サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY

機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY
お気に入り登録数
15
収録時間
69分
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【原作】
矢立 肇、富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
【漫画原作・デザイン】
太田垣康男
【掲載】
「ビッグコミックスペリオール」
【発行】
小学館
【監督・脚本】
松尾 衡
【アニメーションキャラクターデザイン】
高谷浩利
【モビルスーツ原案】
大河原邦男
【アニメーションメカニカルデザイン】
仲 盛文、中谷誠一、カトキハジメ
【美術監督】
中村豪希
【色彩設計】
すずきたかこ
【CGディレクター】
藤江智洋
【モニターデザイン】
青木 隆
【撮影監督】
脇 顯太
【編集】
今井大介
【音楽】
菊地成孔
【音響監督】
木村絵理子
【音響効果】
西村睦弘
【制作】
サンライズ
▼全て表示する
シリーズ
ジャンル
平均評価
レビューを書く

「機動戦士ガンダム サンダーボルト」全4話に新作カットを加えたディレクターズカット版。宇宙世紀0079、地球連邦とジオン公国が戦った一年戦争の末期。サイド4のスペースコロニー群、ムーアはジオン軍の攻撃により破壊され、多くの住人が命を落とした。破壊されたコロニーや、撃沈された戦艦の残骸が無数に漂う暗礁宙域では、ぶつかり合い帯電したデブリによって絶えず稲妻が閃くようになり、いつしかそこは、『サンダーボルト宙域』と呼ばれるようになった。ムーア市民の生き残りで構成された地球連邦軍所属部隊、ムーア同胞団は、故郷であったサンダーボルト宙域の奪還を悲願とし、宙域のジオン軍を殲滅せんとしていた。連邦の進軍を足止めせんとするジオン軍も、義肢兵の戦闘データ採取を目的に設立されたリビング・デッド師団を展開。ムーア同胞団に所属しながら、故郷や自身の出自に束縛される事を疎ましく思うイオ・フレミングと、過去の戦闘により両足を失い、今はリビング・デッド師団でエーススナイパーとして活躍するダリル・ローレンツは、戦場で対峙した時、互いに悟るのだった。ふたりは、殺し合う宿命なのだと……。

ご購入はこちらから

クレジットカード決済なら:6pt獲得

対応デバイス(クリックで詳細表示)

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう