ヘルプ
MENU

ジャンルから探す

【50%ポイント還元】この世で俺/僕だけ

収録時間
108分
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【監督】
月川 翔
【プロデューサー】
白水 聡一郎、筒井 龍平、梶原 富治
【脚本】
松瀬 研裕
【音楽】
ゲイリー芦屋
【撮影】
木村 信也
【照明】
尾下 栄治
【録音】
山口 満大
【美術】
須坂 文昭
▼全て表示する
ジャンル
平均評価
レビューを見る

かつてバンドを組み、パンクな魂と共に生きていた伊藤博(マキタスポーツ)。彼のこころにはいまも「弾丸アームストロング」という曲が鳴り響いているが、現実は、上から押しつけられる仕事を淡々とこなす、中年サラリーマンのしがない日常が転がっているだけだった。 仲間と一緒に、カツアゲをつづけている不良高校生、黒田甲賀(池松壮亮)。彼の根底にあるのは、警察官の父親、晃司(羽場裕一)への屈折した想いだったが、それを吐き出す機会はなかなか訪れなかった。 縁もゆかりもないふたりは、けれども、ある朝、同じテレビ番組で、ある「ラッキーアイテム」に出逢う。 伊藤は、その「ラッキーアイテム」に従って、コンビニの前に停めてあった車を強奪。それを「感じた」甲賀も、突き動かされるように、バイクで車を追った。黒田は伊藤を捕まえ、車の主に、車を返そうとするが、車の後部座席に置かれた段ボール箱に赤ん坊がいたことから、異変を感じる。 車の主である、怪しげな男は、ほんとうにこの子の父親なのか? 取り引き現場に現れた、強面の男たちから、直感で逃げ出す伊藤と甲賀。ふたりは、やがて、赤ん坊が、この街の再開発に反対する政治家、大隈泰三(野間口徹)の子供であり、彼の立候補を阻もうとする市長、犬養亨(佐野史郎)の指示で、ヤクザ、浜口英雄(デビッド伊東)が行なった偽装誘拐であることを知る。 このままでは、自分たちが誘拐犯に仕立て上げられてしまう! 思い切って晃司に連絡したものの、警察さえも味方にはなってくれないことを直感した甲賀は、伊藤と共に、自力で大隈の許に、赤ん坊を届けることを決意。こうして、伊藤と甲賀の、果てしない逃避行がはじまった。

ご購入はこちらから

50%ポイント還元キャンペーン中!
08月24日(月) 15:00 まで

動画ポイント 200pt獲得

クレジットカード決済なら:4pt獲得

対応デバイス(クリックで詳細表示)

無料作品

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう