ヘルプ
ディズニースプリングキャンペーン 4K ULTRA HDセール DVD1枚1100円以下 Blu-ray1枚1650円以下 BOX商品 邦画 洋画 人気作品 海外ドラマ

空母いぶき

お気に入り登録数2

発売日: 2019/12/05
製作年: 2019
収録時間: 139分
出演者: 西島秀俊 佐々木蔵之介 本田翼 小倉久寛 斉藤由貴 益岡徹 中村育二 金井勇太 工藤俊作 吉田栄作 村上淳(俳優) 中井貴一 藤竜也 山内圭哉 平杢生成 石田法嗣 和田正人 片桐仁(ラーメンズ) 堂珍嘉邦 市原隼人 戸次重幸(佐藤重幸) 玉木宏 高嶋政宏 土村芳 深川麻衣 佐藤浩市
監督: 若松節朗
字幕: ----
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル
シリーズ: ----
メーカー: バンダイナムコアーツ
ジャンル: ドラマ コミック原作
品番: n_609bcbj4974
平均評価: 2.5点レビューを見る

20XX年、12月23日未明。未曾有の事態が日本を襲う。沖ノ鳥島の西方450キロ、波留間群島初島に国籍不明の武装集団が上陸、わが国の領土が占領されたのだ。海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群に出動を命じた。その旗艦こそ、自衛隊初の航空機搭載型護衛艦《いぶき》だった。計画段階から「専守防衛」論議の的となり国論を二分してきた《いぶき》。艦長は、航空自衛隊出身の秋津竜太一佐。そしてそれを補佐するのは海上自衛隊生え抜きの副長・新波歳也二佐。現場海域へと向かう彼らを待ち受けていたのは、敵潜水艦からの突然のミサイル攻撃だった。さらに針路上には敵の空母艦隊までもが姿を現す。想定を越えた戦闘状態に突入していく第5護衛隊群。政府はついに「防衛出動」を発令する。迫り来る敵戦闘機に向け、ついに迎撃ミサイルは放たれた…。

特典・セット商品情報
<映像特典>
●特報(30秒)
●予告(30秒、60秒、90秒)
●TVスポット
 

ご購入はこちらから

価格
3,803円税込
送料

送料無料 (全国一律)

割引
377円 (9%OFF)
参考価格
4,180円
残り3点 ご注文はお早めに!
※数量は変動する場合があります

注文方法の説明はこちら

マーケットプレイス予約・出品

マーケットプレイスでこの商品を買おう
マーケットプレイスでこの商品を売ろう

マーケットプレイスの説明はこちら

  • t
当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
通販ご利用ガイド 会員登録
返品・交換について(返品特約)
弊社ではお客様のご都合による返品及び交換は承っておりません。
注文の際は事前に仕様等をお確かめの上、ご注文をお願い申し上げます。

ユーザーレビュー

平均評価 2.7点

総評価数 10(9件のコメント)

並び替え

  
  •   ネタバレ 実写化に無理があった。

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    アニメなら迫力ある映像になっただろうに、どうして実写化したのだろう?
    F35も、いぶきも架空なんだからリアリティが出るわけがない。
    迫力があるという人は何を見て言っているのだろうか。
    日本には空母はないんだよ?
    F35はどこにも飛んでないよ?


    それを抜きにしても原作無視の設定(記者同乗、駆逐艦艦長がオタオタとか)が酷い。
    特にひどいのは浮舟。変な関西弁に「いてまえ」の連発をやけっぱちみたいに言う。
    敵からの攻撃にはオタオタ。これ、誰やねん(笑)
    アニメ「じぱんぐ」や「沈黙の」は迫力あった。
    しかしこれには一切の盛り上がりがなかった。つまらない。

    レビューを表示する

    レンタル熊さんさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   いわく付きの作品。

    原作者が完成披露試写会で作品を観て怒った作品。
    左翼思想の関係者たちが関わっただけある。

    kazukun1211さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   なにこれ!

    やはり、実写化はしない方がよかったのでは?
    コミックのほうが緊迫感とスピード感がありいつものように実写はひどい。
    平和に見える日常の風景が合間に高い頻度で入るのが更に緊迫感を無くしている様にも
    思える。ただ、じれったいほど日本の自衛隊が、がんじがらめに縛られている事はよく描けている。その点では成功しているのかも。
    とにかく、実写は原作を超えれない・・・

    eirin25さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、5人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 日本の現状が この程度であることがわかるのでは、、

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    コミックを 読んでいたので、映画化で期待していました。公開したら 必ず観に行こう思っていたところ、公開前に 佐藤浩市氏のあの騒動があり、設定が 原作と違うことを知り、観に行く気がしなくなったので、ビデオまち と思っていました。
     残念なことに 戦闘シーンの CGが ゲーム以下で おまけ程度。佐藤浩市氏の役は、あんまり重要でなかった。 わざわざ インタビュー記事で物議をかもす必要などなかった。なぜ なんの意図があって あのような騒動にしたのか理解に苦しみました。
     ツッコミどころは たくさんあり、大した映画ではない。ただ 今の現状日本では 自衛隊をあのようにしか描けず、危機意識が 全くない 最後は国連が 助けてくれると思っている 能天気な国であることはよくわかる。という点では 素晴らしい

    レビューを表示する

    ペンギンの問題さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   空母対空母の緊迫のミサイル戦 最高!!

    潜水艦近代戦の映画「ハンターキラー潜航せよ」より面白かった。
    リアルなミサイル戦 情ないまるで自殺艦隊のような自衛隊の現状
    現行日本の非力さ 専守防衛の限界をあぶり出した傑作だと思います。
    本田翼が記者役で色を添えてドラマとしても面白い。
    クリスマスのコンビニの様子も緊迫した戦況とリンクして面白い。
    監督は「戦場のローレライ」の樋口監督 続編も作って欲しいなぁ。

    avcatさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    8人中、3人が参考になったと投票しています。