お知らせヘルプ
MENU

ジャンルから探す

DMMカード

ゲキドル

お気に入り登録数
5
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【原作・シリーズ構成】
ゲキドル製作委員会
【チーフライター】
大知慶一郎
【キャラクター原案】
関谷あさみ
【キャラクターデザイン・総作画監督】
立石 聖
【メカデザイン】
今門卓也
【色彩設計】
斉藤麻記
【美術監督】
清水哲弘
【撮影監督】
戸澤雄一郎
【編集】
廣瀬清志
【音響監督】
本山 哲
【音楽】
Prhythm/epx
【監督】
上田 繁
【アニメーション制作】
フッズエンタテインメント
【OPテーマ】
「ゲキドル!」(守野せりあ(CV 赤尾ひかる)、各務あいり(CV 持田千妃来)、中村繭璃(CV 佐藤亜美菜)、浅葱晃(CV 山本希望)、藤田まなみ(CV 高野麻美)、山本和春(CV 秋吉あや))
▼全て表示する
ジャンル
平均評価
レビューを見る

謎の災害・世界同時都市消失から5年 世界は混乱の中にありながらも、少しずつ復興を遂げようとしていた そんな世界で3Dホログラムを用いた「シアトリカルマテリアルシステム」を使った演劇に魅せられ光り輝くステージを目指す少女たちがいた それぞれの思いを胸に今、ステージの幕が上がる

ご購入はこちらから

対応デバイス(クリックで詳細表示)

単話一覧

並び替え
Stage.1 芝居

Stage.1 芝居 無料視聴作品

初めてスーパーマテリアルシアターでいずみの舞台を見たせりあ。その迫力に興奮し、自分も役者として、あのステージに立ちたいと思うようになる。その後、街中で「アリスインシアター」という劇団の案内チラシをもらったせりあは、好奇心も手伝って劇団のある建物を訪れる。

▼もっと見る

価格無料

収録時間23分

Stage.2 欲望という名の劇場

Stage.2 欲望という名の劇場

アリスインシアターの団員として迎えられたせりあは、劇場内でシアトリカルマテリアルシステムが作り出した舞台装置の一部だというアクトドールと出会う。まるで生きているようなドールに惹かれていくせりあ。新人として稽古に参加したせりあは、いずみが劇団にいた頃のことを尋ね、あいりの機嫌を損ねてしまう。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.3 アイリを待ちながら

Stage.3 アイリを待ちながら

かつてジュニアアイドルとして際どいこともしていたあいり。当時のファンと対バン会場で遭遇してから、自分が最低なことをしていたと後悔し、稽古に出てこなくなってしまった。自分の演技に不安を覚えていたせりあは、やっぱりあいりがいないとダメなんだと彼女を探しに行く。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.4 バースディ・パーティー

Stage.4 バースディ・パーティー

演劇をするアイドル・ゲキドルとしての活動に、活路を見いだしたかをる。1週間に渡る舞台も久々に成功し、気分は上々。次は劇団の代表作とも呼べる『アリスインデッドリースクール』を上演しようと提案する。かつていずみが演じたユウを誰が担当するのかという話になり、あいりはせりあを推薦するが……。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.5 桜の園

Stage.5 桜の園

せりあは5年前の「世界同時都市消失」で、両親と妹を亡くしていた。その事実を忘れていたことにせりあは動揺するも、幼い頃の“夢”を見て落ち着く。我に返ったせりあの前には微笑むドールの姿。せりあは、ふと思いついてドールに妹と同じ「アリス」という名前を付ける。アリスインシアターの稽古は順調に進んでいると思われたが……。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.6 人形の家

Stage.6 人形の家

アリスをいずみと見間違えて駆け寄ろうとし、階段から落ちてしまったあいり。1か月は舞台に立てなくなったあいりは、せりあに代役を頼む。自分の演技はモノマネだとうなだれるせりあに、あいりは「本物にしてあげる」と意気込み、厳しい稽古を続けていく。そんな舞台をいずみと竹崎が見にやってきて……。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.7 から騒ぎ

Stage.7 から騒ぎ

シアトリカルマテリアルシステムの故障により、3か月の休演を余儀なくされていたアリスインシアター。再開のめどが立つと、かをるは次作を『降臨武闘少女(バトルガール)』に決め、あいりとせりあをダブル主演に指名する。それを見ていた劇団創設メンバーの晃と愛美は、自分たちはかをるに必要とされていないのでは……と考えていた。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.8 何が彼女をそうさせたか

Stage.8 何が彼女をそうさせたか

アリスインシアターからいなくなったドールは、スーパーマテリアルシアター(SMT)の竹崎の元にいた。竹崎はSMTの次回公演の主役をドールにすると言う。ショックを受けたいずみがあいりの部屋を訪れると、そこにはせりあもいた。いずみとあいりはお互いに本音をぶつけ合って和解。いずみはSMTを取り戻すと誓う。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.9 生ける屍

Stage.9 生ける屍

かをるが姿を消した。すでにアリスインシアターが入る建物の所有権を得ていた竹崎は、出入口を閉鎖し、団員の出入りを禁止。アリスインシアターは休団となってしまう。しかし、晃たちはあきらめていなかった。ほかの劇場を借りるために資金を集めようと、ゲキドル活動を再開。そこにせりあがいずみを連れてやってくる。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.10 世界の創造とその他の事

Stage.10 世界の創造とその他の事

真琴の父親が理事長をしていた学校を劇場とし、アリスインシアターは新たなスタートを切った。シアトリカルマテリアルシステムもなく、衣装もセットも手作り。それでも客入りは上々で、次は新作を上演することに。題材は、いずみがかをるの部屋で見つけた「妄想日記」。脚本を担当する愛美は、主人公のミキ役にせりあを推薦する。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.11 わたしたち死んだものが目覚めたら

Stage.11 わたしたち死んだものが目覚めたら

時空を監視し、過去に介入するイノヴェイター。かをるはそれを追跡するゲイザーのひとりだった。「妄想日記」は、かをるの同僚・キョウコが綴ったものだったのだ。そうとは知らないせりあたちは、『クロノゲイザー』の幕を上げる。その頃、竹崎は自分の理想である争いのない世界を実現するべく動いていた。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

Stage.12 終わりよければすべてよし

Stage.12 終わりよければすべてよし

グランドマテリアルシステムが起動すると、人々はヒモのようになって消滅していく。周囲の景色までもが変わり、晃たちが動揺する中、それでも『クロノゲイザー』の舞台を続けていくせりあとあいり、いずみ。一方、意識を取り戻したかをるは、そこでかつて殺したはずの梓と再会する。

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間23分

 アリスインデッドリースクール

アリスインデッドリースクール

学校の屋上で漫才の練習をしていたユウとノブ。同じ頃、校舎の中は人間ではない「別のモノ」の存在であふれていた。「別のモノ」に噛まれて死ぬと、同じく「別のモノ」となって人を襲うようになるという。混乱した学校で、ユウとノブ、そして生き残った生徒たちはその魔の手から逃れることができるのだろうか――。 企画・プロデュース:サトウケイイチ、永井 理 原案:麻草 郁(アリスインプロジェクト) 企画協力:鈴木正博(アリスインプロジェクト) 脚本:影山由美 キャラクター原案:関谷あさみ キャラクターデザイン:立石 聖 音楽:Prhythm/epx 監督:山内重保 アニメーション制作:フッズエンタテインメント 製作:ゲキドル製作委員会 CAST 墨尾 優:M・A・O 百村信子:持田千妃来 村崎静香:赤尾ひかる 橙沼霧子:諏訪彩花 紅島弓矢:山本希望 青池和磨:髙野麻美 氷鏡 庵:秋吉あや 高森朝代:佐藤亜美菜 界原依鳴(部長):水橋かおり ?市恵美:小笠原早紀 猪狩 薫:八島さらら 繁本雪文:鈴野 玲

▼もっと見る

価格 220円

視聴期限2日間

収録時間41分

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう