サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

海難1890

お気に入り登録数
6
収録時間
131分
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【脚本】
小松江里子
【企画・監督】
田中光敏
▼全て表示する
ジャンル
キーワード
平均評価
レビューを見る

1890年、和歌山県串本町沖。後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。そうした過酷な状況下で、元紀州藩士の医師・田村元貞(内野聖陽)やその助手を務めるハル(忽那汐里)ら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。それから時を経たイラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由にテヘラン在留邦人の救出を断念。そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る

ご購入はこちらから

クレジットカード決済なら:5pt獲得

ご購入の前に
※HD画質での視聴は Amazon Fire TV / AndroidTV / Chromecast / AppleTV / PS4とPCの一部作品のみ可能です。

対応デバイス(クリックで詳細表示)

無料作品

ユーザーレビュー

平均評価 3点

総評価数 1(1件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   実際にあったいい話

    えーほんとにそういったのかよーって場面があったりしたけどw
    いい話だった
    100年前の日本の文明レベルとかにかなり驚いたけど、なにもない時代によく人助けができたなぁーと関心するばかり
    あと敗戦したあとの日本の国会をくそさにあきれた

    インフィニティアさんのレビュー -動画 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1