ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

それでもボクはやってない

それでもボクはやってない
貸出開始日: 2007/08/03 旧作
製作年: 2007年
製作国: 日本
収録時間: 143分
出演者: 加瀬亮 瀬戸朝香 鈴木蘭々 清水美沙 山本耕史 尾美としのり 大森南朋 竹中直人 役所広司 本田博太郎 小日向文世 高橋長英 光石研 もたいまさこ 田中哲司
監督: 周防正行
制作: 亀山千広
脚本: 周防正行
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ----
メーカー: 東宝
ジャンル: ドラマ 法廷ドラマ 日本アカデミー賞
品番: n_620tdv17209r
平均評価: レビューを見る
日本の刑事裁判制度の問題点を明らかにする話題作!

たまたま乗り合わせた電車の中で痴漢に間違われた金子徹平。駅員にも警察官にも話を聞いてもらえず、「すぐ終わるから」と乗り込んだパトカー。しかし、それは長く困難な運命の始まりだった。頭ごなしに刑事に怒鳴られ、当番弁護士も親身になってくれない。母親がようやく探し出してくれた弁護士・荒川と須藤に勇気付けられ否認をし続けた徹平だったが、検察が起訴し、とうとう法廷で争うことになってしまう。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 4.22点

総評価数 63(63件のコメント)

並び替え

  
  •   司法の仕事をしている人に見て欲しいです。

    裁判官が無罪判決を出すという事は、警察、検察を否定する事で、国家にたてをつく事です。公務員である裁判官が、一民間人に加担してもよい事はない。司法の仕事をしている人、警察、検察等国家権力を持つ人に真摯な気持ちで見てもらいたいと思いました

    パパジイさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   加瀬亮君の代表作

    「おとうと」を観て、吉永小百合と松福亭鶴瓶との姉弟関係よりも、加瀬亮と蒼井優の再婚関係の演技が光りましたね。
    そこで、加瀬君の代表作である本作も観ましたが、この作品は哀しすぎました。彼のような男が娘の彼氏だったら良いのにと思っていますが、加瀬亮にはホームドラマ的な役柄が一番似合うように思います。

    やまじゅんさんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   おそまきながら、ようやく

    きっかけのひとつになった本を読んでいて、そのイメージ
    が強かったのでちょっと戸惑いましたが、よく出来た映画
    だと思いました。

    今年の2月、東京地裁でまる2日間の模擬裁判に参加し、
    昼食時に裁判長と雑談していたときこの作品が話題にな
    り、「私は周防監督のファンだけどあの映画は非常に迷
    惑」と心底、迷惑がつている様子が印象的でした。

    瀬戸朝香みたいな美人弁護士って、実際にいるのかな。

    8月3日の裁判員裁判初日、傍聴券が当たって、半日、傍
    聴しました。2日目、3日目は外れました。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   疑わしきは罰す…

    痴漢事件では「推定有罪」という事でしょうか
    あまりに無常で不条理な結末の作品でした
    昔、女性タレントが特技は痴漢退治とTVで誇らしげに話していたのを思い出しました
    しかも5人のうち2人は勘違いだったと軽々しく笑いながら…
    その後、学生の間で痴漢冤罪ゲームと言うのが流行っているとニュースで見た時にはホントに怖くなりました
    男性なら誰でも、自分が同じ立場だったらと考えさせられる作品ではないでしょうか
    唯一救われたのは、最後まで主人公を必死で助けようと奔走し、判決に本気で怒りをあらわにする山本耕史さんの存在でした

    勿忘草さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    18人中、14人が参考になったと投票しています。

  •   明日は我が身、か

    混雑した車内では、バッグを両手で抱えるようにしている。
    つり革につかまることができるときは、空いている方の手で本を読んでいるか、バッグをつかんでいる。
    なぜなら、自分の身は自分で守らなければならないからだ。
    とはいえ、もし身に覚えのない罪で逮捕されたら・・・。
    この映画は、現在の刑事裁判制度の「穴」を暴くとともに、
    身に覚えのない罪に問われている人へのエールである。

    でんどろさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    14人中、11人が参考になったと投票しています。

  •   良い

    主人公に感情移入しやすいと思いました。
    観賞中何度も腹が立ちました。
    やってないものはやってないと、あまりに当然な事を主張する難しさが、本編でよく表現されてます。

    qq715さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    15人中、11人が参考になったと投票しています。

  •   淡々としているがリアリティがある

    物凄く面白いです。
    淡々としていて盛り上がる部分などは無いのですが
    それが逆にリアリティを出しています。
    出演者もみんな実在していそうな雰囲気で、作品の尚現実感を尚一層引き立てています。

    単純なサスペンスと違い犯人探しに終始せずひたすら裁判の様子を訥々と描いていたのが良かった。

    ぱられるさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    14人中、10人が参考になったと投票しています。

  •   リアル

    すごくリアルに出来ています。調書を取るシーンは本当あのまんまです。(以前交通事故で調書を取られにいったらすでに文章が出来ていて返事をするだけだった)
    冤罪の裁判については「交通被告人前へ」という本と「駐禁ウオーズ」という本をご覧ください。この映画がもっと面白くみれます。

    李秀袁さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    12人中、9人が参考になったと投票しています。

  •   裁判が身近に感じられた

    もたいまさこさんのセリフに↓のような内容のものがありました。
    「悪い人が裁判を受けると思っていた」
    私もそう思っていました。たぶん、普通の人はそう思っていると思います。
    でも現実は違うということを突き付けられた気がします。

    また、たんたんと物語が進んでいく中で、どのように裁判がすすめられていくのか勉強になりました。
    裁判員制度が始まりますが、全く別世界のことだと思っていた自分がちょっと恥ずかしく思いました。

    裁判所に足を運んで生の裁判を傍聴してみようと思います。

    Kuronecoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    11人中、9人が参考になったと投票しています。

  •   無実の罪・・・

    無実の罪で・・・本当はやってない!でもそれは本人にしか分からない。痴漢の現行犯で捕まった被告。それは今の社会でも普通に男は誰でもそういう危険がある身近な罪ですね・・・本当はやってないけどそれを証明しようがない時、、この映画は本当に無実だけど・・・
    もし実際にあって自分が第三者で傍聴してたらどうだろう・・・裁判までするんだから無実かな?でもこれが作戦かもしれないし・・と疑ってしまうと思います。本当に心から無実を信じるのは家族や友人だけだと思う。
    だから裁判官の言い分も分からなくない。裁判官も第三者だからそんなの分かるわけない!人間なんだから。そういう意味では裁判官も間違いはあるわけででもそれで人生を狂わされる人もいるのかと・・。
    身近な事件を題材にしているので考えさせられました。実際に家族には起こってほしくない事件とはこんな事件ですね。

    ナイトメアさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    10人中、7人が参考になったと投票しています。