サイト内検索

楽聖ショパン(字幕版)

今なら30日間無料!

その他の人気作品

作品コメント

フレデリック・ショパンが10歳の時音楽の先生ジョゼラ・エルスナーは天才少年のために進むべき1つの道を、ショパンの父に申し出た。1つはパリへ行って演奏会を聞くこと、1つは祖国ポーランドのために大音楽を作曲することであった。第1の思いつきは貧乏のために果たすことが出来ず、月日は流れて、ショパンが22歳の時、ポーランドは革命騒ぎで、彼はエルスナー教授と共に、動乱の祖国を去ってパリへ赴いた。パリに着くとエルスナーは愛弟子を当時有名な音楽興行師プレイエルのもとへ伴った。2人が追い帰されようとした時、フランツ・リストが何気なくショパンの曲をピアノで弾き始めた。ショパンもやがてピアノを弾き、二重奏となった。天才は天才を知り、2人の友情の絆は結ばれ、プレイエルはショパンのために独奏会を開く準備を始めた。そのリサイタルの日、彼の親友たる革命の志12人が捕縛され、1人が死んだという知らせを受けた。深く心を動かされたショパンは演奏中ばに卒然と席を去った。批評家はこぞって悪ばしたが、ジョルジュ・サンドのみはショパンこそ百年間に1人しか現れない天才であると激賞した。その後リストの援助を得て、ジョルジュ・サンドはショパン独奏会を大々的に催して、たちまちショパンをパリ社交界の花形とした。彼はジョルジュ・サンドに心を奪われ、恩師エルスナーの言葉を退け、彼女と共にマジョルカへ赴いた。そこで彼女との愛の悦楽に酔ったショパンは軽快な音楽のみを作曲し、その楽譜は飛ぶような売れゆきだった。しかし傑作は1曲も書かれなかった。パリに残されたエルスナーは貧困極まっていたが、なお愛弟子ショパンのかっての愛人コンスタンチアも亡命ポーランド人と共に来ていた。ショパン独奏会の一夜、エルスナーは祖国ポーランド自由への戦のことを愛弟子に思い起こさせた。師弟の愛情はよみがえり、ショパンはジョルジュ・サンドと別れ、ポーランド解放運動の資金獲得のために、エルスナーと共に演奏旅行に赴いた。しかしその時はショパンの健康はすでにむしばまれていた。演奏なかばに倒れたショパンは多くの友人達に看取られながら永眠した。ただ1人ジョルジュ・サンドのみは姿を現さなかった。フレデリック・ショパンは恋に破れたが、数曲のポロネーズをはじめ幾多の名曲を書いたショパンは愛国の音楽家として、世紀の大作曲家としてその名を千載に残したのである。

作品情報

対応デバイスパソコン、iPhone/iPad、Android、テレビ、PS5™/PS4®Pro/PS4®、Chromecast、Amazon Fire TV端末、Apple TV、Android TV
配信開始日2020/10/09
収録時間112分
出演者
監督チャールズ・ヴィダー
原作者----
シリーズ----
配給元合同会社文輝堂
ジャンルその他
品番5705art00109
平均評価(0)

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう