが、小野寺は、マヤの舞台が当初の予定と違うことを理由に、審査対象からはずすことを主張した。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#13 あした草

劇団つきかげは解散した。マヤたちはオンボロアパートで共同生活を始め、新たなる一歩を踏み出す。だが、マヤたちの演劇への情熱は薄れなかった。マヤは生活費を稼ぐため、テレビの端役を演じることになった。足の不自由な少女の役になりきるために、マヤは片足を縛って練習に励む。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#14 宿命のライバル

端役で映画に出演したマヤは、渾身の演技で監督を魅了。1カットだけだが、マヤの生き生きとした表情が映画館の巨大なスクリーンに映し出されることになった。一方、亜弓も女優としての幅を広げるために新たな役柄に挑戦。自慢の長髪を惜しげもなく切り、顔を汚して、貧しい少年の役を体当たりで演じる。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#15 罠

病気が悪化した月影になるべく負担をかけずに、劇団員たちとの共同生活を維持しようと、マヤは舞台の仕事を探し始めた。たまたま訪れた栄進座で、座長の菊子に目をつけられたマヤは舞台に立つことに。ところが、マヤに嫉妬した劇団員がしかけた罠によって、背負っていた人形の首が本番中に取れてしまう!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#16 舞台あらし

月影の見舞いに訪れた菊子は、マヤはどんな端役でも観客の目を引きつけてしまう「舞台あらし」の宿命を持っていると語る。その頃、栄進座の舞台を見た東洋劇場の会長は、『嵐が丘』の子供時代のキャサリン役にマヤを推薦。役作りに悩むマヤだったが、子供との交流の中から、役のヒントをつかむ。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#17 嵐が丘

『嵐が丘』の舞台で、マヤは自由奔放、それでいて切ないキャサリンを演じ、大評判となった。だが、マヤが演じる少女時代のキャサリンは大人になってからのキャサリンとうまく繋がらず、結果的に本来の主役たちの評判を落とすことになってしまう。そんなマヤに、月影が突きつけた次の試練とは……!?

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#18 人形の役

劇団つきかげは、劇団一角獣と共に、設備もろくに整っていない粗末な地下劇場で公演を打つことになった。月影はマヤに、ただ座っているだけの人形の役を演じることを命じる。喋ることも動くことも禁じられたマヤは、役作りに苦しむが、その中から相手の呼吸に合わせた芝居というものを学んでいく。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#19 外れた仮面

結核で山奥の療養所に入院していたマヤの母親が行方不明になった。その話を聞いたマヤは、母親を探しに行こうとするが、もう本番の時間が迫っていた。母親のことを案じ続けるマヤは、人形の役なのに本番中に泣き出してしまう。マヤの役者としての仮面が外れた瞬間だった!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#20 すり替えられた台本

ふとしたことから、本番当日に『夢宴桜』という舞台への出演が決まり、亜弓と共演することになったマヤ。だが、マヤに嫉妬した劇団員によって、台本がすり替えられていたため、話の内容も自分のセリフもまったくわからぬままに舞台に立つことになる。亜弓はマヤを誘導し、なんとか話が繋がるようにしようとするが……。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#21 炎のエチュード

マヤは亜弓と共に『奇跡の人』のヘレン・ケラー役のオーディションに臨むことになった。マヤは紫のバラの人の好意で、長野の山荘にこもり、目隠しと耳栓をして、ヘレンになりきろうとする。一方、亜弓は養護施設のボランティアをしながら、役作りに励んでいた。そして、いよいよオーディションの日がやってくる。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#22 奇跡の人 最終審査

ヘレン役のオーディションが始まった。第1次審査はオモチャで遊ぶ演技、第2次審査は食事の演技だった。それぞれに壮絶な演技を繰り広げるオーディション参加者たち。そして、最終審査。ヘレンとしてイスに座って待てという指示を受けた後、審査会場に火災を知らせる非常ベルが鳴り渡った!

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#23 対決! 二人のヘレン

マヤと亜弓は、ダブルキャストでヘレン役に挑むことになった。亜弓は完璧なヘレンを演じ、マヤは稽古とはまったく違う動きで自由奔放にヘレンを演じる。アニー・サリバン役の歌子は最初、マヤのヘレンに戸惑うが、それに合わせることによって、今までにないまったく新しいアニー役を作り上げることに成功した。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

#24 華やかな迷路

マヤはヘレン役で演劇芸術祭賞の助演女優賞を獲得した。その授賞式の会場で、月影はマヤと亜弓が『紅天女』の主演候補であることを発表する。『紅天女』をめざす決意を固めたマヤは、さらなるステップアップのため、テレビドラマ『天の輝き』の主演に挑戦。だが、舞台とはまったく違うことを要求されるテレビドラマでの演技に、マヤの困惑は募るばかりだった。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間23分

#25 天の輝き

真澄の率いる大都芸能は、マヤを売り出すための一大キャンペーンを開始。CMや映画への出演も決定したマヤは、人気女優への道を歩き始めた。同時に、ドラマの共演者であるアイドルの里美茂に、今までにない心のときめきを感じ始める。だが、そんなマヤに周囲の反発は強まっていき、嫌がらせの行為が頻発する。

▼もっと見る

価格 108円

視聴期限7日間

収録時間24分

全51作品
3ページ中 1ページ目を表示

無料作品

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう