サイト内検索

キリマンジャロの雪(字幕版)

今なら30日間無料!

その他の人気作品

作品コメント

アフリカの最高峰キリマンジャロの麓に、妻ヘレン(スーザン・ヘイワード)を連れて狩猟に来ていた小説家ハリー・ストリート(グレゴリー・ペック)は、脚にうけた傷が壊疽になり、明日にも知れぬ命になった。瀕死の床でヘレンの看護をうけつつ、ハリーは自分が今まで歩んで来た波乱の人生を思い出していった。彼が18歳のとき、初恋の娘コニーと些細な感情のもつれから仲が破れた。ハリーは両親を早く失い、ビル伯父に後見され、将来作家になろうと志していた。ビルは彼に、小説家になるなら狩猟を通して人生を究めよと忠告した。ハリーの思い出はパリに移る。モンパルナスで初めて逢った美しいモデル女シンシア(エヴァ・ガードナー)と恋におちたハリーは、彼女をモデルに処女作を発表した。シンシアはこの小説から得た金でハリーとパリに安住するつもりだったが、ハリーは彼女を連れてアフリカー狩に出かけた。シンシアは妊娠してしたが、狩に夢中になっていたハリーには気づかなかった。シンシアは誤って流産した。ハリーは彼女をつれてスペインへ闘牛見物に出かけた。ここでハリーは、新聞社から報道の仕事をたのまれ、シンシアはカフェのダンサーと一緒に駆け落ちしてしまった。新聞社の仕事を終えたハリーは第2作を発表、流行作家になった。やがて彼はリヴィエラで伯爵令嬢リズ(ヒルガード・ネフ)と関係を持ち、彼女の妖しい魅力にひかれた。しかし彼はシンシアを忘れることが出来ず、彼女の居所を知って手紙を出した。その頃、彼は路上で見知らぬ女をシンシアと間違えて声をかけたが、その女こそいまの妻ヘレンなのだ。待っていたシンシアからの返信は、リズがハリーの目の前で引き裂いてしまった。ハリーはリズを捨て、スペインの内乱に参加した。シンシアが看護婦として従軍していると聞いたからだ。激戦のさなか、ようやく再会したシンシアは重傷を負ってすぐに死んで行った。内乱後、ハリーはシンシアを失った傷心を抱いてパリに帰った。ビル伯父は死んでおり、ハリーは偶然ヘレンに再会して結婚し、伯父の遺書の謎の言葉を解くためキリマンジャロにやって来たのだ。--ハリーは危篤におちいった。ヘレンは医書を頼りに手術をして彼を救った。そこへ救援の飛行機の爆音が響いてきた。

作品情報

対応デバイスパソコン、iPhone/iPad、Android、テレビ、PS5™/PS4®Pro/PS4®、Chromecast、Amazon Fire TV端末、Apple TV、Android TV
配信開始日2020/10/09
収録時間113分
出演者
監督ヘンリー・キング
原作者----
シリーズ----
配給元合同会社文輝堂
ジャンルその他
品番5705art00164
平均評価(0)

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう