ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

モンゴル

モンゴル
貸出開始日: 2008/10/10 旧作
製作年: 2007年
製作国: ドイツ/ロシア/カザフスタン/モンゴル
収録時間: 125分
出演者: 浅野忠信 スン・ホンレイ クーラン・チュラン アマデュ・ママダコフ
監督: セルゲイ・ボドロフ
制作: セルゲイ・ボドロフ アントン・メルニク セルゲイ・セリリアノフ
脚本: セルゲイ・ボドロフ
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日/モンゴル語
シリーズ: ----
メーカー: 東映
ジャンル: ドラマ
品番: n_618drtd02886r
平均評価: レビューを見る
2007年度アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品

部族間の陰謀や復讐が渦巻く12世紀。モンゴルの一部族の頭領イェスゲイの息子として生まれたテムジンは、9歳の時、敵対するメルキト部族から花嫁を選ぶため、父に連れられ旅に出る。テムジンの花嫁選びは、敵対関係になった2部族間に平和をもたらすための政略。だが、途中立ち寄った村で、テムジンは少女・ボルテと運命的な出会いをし、彼女を許嫁として選んでしまう。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.2点

総評価数 5(5件のコメント)

並び替え

  
  • 1
  •   モンゴルの砂塵を吸い込み馬の体温を感じた。

    大平原を駆け回り、モンゴル語をしゃべり、騎馬民族の殺陣をこなした浅野忠信はすごい!普通に見えて存在感のある演技をしていた。モンゴル人のハーンを演じた役者に比べると線が細いけれど、この映画で描きたかったジンギスカンは新しい時代を拓く王なので、浅野忠信の東洋と西洋の混じった風貌がよかったんじゃないかな。伝統的なハーンとは違って、戦士には平等に戦利品を分け与え、妻を取り戻すための戦いに挑む。長い映画だったけれど、大平原の砂塵を吸い込み、馬の体温を感じる時間を過ごすことができた。

    ぴのぴのさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   中途半端

    他にコメントの仕様がない。
    製作者が何を訴えたかったのかが判らない。
    主役の浅野なんとかって人のファンならば見ても損はないと思うけど。

    志麻いずみファンさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    5人中、1人が参考になったと投票しています。

  •   大自然と共に生きる人間の感覚

    逃亡に成功し、やっと家族の元に戻れたのもつかの間、
    またすぐ一人で出かけてしまったり。
    それも1年?2年?それ以上、という気の長さ。
    大自然の中で生き、常に危険や死と隣り合わせの彼らゆえでしょうか。
    困難に直面しても達観しているというか、生に執着していないというか。
    視聴者たる現代人はついて行けず、放って置かれているような気にさせられます。
    ただ、タングート(「西夏」との表記もあった)の人間が北京語を喋っているのはおかしい。
    せめて現存する近い言葉にすればと思います。

    神代の昔さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    0人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   ちょっと違うだろ

    観ていて退屈するわけではないが,全く物足りない.まず,草原の民が本質的に略奪の民であったことが伝わってこない.ごく自然に肉食獣のように存在していたはずなのにちょっと猛々しい程度にしか映らない.次いで,テムジンを物分りの良い現代の英雄ふうに仕立てている点にもがっかりだ.熾烈で果断,時にはおそろしく残虐というイメージにそぐわない.この内容からテムジンに狼を感じろというのは余りにも無理がある.史実の再現など不要だと思うが,これといったメッセージも無いのだからせめて雰囲気だけでも「モンゴル」らしくあって欲しかった.

    ヒルキアイスさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    1人中、0人が参考になったと投票しています。

  •   同じチンギス映画の~

    ~「蒼き狼 地果て海尽きるまで」と見比べると、
    本作はチンギス・ハーンひとりに絞って、
    描いています。
    幼年時代のテムジンから、
    幾たびの苦難の挫折を味わいながら、
    強い信念のもと、蒼き狼として、
    モンゴル帝国を率いるまでを淡々と描いています。
    スペクタクル場面に金をかけていない分、
    地味といえば地味ですが、退屈はしませんでした。
    ただ、ハーンの妻は、
    モンゴルでは美人なのかも知れませんが、
    魅力を感じませんでした。
    古い歌ですが「わたしのラバさん酋長の娘、
    色は黒いが南洋じゃ美人・・・」
    という歌詞が思い浮かびました~!~。

    たらっぷさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、0人が参考になったと投票しています。

  • 1