ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

ホースメン

ホースメン
貸出開始日: 2010/02/05 旧作
製作年: 2008年
製作国: アメリカ
収録時間: 90分
出演者: デニス・クエイド ピーター・ストーメア ポール・ドゥーリー エリック・バルフォー チェルシー・ロス クリフトン・コリンズJr バリー・シャバカ・ヘンリー パトリック・フュジット チャン・ツィイー ルー・プッチ
監督: ジョナス・アカーランド
制作: マイケル・ベイ アンドリュー・フォーム ブラッド・フラー
脚本: ----
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/英/日本語吹替
シリーズ: ----
メーカー: アミューズソフト
ジャンル: サンプル動画 サスペンス R-15 サイコ・スリラー
品番: n_602asbx4544r
平均評価: レビューを見る
ヒットメーカー、マイケル・ベイが仕掛けるサイコ・サスペンス

聖書の預言にある‘黙示録の四騎士’になぞらえた連続殺人事件を軸に、取調室で繰り広げられる、ベテラン刑事と殺人者との行き詰まる駆け引きを描いたサスペンス・スリラー。

サンプル画像 【この作品のサンプル画像は拡大表示されません】

画像はイメージです。実際の商品画像とは異なる場合がございます。
 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.8

総評価数 5(5件のコメント)

0件 (0件)
0件 (0件)
4件 (4件)
1件 (1件)
0件 (0件)

並び替え

  
  • 1
  •   今回の四騎士さん

    孤児みなしごで性犯罪被害者、
    ホモ、DV夫?、バカ息子

    デニス・クエイドがベッドに倒れこむシーン、
    ネットで繋がった犯罪者、
    エロいやらしい女囚
    踊る大捜査線を思い浮かべたのは私だけでせうか。

    子供が親にかまって貰えなかったからっての逆切れ犯罪
    チャンチーの役所は同情できるが。
    刑事の息子はそれほど苦難だったとは思えない。

    ネットの向こう側の予備軍の顔が見えないし、
    掘り下げがないのでリアリティが出ないなー

    デニス・クエイド、デイアフタートゥモローでは良いお父さんだったのになー
    ああ、同僚の刑事が寺島進さんに似てるんですけど。

    tensaibakaさん -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   COME AND SEE

    黙示録の4騎士になぞらえた4人の生け贄。4つの猟奇的でグロい殺人が次々と起こります。
    マイケル・ベイ製作の本作は、少々期待外れの作品でした。
    名作「セブン」を意識した謎めいた展開を作っていますが、遠く及ばない出来になっています。
    チャン・ツィイー扮する養女がカギを握り、刑事役のデニス・クエイドを翻弄して行きますが、
    途中から4人目が誰であるかが想像出来てしまいます。
    チャンツィイーの悪役は、彼女の新境地にチャレンジなのでしょうがどこか無理があり、やはり合っていないと思います。
    一捻りもニ捻りもない中途半端な終わり方で消化不良。ストレスが残ります。

    ぺピーさん -DVD/CDレンタル

    4人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   何故、チャン・ツィイを本作で起用したのだろうか、

    この手のサイコスリラーは個人的に好きなのだが、残念ながら羊たちの沈黙やセブンには及びませんでした。
    黙示録の四騎士を擬えて事件が進んで行くのですが、セブンでの圧倒的な絶望感や緊迫感、また、羊たちの沈黙のアンソニー・ホプキンスまでの強烈な存在感は出せませんでした。
    しかし、何故チャン・ツィイなのか、キャスティングとしては、西洋人から見るとミステリアスな東洋人が良かったんでしょうか、残る四騎士最後の白い騎士は最後の最後まで
    分からせない脚本は良い出来であったと思います。

    naminorioyajiさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   解説に「犯人」として書いたらダメな気もする、本作はまあまあです。

    チャン・ツィイーは雰囲気ある役柄を演じていますが、物語としては「イマイチ」ぴったりした行動・発言のある人物には感じません。

    次々起こる猟奇殺人は「セブン」を彷彿とさせる展開や雰囲気で、PV出身の監督らしく「映像」の構成なら色使いは良かったです。
    しかし、ラストに至る過程は「普通」に見ていても「予想」出来てしまい残念です。
    (むしろ、隠すつもりなかったのかな?と思えるほどに「分かりやすい」)

    雰囲気、映像、出演者の演技など、秀作なのですが、「猟奇殺人事件」という題材にも関わらず、その「原因」や「行動理念」などがインパクトに「欠け」、脚本が「良く」はなかった、というのがイマイチでしたね。
    不満は残る作品ですが、それなりに「猟奇」で楽しめましたし、良かったと思います。

    シュレディンガーさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ネタバレ 惜しいな~

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    いい感じのサイコ系サスペンスで、小粒ながらまとまり感のある作品だったのに・・、中盤までは。

    複線がバカでも分かるぐらい低レベルの為、ボスキャラが誰なのか、チョンバレで(ネットでさびしい連中が・・のセリフで・・あ~あいつがボスねって・・)

    確かに「セブン」や「SAW」「羊・・」には遠く及ばないまでも、それなりに作ったんだぞって感は十分に伝わりますが、評点としては、こんなもんでしょう。
    あまりにもサスペンス度が低いので・・・。

    レビューを表示する

    茶子さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1