サイト内検索

お茶漬けの味

平均評価(0)
出演者
シリーズ----
ジャンルその他
対応デバイス
  • パソコン
  • iPhone
  • android
  • PS5/PS4
  • テレビ
  • Android TV
  • Fire TV

今なら30日間無料!

その他の人気作品

作品コメント

丸の内の会社に勤務するエリート社員、佐竹茂吉(佐分利信)は、会社にも個室をもち、自宅には住み込みの女中がいるが、長野出身で質素な生活を好む。妻の妙子(木暮実千代)とは見合い結婚で、寝室は別、空いた時間には洋書を読む。ブルジョワ出身の妙子はその生活を改めることなく、夫の質素さが野暮に見える。学生時代の友人たちである雨宮アヤ(淡島千景)、黒田高子(上原葉子)、姪っ子の山内節子(津島恵子)らと遊び歩いて、夫を「鈍感さん」と呼び、憂さをはらしている。茂吉はそんな妻を知りながらも、あえてとがめないようにしていた。ところが、節子が歌舞伎座の見合いの席から逃げ出したことをきっかけに、茂吉と妙子が衝突する。妙子は口をきかなくなり、あげくのはてに黙って神戸の友人のもとへ出かけてしまう。一方の茂吉はウルグアイでの海外勤務が決まり、電報をうち、他の親族からも連絡があったが、それでも妙子は帰ってこない。羽田からパンナム機で茂吉が発った2時間後に、ようやく帰宅した妙子にさすがの友人たちも厳しい態度をとる。平然を装う妙子だったが、茂吉の不在という現実に内心は激しく動揺していた。そこへ夜、唐突に茂吉が帰ってくる、飛行機はエンジントラブルで羽田に戻ったという。喜ぶ妙子、深夜だが茂吉はお茶漬けを食べたいという。女中には声をかけず、二人で台所に立って残り物をさがし準備し、2階に上がってお茶漬けをズルズルと音を立てて食べる二人。お互いに心のうちを吐露し、二人は和解する。夫婦とはお茶漬なのだと妙子を諭す茂吉。妙子は初めて夫の心の広さ、結婚生活のすばらしさに気づく。一方、見合い話を断った節子は、若い岡田登(鶴田浩二)に惹かれていくのだった。1950年代、東京のブルジョワ女性の日常と庶民男女の娯楽をゆったりと描き、そのなかで夫婦生活のデリカシー、結婚のかたちを考えさせる。

作品情報

対応デバイスパソコン、iPhone/iPad、Android、テレビ、PS5™/PS4®Pro/PS4®、Chromecast、Amazon Fire TV端末、Apple TV、Android TV
配信開始日2020/10/09
収録時間115分
出演者
監督小津安二郎
原作者----
シリーズ----
配給元合同会社文輝堂
ジャンルその他
品番5705buk00010
平均評価(0)

ユーザーレビュー

この作品に最初のレビューを書いてみませんか?
他のユーザーにあなたの感想を伝えましょう