サイト内検索

人狼 ザ・ライブプレイングシアター #22:DEPTH II 贖罪の海~SPIRAL~ Stege 7

今なら30日間無料!

人狼 ザ・ライブプレイングシアター

エピソード一覧

並び替え
  • 1

サスペンス・ミステリーの人気作品

サンプル画像

【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

作品コメント

人狼が恐れられたのは、もはや昔。
21世紀、その実在に気づいた人々は、
多くの犠牲を払いながらも人狼を捕獲し
研究に着手していた。

そして、時同じくして発見された人魚もまた
研究対象に加えられることとなった。

滅びの一途をたどる人類にとって、
人狼や人魚の驚異的な生命力の秘密は、
未来への希望だったのである。

深海特殊施設マグ・メル。
各国から集められたエリートたちが、
人ならざる亜種を調べるため
水深6,000mに設けられた
特別な研究所。

マグ・メルの科学者たちは、
過酷な実験や解剖によって
その神秘を解明しつつあった。

しかし――。
逃げ出した3匹の人狼が、
スタッフに紛れ込む緊急事態が発生。

このままでは全員が人狼の餌食にされる。
そう思われた時、
彼らに救いの手を差し伸べたのは、
被験体の人魚だった。

「その代わり、約束してください。
私を生まれ故郷の蒼い海に返してくれると」

かくしてマグ・メルの13名は、
人魚と約束を交わし
人狼と戦う決意を固めるのだった。


‘これより始まるは……今をおいて他にない、たった一度の物語。’
「人狼」ゲームをプレイしながらアドリブで物語を紡ぐ舞台公演。孤立した深海研究所の科学者たちは解き放たれた被験体の人狼と戦う。人狼の正体をあなたは見抜けるか?

2016年1月に東京で上演した公演の第7ステージを動画配信。

出演者(座席順):加藤靖久、池永英介、石井由多加、大里雅史、寺島絵里香、高地真吾、手島沙樹、仲田敬治、中村裕香里、はぎのりな、前枝野乃加、溝口謙吾、渡邊隆義

【あらすじ】
深海特殊施設‘MAG-MELL(マグメル)’。そこでは指折りの科学者たちが、未知なる存在の研究に手を染めていた。
不老不死の人魚や不死身の人狼といった亜人種の神秘も、過酷な生体実験と解剖で解明されつつあった。
だが、ある満月の夜、何者かの裏切りによって3匹の人狼が檻から解き放たれてしまう。
喰い殺した人間に化けた人狼の正体は、最新の設備を持っても見つけることができない。
深海で孤立し、人狼の餌場と化した研究所で全員が疑心暗鬼に駆られた時、被験体の人魚No.07――ナナから救済の声が届く。
「人狼と戦う方法はあります。私の身体を喰べることで……」と。
そして、科学者たちは決意する。
はたして生き残るのは人間か、それとも人狼か──。

【人狼TLPTとは】
舞台『人狼 ザ・ライブプレイングシアター』(人狼TLPT)はステージ上の13名が言葉を尽くし、千変万化の物語をアドリブで紡ぐライブ・エンターテインメントです。
出演者がルールに用いるのは人気パーティーゲーム「人狼」。脚本はオープニング以外まったくなく、開演直前に6種類13枚のカードで決まる役割に従い人間 vs 人狼の戦いを即興で繰り広げます。
13名の中に潜んでいる3匹の人狼を、人間たちは処刑できるのか? それとも人狼たちが正体を隠し通し、ついに彼らを滅ぼしてしまうのか? 繰り返される昼と夜が、手に汗握る人間ドラマを描き出します。
誰と誰と誰が‘人狼’なのか。
ーーアナタは、巧妙なウソにダマされる。

作品情報

対応デバイスパソコン、iPhone/iPad、Android、テレビ、PS5™/PS4®、Chromecast、Amazon Fire TV端末、Apple TV、Android TV
配信開始日2020/07/13
収録時間133分
出演者
監督----
原作者----
シリーズ人狼 ザ・ライブプレイングシアター
配給元DRM
ジャンルサスペンス・ミステリー舞台・演劇その他
品番5324drm00003
平均評価(1)

ユーザーレビュー

平均評価 5点

総評価数 1(0件のコメント)

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう