ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

サッド ヴァケイション

サッド ヴァケイション
貸出開始日: 2008/02/27 旧作
製作年: 2007年
製作国: 日本
収録時間: 136分
出演者: 浅野忠信 オダギリジョー 斉藤陽一郎 板谷由夏 中村嘉葎雄 山口美也子 辻香緒里 宮崎あおい とよた真帆 川津祐介 石田えり 豊原功補 嶋田久作 光石研 高良健吾
監督: 青山真治
制作: 甲斐真樹
脚本: 青山真治
原作: 青山真治
詳細: ----
字幕: ----
音声: ステレオ/オリジナル/ドルビーデジタル/日
シリーズ: ----
メーカー: スタイルジャム
ジャンル: ドラマ
品番: n_921sj10491dr
平均評価: レビューを見る
青山真治監督の最新作にして集大成ともいえる傑作ドラマ

舞台は若戸大橋のたもとの小さな会社、間宮運送。社長の間宮は、かつてバスジャック事件の被害にあった梢、借金取りに追われる後藤をはじめ、資格を剥奪された医師や、ヤクザから身を隠して暮らす流れ者たちに職と住み処を与えていた。一方密航の手引きをしていた健次は、追っ手から逃れるために運転代行へと職を変え、間宮と出会う。そこで健次は、玄関先に出てきた‘間宮の妻’の姿を見て驚愕する。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.88点

総評価数 8(8件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   嘆かわしい休暇?

    白石健次役の浅野忠信が、渋く好演している。
    再婚した母・千代子と偶然の遭遇から、幼馴染の妹・ユリと中国人の子供アチュンを連れて間宮運送に同居する。
    間宮社長は、脛に傷のある人間を放っておけず、身柄を引き受け雇い、仕事をさせている人格者。
    オダギリジョーや宮崎あおいが共演するが、彼らの存在が薄かったのが残念。
    冒頭のわずかな字幕説明だけでは、登場人物達の関係性や過去が全く判らず、説明不足で話の繋がり具合が意味不明な感がある。
    ユリの兄はなぜ殺されたのか?アチュンの行方は?彼女は知的障害者なのか?足が悪いのか?
    なぜ失踪したのか?中国マフィアとの関係は?後藤は梢のことが好きなのか?
    千代子を始め4人の女性達の母性本能が、彷徨い人の男達を包み込む作品です。

    ぺピーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   なにこれ?最悪!!

    他の人も書いているけど、声が小さすぎてボリュームをかなり大きくしても聞き取れない。ボソボソと何を言ってるか、さっぱりわからないからイライラ全開!なんでこんなに小さい声なの?内容はいいものかもしれないけれど、途中で見る気がなくなった。もう絶対見ない。

    おでぶちゃんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ 普通。。。

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    浅野忠信と子供の関係がほのぼのとしてたのに
    子供がさらわれても誰も助けようとしないのが??
    ほかにも?がいくつかあったが
    結局、解決されないままだった。

    台詞も聞きづらかった。

    レビューを表示する

    ショウとコッコのパパさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   街の雰囲気が良い

    浅野忠信とオダギリジョーが並んでるだけで画的に嬉しいんですが。ストーリーとしては、母性は感じますが、本当に母親ならこうなるかなぁと疑問でした。寂れた雰囲気の家や風景が懐かしくてよかったです。

    cheeさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   母性の恐ろしさ

    前半は、ボソボソしゃべる男がうざかったけれど、最後まで観て、恐れ入りましたと思った。
    彷徨う男たちに立ちはだかる母性、まさにそれが実によく表現されている。
    石田えりが分厚い蒟蒻のような母性をすばらしく演じているし、浅野忠信も、後半で怒りの間に自己の葛藤が見え隠れする辺りで良くなった。
    「血」について考えてしまう人にお勧め。
    「ユリイカ」よりずっと観やすい映画だと思う。

    小万さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   青山監督の3部作

    全部見たのですが、僕には合いませんでした。前2作と同様退屈でしょうがなかったです。雑誌とかの評価はかなり高いようなので映画に造詣の深い方ならこの映画の深い意味がわかるのかもしれません。

    ひろむしさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   石田えり

    石田えりに尽きる。
    貫禄ある女性の狂気、母性という男性には不可解なものを石田えりの風貌ゆえに観る者に受け入れさせる。
    ユリイカの続編、同じ世界観を求めてはいけない。

    sakahokoさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   30分で鑑賞、放棄~かなりの愚作ではないか


    映像が暗い。音声が(ボリュームを最大にしても)聞き取りにくい
    ほどに小さい。ボソボソ部分は聞き取り不可能。

    これって、ハードとしては致命的欠陥で、今までにも何回か経験
    があるが、幸か不幸か面白い作品だったのでモニターに顔を近
    づけて見続けた。しかしこの作品は開始から、ダラダラ意味不明
    のシーンが続き、しかも面白味が全然ないので ― 堪忍袋の緒
    が切れて30分で終了。

    もうこの監督の作品は、絶対、見ない。

    輪外さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1