ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

暗いところで待ち合わせ

暗いところで待ち合わせ
貸出開始日: 2007/05/25 旧作
製作年: 2006年
製作国: 日本
収録時間: 130分
出演者: 田中麗奈 佐野史郎 井川遥 宮地真緒 波岡一喜 チェン・ボーリン 岸部一徳 佐藤浩市
監督: 天願大介
制作: 古賀俊輔 小穴勝幸
脚本: 天願大介
原作: 乙一
詳細: ----
字幕: 英語字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日/視覚障害者対応日本語音声ガイド
シリーズ: ----
メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
ジャンル: サスペンス ドラマ ミステリー
品番: n_605gnbr1410r
平均評価: レビューを見る
殺人事件から始まった、2人の男女の奇妙な共同生活を描く

交通事故で視力を失ったミチルは、最愛の父をも亡くし、深い悲しみを胸に、大きな家にたった1人で暮らしていた。そこへミチルの家の前の駅で起きた殺人事件の容疑者として警察に追われる男アキヒロが、身を隠すために忍び込む。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.86点

総評価数 22(22件のコメント)

並び替え

  
  •   ネタバレ ありゃりゃ…

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    目が不自由になってそれほど日も経たず、だけど自立して生きていこうとしている主人公

    そんなある日、突然お父さんが亡くなり「自立」して生きて行く事に不安や、限界すら感じていた時に…


    彼女は「分かった」上で彼を受け入れ、切ない程の共同生活が始まります…



    彼女の事を心から思っているのだけど、ほんの少しだけデリカシーに欠ける、宮路真緒演じる親友とのすれ違いや、彼女自身の不安など…
    とてもうまく描かれていると思います


    ただ、
    クライマッスクがあまりに、何ていうのか…


    ミステリーものとしても、『「2時間ドラマ」の方がマシだな…(ーー;A』と思えるし、
    『さっきまでの繊細な描き方はどこへ?^^;』と思ったり…


    原作を知らないので何とも言いがたいですが、『こういう表現もあるのかな…』と言う感じでも受け入れられないことはないかな…と…

    ま~、けど、
    田中麗奈さんの「さりげない熱演」と言うか、演技はすごいと思うし、ラストシーンも、クライマックスシーン以前のタッチに戻ってるし…



    トータルとして、
    とてもいい映画だと思います。

    レビューを表示する

    黄山さんのレビュー -DVD/CDレンタル 購入・利用済み

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   孤独を抱えた二人の心の交流

    盲目のヒロインの家へ殺人容疑をかけられた青年が忍び込み、奇妙な共同生活が始まる…
    同じ空間の中で息を殺して暮らすシーンはこちらも息を止めてしまうほどドキドキします。

    やがてヒロインは家の中にいる誰かの存在に気付き、その存在に特殊な感情を抱いていく。青年も知らず知らずのうちに危なげな彼女をサポートしてしまう。
    そういった二人の心の交流を変に恋愛感情に結びつけなかった点も良かったですね。

    そしてこの映画の見所は、なんと言っても田中麗奈の演技でしょう。
    盲目になってしまった不安感、孤独感、焦り、苛立ち…そういった感情を淡々とした表情や言葉で演じる姿はとても説得力があり、本当に素晴らしい演技でした。

    ストーリーの起伏が激しいわけではないので静かな印象を受けますが、決して暗い映画ではなく、時間の長さも全く感じず引き込まれてしまいました。
    これはオススメです。

    MYMさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    12人中、10人が参考になったと投票しています。

  •   たまにはいいかな

    「いくらなんでも一緒の部屋にいればわかるだろ」とか、「電車の客が犯人見てるだろ」みたいな細かい(?)ことを気にせず、おおらかな気持ちで観ればなかなか良い映画です。
    主演2人もいいですが、井川遥さんいいですね。駅のシーンでは「貞子」を彷彿させます。
    チェンさんが、日本人以上の日本語でまとめに入るのがほんの少し気になりますが、ご愛嬌かな。
    ただの恋愛映画にならなかったのが、この映画の見せ所でしょうね。
    最近の中国製品バッシングで、日本で働く中国人が本作のような待遇にあっていないか心配になりました。

    ニコちゃんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   麗奈好演

    盲目役を上手く演じています。
    設定に難をつける方もいますが役柄は交通事故の後遺症で失明なので家がバリアフリーでなくても当然。それに難視力者はかすかな光の強弱と頭にインプットされた物の配置で健常者が思う以上に動けるものです。

    rabitaさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   普通

    可もなく不可もなく。普通です。ちょっと長いかな。前半はスーッと流れて中盤やや、飽きてきて後半若干盛り上がる。色々不自然な設定、不自然な点も多々見受けられますが気にせず見ましょう。そして最後はやさしい気持ちになれるでしょう。

    やすくんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   楽しめるし、怖いし、イイです。

    他の人も書いてる通り息づかいでもバレるのではとか、気になる部分、ムリのある設定はかなりある。
    気にしなければ…といっても気にはなるよねw
    でも佐藤浩市のひさびさのしょうもない役はすばらしかったし、全体的には田中麗奈さんのプロモビデオがごとく可愛く描かれている。
    しかしこれまたこの映画見たひとの全ての共通意識だろうけど何といっても井川遥が全部もっていく映画なのだ。
    内容的には孤独感とかよく描写されていたとは思うんだけど、もっと孤独な時期をすごしてきたりもっと悲壮な人がいたりするので、その可哀想さがさほどでなく感じてしまったかな…

    クエンサンさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   不思議とひきつけられる。

    どのような映画でも突き詰めれば粗は出てきますが。
    この映画は、不安な気持ちのみちるがとてもよく表現されてるし、ヒロユキも心の闇が上手く表現されてるように思える。
    どちらかと言うと芸術性の高い映画なので、漫画やドラマなどのように全て出してると言うより創造をして見ると目茶目茶面白い作品です。
    また何時もの麗奈ちゃんの元気さは抑えられて見やすい作品になってます。

    たーぼうさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   待ち合わせ?

    布ずれや息づかいや気配などの不自然さは散々既出なので、なるべく意識にしないようにと観てみましたが…
    やはりどうしても粗が目立つ拙さは気になりました
    それと前半は間延びしてテンポが悪いし、息を潜める不思議な共棲にもあまりドキドキ感は感じられず
    でも人と関わる事を拒むミチルとアキヒロが、無言のままお互い心を許すようになるあたりからは展開を楽しめました
    チェン・ボーリンさんのタドタドしい日本語はむしろよかったですし、なにより田中麗奈さんの優しく健気な演技が好印象でした
    ただ宮地真緒さんはミチルを優しく助けるおいしい役なのに、なんか演技に華も色もなくていまいち過ぎ
    それに佐藤浩市さんに何でこんなを役やらせたのか完全にミスキャストだし、岸部一徳さんも佐野史郎さんももったいなさすぎです
    けっしてつまらない訳ではないので、配役や演出をもう少しよく練って作って欲しかったかも

    勿忘草さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   田中麗奈

     観終わった後、けっこう爽快感が残ります。田中麗奈ってカワイイなって、
    あらためて思いました。彼女が泣けば、こちらも泣きたくなってくる、演技
    なのかカワイイためなのか、多分両方なのでしょうが。オードリー・ヘップ
    バーンの「暗くなるまで待って」という映画を思い出しました。

    メイテンさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   ディテール軽視は腹が立つ。

    ディテール軽視は本当に腹が立つ。目が見えない人は足先で常に確認するし、家具は手でいちいち確認して移動するもので、どんなに慣れた家でもすっすっと歩くことは絶対にあり得ません。すごい気になる。いい話なのに残念です。

    さゆりんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、2人が参考になったと投票しています。