ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

沈まぬ太陽 スタンダード・エディション

沈まぬ太陽 スタンダード・エディション
貸出開始日: 2010/05/14 旧作
製作年: 2009年
製作国: 日本
収録時間: 202分
出演者: 渡辺謙 石坂浩二 鈴木京香 三浦友和 松雪泰子
監督: 若松節朗
制作: 角川歴彦
脚本: 西岡琢也
原作: 山崎豊子
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/劇場公開オリジナル字幕
音声: ステレオ/5.1サラウンド/ドルビーデジタル/日
シリーズ: 沈まぬ太陽
メーカー: 東宝
ジャンル: ドラマ シリアス 日本アカデミー賞
品番: n_620tdv20117ra
平均評価: レビューを見る
観るものの魂を揺さぶる感動巨編!

昭和30年代―。巨大企業・国民航空社員の労働組合委員長、恩地元。組合委員長として職場環境の改善に取り組んだ結果、恩地を待っていたのは会社からの海外赴任辞令だった。恩地はパキスタン、イラン、そして路線の就航もないケニアへと赴任。会社は帰国をちらつかせ、恩地に組合からの脱退を迫る一方で、露骨に組合の分断を図っていた。そんな中、共に闘った同期の行天四郎は早々に組合を抜け、エリートコースを歩みはじめる。同僚でありながら行天の愛人の国際線客室乗務員・三井美樹は、対照的な人生を歩む2人を冷静に見続ける。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 3.91点

総評価数 33(32件のコメント)

並び替え

  
  •   社会現象を起こしてこそ社会派といえる

    劇場はおもに年配の人とたちで満席だった。
    この話はあの会社に限ったことではない。日本の労働運動が停滞しているのは、多くの企業が組合を分裂させ、労使協調路線の組合と会社が一体となって恩地のような活動家を弾圧してきたら。
    それを描いた映画がこれだけヒットして、日本アカデミー賞までとったと言う現象をどう見るのか。
    社会の矛盾や不条理を告発して、多くに人に共感得られ、それが社会現象に発展してこそ社会派ドラマといえるのではないか。
    原作のすばらしさもさることながら、それを映画化した関係者の勇気に敬意を表したい。
    この映画を見れば企業社会でいかに人間的な良心を保つことが難しいかを分かってもらえると思う。
    昭和の歴史を知らない若い人に是非見てもらいたい。

    マツじいさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    21人中、18人が参考になったと投票しています。

  •   国民航空・NAL・・・おいおい!

    まさにあの航空会社ですね?会社を私物化・食い物にしている役員たち…
    フィクションとは思えない、大企業病で親方日の丸ぶり。
    どこの会社でも役員になる連中は大体、あざどく卑怯な事をして来たか?人を蹴落としてのし上がったか?
    はたまた上に上手に取り入ったか?…のいずれかに、ほとんどの奴が当てはまるものだ。
    経営層上層部とは「踊る大走査線」でもおなじみの、全てそんなもの。
    役員だからと言って、人間的には決して素晴らしい男でも何でもない…むしろその逆の最低な奴が多い。
    老いて人生を振り返った時、それが分かるものだ。
    恩地と行天…無冠と有冠。あなたは、なるとしたらどちらの人間になりたいですか?
    本当に偉いのは、出世とは無縁の人間らしさのある恩地のような男を言うのだろう。
    世の中、こういう男こそが「真の英雄」だと、観る人々の心に刻まれたであろう。

    ぺピーさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    20人中、11人が参考になったと投票しています。

  •   怒りだけでなく、爽やかさも感じました

    DVDを見る前に小説を読み、その中には人間の欲望や企業の不条理がこれでもかと描かれていました。読んでいる最中は怒りを感じていましたし、読み終わった後も、怒りのみが残りました。(山崎先生の狙いなのでしょうが。)

    その後に、このDVDを鑑賞しました。登場人物が異なったり、様々なエピソードが割愛されていましたが、基本的な話の展開は小説を踏襲していました。小説での読後感が「怒り」のみでしたので、DVDも同じように感じるかなと思いましたが、爽やかさや大地の雄大さも感じることができました。やはり映像であれば感じ方も変わりますね。

    ラテイルオさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    12人中、10人が参考になったと投票しています。

  •   そこまで癖ある俳優を集めなくても

    とにかく俳優さん独自の癖がモロに出ている映画だと言えます。
    「はまり役」と言うか「演技が上手い」とも言えるでしょうが私には違う意味で癖が強すぎると感じました。
    そこまで意地をはらなくても…。
    そこまで意地悪くならなくても…。
    そこまで胡散臭くならなくても…。
    企業のドキュメントとして話題になりましたが、終始人のドロドロとした醜さを描いた映画です。

    劇場では休憩タイムが設けられるほどの長時間上映で話題にもなりましたが、
    「良く我慢したね!頑張ったね!」とも思えない後味は
    わざわざ映画館で見るほどのものではなかった。DVDで充分だな~!
    海外ロケが多くて時代演出もそれなりなんですけど、やはり映画化したのは失敗だったのかも知れません。

    ビタミンQさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    23人中、8人が参考になったと投票しています。

  •   賛否はあるものの

    一見に値する作品じゃないかな。
    確かに、あそこまで意地を貫く意味があるのかは?だし、
    他のキャラにしても、そこまでやり通すってのもどうだろうって
    思うけど、一時代の象徴的な企業の転落や暗部にヒントを得た社会派の作品と言えるでしょう。

    確かに長丁場なので、DVD視聴の方が自由に休憩が入れられて良いかもしれません。

    最後に彼が手にしていたのが、猟銃ではなくカメラだった点が、
    「ディア・ハンター」に似ているなと思いました。

    茶子さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    10人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   謙さんの涙の理由は…

    今作の舞台挨拶の様子はTVでも流れていたのでご覧になった方もおられると思います。
    どれほど大変な思いをして作ったか…
    と、男泣きで語る渡辺謙の姿がとても印象的でしたね。
    フィクションとは言え実在の企業をモチーフにしてるし、政治的背景も大いにある作品です。
    当然いろんな障害や、もしかすると圧力みたいなものもあったかも知れません。

    それでも映画を完成させようとしたスタッフ・キャストの情熱は、まさしく主人公 恩地元の戦う姿そのものとして描かれているようにも見えました。

    そして、あの大事故…
    作中の事故の描写は、残された手記や遺品、遺族の言葉など実際の事故とほぼ同様の表現があり、胸が痛みます。
    遺族感情を察すると簡単に公開してよいものとは思えません。
    でも実際の悲劇だからこそ、伝えなきゃならないメッセージもそこにはあるように思いました。

    いろんな場面で本当に考えさせられることの多い作品です。

    MYMさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    10人中、7人が参考になったと投票しています。

  •   あまり時間の長さは感じませんでした。

    今回の映画では、三浦友和の役どころが見所ではなかったでしょうか、三浦友和はこれまであまりこうした悪役は演じて来なかった役者さんですが、今回の役で一皮剥けたのではないでしょうか、でも白い巨塔の故田宮二郎さんのような役者さんが演じれば更に最高だったでしょうね、3時間以上の長時間の映画
    ではありましたが、長さはあまり感じませんでした。出来が
    良かったのでしょう。

    naminorioyajiさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    7人中、4人が参考になったと投票しています。

  •   責任

    どこの企業でもあるとはいえ、日航の親方日の丸体質の腐敗ぶりの酷さが露骨に描かれた一作。
    三浦友和がこれでもかというほど嫌な役に徹していて、良識派の渡辺謙が悉く左遷される。そういえば昔伊達政宗で共演していたななどと懐かしく
    フィクションらしいが結果から見ると内情は当たらずと雖も遠からずといったところでは。今回の原発にしても、何をやってもいずれ税で負担するから主体はぼやけるといった責任転嫁は、果たしてどこまで許されるべきか。リスクの限界を超えるまで歪みを蓄積しやがて大雪崩、自由化。そうなる前に何とかならない、そうならなければ変える理由がない、起こってみなければ分からない、人知の及ばざる未来と言ってしまえば、致し方ないのだろうか。

    ペペロンチーノ鷹さんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    2人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   深刻に考えさせられる

    山崎豊子さんの本をよく読むので借りてみました。
    内容は飛行機会社の体質を皮肉っているものでしたが、どこの会社でもありそうなことで非常に考えさせられました。
    正しいことをやろうとしているのにそれを自分の保身のために邪魔をする人や組織、いつまでたっても変わろうとしない今の日本を象徴しているように見えました。
    見ていて怒りを感じたりする連続でしたがラストは救われる終わり方でよかったです。
    この作品は機墜落事故の悲惨さをわすれてはいけない作品だと思います。

    あらじんさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。

  •   ☆偉大な作品☆

    評判通りに凄い作品です!内容・演技とも文句ないと思います!
    映画化には大変な苦労があったろうに。各方面の方々の努力の上に出来上がった良作ですね!

    会社・自分の立場の為に色々な物を利用したり、犠牲にしたりと、様々な人間模様が見どころでしょうか。

    自分ならどんな人になりたいのか?今現在なっているのか考えさせられました…。
    賛否両論あるかとは思いますが、主人公・恩地さんの生き方は個人的には嫌いじゃないです!険しく厳しい道を歩む男の姿に拍手♪

    それにしても、脇役からチョイ役までの役者陣の豪華さ。その辺りにも注目ですね!

    ラッパッパさんのレビュー -DVD/CDレンタル

    このレビューは参考になりましたか? はい いいえ

    3人中、2人が参考になったと投票しています。