サイト内検索

MENU

ジャンルから探す

百円の恋

お気に入り登録数
7
収録時間
113分
出演者
▼全て表示する
スタッフ
【監督】
武正晴
【エグゼクティブプロデューサー】
加藤和夫
【プロデューサー】
佐藤現、平体雄二、狩野善則
【製作会社】
スタジオブルー
【脚本】
足立紳(「第一回松田優作賞」グランプリ受賞作)
【音楽】
海田庄吾
【主題歌】
クリープハイプ「百八円の恋」(ユニバーサルミュージック)
▼全て表示する
ジャンル
キーワード
平均評価
レビューを書く

斎藤一子(安藤サクラ)は32歳にもなって、実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた。離婚し、出戻り中の妹の二三子と衝突を繰り返す毎日だったが、ひょんなことから2人は大ゲンカになり、一子が家を出ることに。あてもお金もない一子は、仕方なく、100円ショップの深夜労働を始める。そこは、様々な問題を抱える、個性豊かな底辺の人間たちの巣窟だった。一子の唯一の楽しみは、近くのボクシングジムで練習をする一人の中年ボクサー・狩野(新井浩文)を見ることだった。ある日、100円ショップに来た狩野からデートに誘われた一子は、初めてボクシングの試合を見る。それは狩野の引退試合だった。殴り合い、肩を叩き合う、ボクシングの試合に一子は強い羨望を抱き、自らもボクシングを始める。一方、引退試合で負けた狩野は自暴自棄になり、深夜の100円ショップに転がり込んでくる。そんな狩野を介抱するうちに二人は体を重ねるようになり、二人の生活が始まる。しかし、すぐに狩野は帰ってこなくなる。悔しさと情けなさと怒りを静かにぶつける様に一子は、どんどんボクシングにのめり込んでいく。「百円程度の女」だった自分を奮い立たせるために。そこに見出したのは、仄かだが、確かな希望だった。 負けっぱなしの人生から這い上がろうとする女と挫折を経験した男の、再生の物語。

ご購入はこちらから

クレジットカード決済なら:3pt獲得

対応デバイス(クリックで詳細表示)

無料作品

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう