クーポン ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

チェ 28歳の革命

チェ 28歳の革命
貸出開始日: 2009/05/08 旧作
製作年: 2008年
製作国: スペイン/フランス/アメリカ
収録時間: 132分
出演者: ベニチオ・デル・トロ デミアン・ビチル カタリーナ・サンディノ・モレノ ロドリゴ・サントロ エルビラ・ミングー サンティアゴ・カブレラ
監督: スティーヴン・ソダーバーグ
制作: ローラ・ビッグフォード ベニチオ・デル・トロ
脚本: 宇治田隆史
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/オリジナル/5.1サラウンド/スペイン語/日本語吹替
シリーズ: チェ・ゲバラ
メーカー: 日活
ジャンル: ドラマ ドキュメンタリー ヒューマンドラマ 史劇
品番: n_619nkdf2189r
平均評価: レビューを見る
『トラフィック』のソダーバーグ×デル・トロのオスカーコンビが復活!

‘正義のアイコン’チェ・ゲバラの生涯を描く伝記ドラマ2部作。前編となる本作では、アルゼンチン生まれの青年医師ゲバラが、独裁政権下にあるキューバの革命を目指すカストロと出会い、革命家として生まれ変わるまでを描く。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.33

総評価数 9(9件のコメント)

2件 (2件)
1件 (1件)
4件 (4件)
2件 (2件)
0件 (0件)

並び替え

  
  • 1
  •   革命の真実

    キューバでの革命はなぜ起こったのか、なぜ成功したのか、なぜチェ・ゲバラはカリスマとなったのか。
    映画は淡々とカメラがチェを追い続けるドキュメンタリー風な作りです。
    誇張された演出などもなく、その場に自分がいるような感覚で、チェの行動を見ることができます。
    そして、その行動に対して自分がどう思うかも自由。


    この映画を見た後、キューバの革命に対する意識が変わりました。
    やはり歴史というものは片方からの情報だけで見てはいけませんね。

    後半となる続編もおすすめですが、結果を知っているだけに、かなりせつなくなります。

    ゴロンさん -DVD/CDレンタル

    4人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   もう少し

    ゲバラについてはそこそこ本も出ているし、その気になれば色々周辺知識は得られやすい人物の1人ですが、本作はそういった一連の本の域を出ないという感想。
    映画ファンなら周知の事実だが「モーターサイクル・ダイアリーズ」は若き日のゲバラの青春映画なんだが、その彼と本作の彼が同一人物だとは思えないような印象なんだけど、その辺の思想的な変遷なんかが描かれているのかなと期待していたが、ただ革命の指導者としての彼を史実的に描いただけの内容に多少がっかりした。
    作戦行動なんかは、はっきり言ってどうでも良いんであって、彼の革命(と言い切って良いのかな?)のどこがすごくて、今でも尊敬されているのか・・その辺をパート1となる本作で確立して欲しかった。

    茶子さん -DVD/CDレンタル

    3人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   疑問符。

    なんだか淡々とした映画。

    史実に忠実なのだろうけど、キューバのその時代背景とかが、予備知識ないとツライ。

    ちょっと28歳にしては老けすぎか。
    ドキュメンタリーっぽい感じ。
    成功してよかったね。とは、言えるけど、このヒトなんで革命家の道進んだんだろう、
    ていう疑問はずっと残ったままだった。

    ラジバンダリィさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ネタバレ どちらを先に見るべきか。

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    以前からキューバという国に、そしてチェ・ゲバラに興味はあったものの、特に詳しくは知らなかった。なぜ裕福な家庭で育ったアルゼンチン人なのにキューバ革命に参加したのか、革命を成功させながら、若くして亡くなったのか、など。
    この2部作で全て判明すると思ったけれど、正直予備知識がないと難しかった。

    都合で、後編「39歳別れの手紙」を先に観た。(こちらは世間にあまり知られていないボリビアでの革命活動。特に制作側が描きたかった部分だったらしい)。
    英雄であったチェが挫折し、疲弊しきって行く様を、ベニシオ・デル・トロは見事に演じきっていた。が、かなり辛い内容なので、ラストを知ってから、前編のキューバ革命の成功を観て、救われた気分になった。

    …普通の人は順に見ると思うけれど、2本見終わって爽快な気分というわけにはいかない。英雄としてのチェを満喫したい方は、こちらだけ観て終わりにするのもありだと思う。

    レビューを表示する

    ぽちこさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   デル・トロでチェ。

    デル・トロがチェ・ゲバラを演じる。
    結構はまってるなーと思いました。
    内容は政府軍を倒すまでを淡々と、淡々と話は進みます。
    この淡々について行けない人は少なくないはず。
    私は大丈夫でしたが…。

    きびだんごさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ベニチオ・デル・トロが本当にとにかくカッコいいんですよ!

    これより前に、彼の青春時代を描いたロード・ムービー、モーターサイクル・ダイヤリーズがありますが、これと比較すると、こっちの映画はもう気合の入れ方が半端ないです。本来4時間半の伝記映画らしいのですが、その前半を今回は見ました。

    やはり優れたアメリカの映画監督は構成がうまいですね~。こういった本当に淡々とするような内容の伝記映画でも、飽きさせず見せる技術をしっかり得ています。

    kedamabanchoさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ある意味忠実

    盛り上がることもなく、過激な戦闘シーンがあるわけではありません。

    一言でいえば地味。

    ただ歴史を知るだけのような、ある意味歴史に忠実な映画ではないでしょうか。

    ベニチオ・デル・トロはハマり役ですね。

    anagogagogoさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   恐らく誰もが名前くらいは知っているチェ・ゲバラを描く映画。

    当然、戦闘シーンはあるのだが60年頃なだけに手持ち銃火器での戦闘がほとんど。
    なので昨今の戦争映画を見慣れていると迫力には欠ける。

    ひとつの国の政権をひっくり返す様を描くのだが、キューバの内政、外国(特にアメリカ)との関係などは多少の予備知識がないと理解出来ない。
    映画では「知っている」のが前提で進めるので、それほど丁寧に説明はしていない。
    「革命」におけるチェの理念・信条と、実際に活動した姿を交互に描いて当初は目移りする。

    チェのトンでもなく「活躍」するかというと、印象としては「それほど」でもない。
    戦闘の「天才」ということではなく、民衆を扇動する「魅力」「思想」が「天才」だったのだと思うので、それが映画で描かれていたのかは疑問。

    映像は丁寧で「まじめ」に作っているのは分かるし、脚本も「悪い」とは思わないが、「難しい」題材なんだなぁと思う。

    シュレディンガーさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   zzz・・・

    映画館で観ました。
    きびだんごさんの仰るように・・
    淡々と進みます。

    「淡々」についていけず

    zzz・・・ となってしまいました。

    戦闘に期待してる人は見ない方が・・

    G-STARさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1