ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.

ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.
貸出開始日: 2010/06/23 旧作
製作年: 2009年
製作国: 日本
収録時間: 111分
出演者: 緒方恵美 山口由里子 岩永哲哉 麦人 関智一 立木文彦 長沢美樹 林原めぐみ 三石琴乃 坂本真綾 子安武人 宮村優子 山寺宏一 石田彰 岩男潤子 清川元夢 結城比呂
監督: 庵野秀明
制作: ----
脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
詳細: ----
字幕: 日本語字幕
音声: ステレオ/ドルビーデジタル/日/ドルビーサラウンドEX/6.1サラウンドEX
シリーズ: 新世紀エヴァンゲリオン
メーカー: キングレコード
ジャンル: アクション SF 近未来 劇場公開
品番: n_653kibr1063r
平均評価: レビューを見る
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」待望の第2弾

汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入する。綾波レイと人気を二分するヒロイン、アスカがエヴァンゲリオン2号機に乗って参戦。加えて魅惑の新ヒロイン、マリが登場する。謎の敵性体‘使徒’とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオン仮設5号機の参加で、さらに激しくエスカレートしていく。そこから見えてくる『新劇場版』の真の姿とは、はたして何なのだろうか?

「新世紀エヴァンゲリオン」CDも好評レンタル中!
月額レンタルはこちら
単品レンタルはこちら

「新世紀エヴァンゲリオン」コミックも好評レンタル中!
コミックレンタルはこちら

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.9点

総評価数 29(28件のコメント)

並び替え

  
  •   いよいよ完全新展開

    ヤシマ作戦までの再編集だった『序』と違い、今作は『破』のタイトルに相応しい新展開
    新キャラ・新ヱヴァ・新ストーリーと、本当の意味での『ヱヴァンゲリヲン』最新作です!
    出来上がった作品に、新要素を馴染ませるのは難しいと思いましたが、それほど違和感なく観れます
    映像のクオリティも高く、今までとは違う展開も興味深く楽しめました
    シンジは熱くて格好良く、レイは人間臭く、アスカはいいヤツにとキャラにも変化が
    圧倒的な第10使徒ゼルエルを始め、激しい戦闘アクションも見所
    TV版の第七話~第拾九話迄をなぞりながら、実質的に旧劇場版ラストまで進みます
    『序』での「変わらないなぁ君は」や、今作での「今度こそ君を幸せに」ってカヲルのセリフ…
    やっぱり【パラレル】か【ループ】オチの伏線!?
    そんな安易じゃない事を祈って、『急』→『Q』にタイトル変更した次回作にも期待です

    勿忘草さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    34人中、28人が参考になったと投票しています。

  •   シンジとレイのエンタメ作品。その分、内容は希薄。

    映像が非常に美しく、音楽もスバラシイ。「分かりやすい」大衆作品に仕上がっている。絶賛されるのもまぁ分かる。

    しかし、それで良いのか?
    もちろん、尺の問題もあるのだろうが、各キャラクターの内面を表現しきれていない。また、大した「謎」もない。
    これら2つこそが旧作の本質だったはずだ。

    旧作では、各キャラに役割があり、全員がキーパーソンといっても過言ではなかった。
    翻って本作では、シンジとレイが中心人物でその他は、単なる脇役になりさがっている。

    各登場人物が、愛憎やコンプレックスを持ちながら、それぞれの目的のために行動する、という姿はほぼ見られない。
    アスカについては、プライドが形成された理由やシンジに惹かれていく理由があまりに不足している。

    また、「謎」についても同様で、多少各所にアイテムが散りばめられているだけといった印象を受ける。

    旧作からのファンの戯言でした。

    shakeさんのレビュー -DVD・Blu-ray(通販)

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    33人中、14人が参考になったと投票しています。

  •   ネタバレ なんか違うぞ!

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
     新劇場版『序』はTV版のリメイクみたいで使徒が少し変化している、画像が綺麗なだけで正直がっかり感はいなめませんでした。
     救いはラストで月面のカヲルの意味深な発言が『破』への期待感もたらしてくれた点ですか。
     で、この作品『破』は一見リメイクに見えてリメイクではなく、ほとんど新作?と疑うほど各キャラの話し方態度にTV版からの差異を感じられ、使徒は大幅にパワーアップしてます。
     前半は思わず笑いを催す場面アリ、なるほどと頷く場面ありと新要素盛りだくさんでラストのシンジに対して、つい力んでしまい知らぬまにノメリ込んでました。
     パラレルなのか続編なのか意見は分かれるところですが、自分は旧作の『その後』ではないかと思います。海が全て赤いところやカヲルの言葉とか…数え上げても数点示唆する内容がありますしね?

    レビューを表示する

    ハゲ大臣さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    17人中、12人が参考になったと投票しています。

  •   面白かった

    「序」を観た感じではテレビシリーズのダイジェスト版に、新たな部分を少し足した感じになるのかな?って感じでしたけど、「破」は違う。新しい展開をしていく。
    アスカなんて、苗字さえも変わっている。新キャラも出て来る。

    テレビシリーズを観た人でも、先の読めないシリーズになり始めました。
    っていうか、続きが早く観たい。



    じぇっと・じょーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    12人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   うーん

    前作はおもしろかったのですが、
    今回は、アスカやレイの扱いが
    チョットね。
    次回に期待します。

    ぜにがたさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    16人中、6人が参考になったと投票しています。

  •   映像の迫力

    走るエヴァ。
    巻き起こる衝撃波。
    これだけでエヴァの性能の高さを見事に表現していました。
    エヴァってこんなに凄かったのか!って感じです。
    シンジが操縦してるのに、ぜんぜんモッサリしてません(笑´w`)
    子供みたいにワクワクしてしまいました。

    そのシンジも、相変わらずヘタレなのかと思ったら、
    最後の最後に熱くさせてくれました。
    脇汗がはんぱないです。

    観終わった後には、思わず挿入歌をハミングする、
    いい歳した男がおりましたとさ。

    マーブルガムさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   完全無欠の進化

    これは劇場で観るべきだったたと後悔してしまうほどの完成度の高さに驚き。
    映像の密度の進化は凄まじく、キャラ・ビル群・夕暮れ・メカニックその他全てが儚く美しい。

    また、前作以上にキャラの造詣が深く、レイ・シンジ・アスカが仲良くなる過程の構成力は脱帽でした。

    あと、どうしても触れておきたいのがBGMのセンスの良さ。
    『今日の日はさようなら』『翼をください』挿入のシナリオとのコントラストは鳥肌ものだし、
    ピンキーとキラーズには思わずにやりとしてしまいました。
    次回作は是非とも劇場で鑑賞したいですね。

    iceman NYさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    10人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   好きなんですが・・・。

    このシリーズはすべてみていますがまたわからなくなってきたように感じます・・・。


    それがまた良いのかも知れませんが。

    つよしさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   救いはあるか…

     テレビ版のラストのみで充分満足している私としては、その後だらだら続く映画版、新劇場版と、期待していないどころか、怒りさえも感じていましたが、「破」で唯一救われたのが、シンジが手を差し伸べ、綾波がそれに答えたシーンでした。
     テレビ版だけでは、あまりにも綾波に救いが無かったので、それだけでも良かったかな…、と。
     まっ「破」だけ見る人もいないと思いますが、テレビ版を見ていない人は、そちらも見てください。

     さぁ、庵野監督がたくらむ「3つ目の」ラスト、期待しようじゃありませんか。

    nomakeさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    4人中、3人が参考になったと投票しています。

  •   果たしてシンジの判断は正しかったのか・・・?

    TV版同様使途化したエヴァとの戦闘を強いられるシンジですがそれを拒んだため「自動操縦」に切り替えられてしまうエピソード、悲惨な結果を迎えた事で放送当時はゲンドウに憤りを感じましたが今改めて「体験」するとシンジの判断の方がアマちゃんだったと思います、何故ならあの場で使途化エヴァのパイロットを救える力を持っていたのは他ならぬ初号機に搭乗していたシンジだけなのですから。
    神経系統のシンクロ等の問題はあるでしょうがE/Pを強制的にでも奪取すれば・・・。
    シンジの操縦するエヴァならまさかダミープラグ操縦の様に敵機体、E/Pを食いちぎりはしないでしょうに

    キナコさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    6人中、3人が参考になったと投票しています。