ヘルプ
4K ULTRA HDセール ディズニー・ウィンター・キャンペーン DVD1枚1100円以下 Blu-ray1枚1650円以下 BOX商品 邦画 洋画 人気作品 海外ドラマ

海角七号 君想う、国境の南

お気に入り登録数1

発売日: 2010/06/25
製作年: 2008
収録時間: 130分
出演者: ファン・イーチェン 田中千絵 シノ・リン レイチェル・リャン 中孝介
監督: ウェイ・ダーション
字幕: 日本語字幕
音声: 5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日/視覚障害者対応日本語音声ガイド/ドルビーステレオ
シリーズ: ----
メーカー: マクザム
ジャンル: ドラマ ラブストーリー 青春 アジア 感動
品番: n_688mx400s
平均評価: 4点レビューを見る

台湾の人気歌手、ファン・イーチェンと田中千絵共演による感動作。ミュージシャンの夢に破れ、郵便配達のバイトをしている青年・阿嘉は、ある日郵便物の中に60年前の‘海角7号’宛の手紙を見付ける。そんな中、彼は中孝介のライブに駆り出され…。

特典・セット商品情報
解説書(8P)封入、メイキング、インタビュー、プレミア試写&初日舞台挨拶、記者会見、予告編集ほか(約80分)
 

ご購入はこちらから

価格
4,549円税込
送料

送料無料 (全国一律)

割引
621円 (12%OFF)
参考価格
5,170円
残り3点 ご注文はお早めに!
※数量は変動する場合があります

注文方法の説明はこちら

マーケットプレイス予約・出品

マーケットプレイスでこの商品を買おう
マーケットプレイスでこの商品を売ろう

マーケットプレイスの説明はこちら

  • t
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
通販ご利用ガイド 会員登録
返品・交換について(返品特約)
弊社ではお客様のご都合による返品及び交換は承っておりません。
注文の際は事前に仕様等をお確かめの上、ご注文をお願い申し上げます。

ユーザーレビュー

平均評価 4.33点

総評価数 3(3件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   cape 7

    台湾ではタイタニックに続く興行成績だそうですが、じわりと染みてくる感じの作品です。涙が止まらないというよりも、もっと静かに胸いっぱいになってきました。

    いわゆる中華圏の大スターがでているわけではないのですが、これだけの素晴らしいものが出来上がってくるとは・・・・。

    「野ばら」をはじめとする挿入歌も場面やストーリーに合わせて非常に効果的。個人的には范逸臣の「Don't Wanna」が気に入りました。

    アジア映画のいいトコが詰まった佳作だと思います。

    tdsさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   素敵なタイトルの国境を越えた異国の悲しい恋ですが・・・

    60年前の台湾。戦争で滞在した日本人教師の男性が教え子の台湾女性に恋をします。
    敗戦で帰国した彼が死んで見つかった、置き去りにした彼女への想いを綴った手紙がもたらす異国の恋の物語ですが…
    内容の大半は、現代の台湾で働く日本人女性と台湾人男性との喧嘩しながら惹かれ合って行く恋の物語でした。
    もう少しシリアスで情緒的な展開を期待していましたが、低俗なギャグもどきでオチャラケた中身にがっかりでした。
    不細工でワガママな日本人女性の友子には、腹が立つばかりで全く共感出来ずじまいでした。
    今は存在しない彼女の住所「海角七号」…当時の二人の恋の回想録が殆どなく、感情移入が出来ませんでした。
    感動の涙で号泣するはずだった60年前の悲しい話が、ぶち壊しとは言いませんが大いにテンションを下げたのは事実でした。
    タイタニックのように素敵な感動ものになるはずだった作品が、二流っぽい作品になってしまった気がします。

    ぺピーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   後半は感動

    全くの先入観なしに、何気なく観た。
    前半から中盤にかけ、ダラダラとストーリーは続き少々飽きてくる。何が言いたいのかわからない時間に耐えることが必要だ。
    しかし、終盤の日本人歌手が訪台してくるあたりからストーリーは急展開し、その後いくつもの感動が待ち受けている。
    この映画の中に挿入されているテーマは多々あった。
    終戦から現代までの日台関係から始まり、男女の恋愛まで様々。それぞれに、スケールの違いはあるものの、当事者にとっては人選を左右するできことだ。日本では無名に近い、田中千絵という女優も存在感があった。
    ひとつ残念だったのは、場面ごとの音量の調整がいいかげんなこと。聞き取りにくいセリフのある反面、大音量のコンサート場面など、工夫が欲しかった。
    しかし、台湾の素朴な風景もなぜか懐かしさを感じ、総体として見てよかったと思える作品には違いない。おすすめ作品の一つと言える。

    さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  • 1