ヘルプ
無料お試しキャンペーン実施中!
初めての方はこちら
月額レンタル入会
MENU

メニュー

リリースカテゴリ

DMMレンタルブログ DMMカードお申し込みページ

ミッドナイト・トレイン

ミッドナイト・トレイン
貸出開始日: 2009/12/18 旧作
製作年: 2008年
製作国: アメリカ/ドイツ/ロシア
収録時間: 91分
出演者: ダニー・グローヴァー スティーヴ・ザーン ジェフ・ベル リーリー・ソビエスキー
監督: ブライアン・キング
制作: ハーモン・カスロー
脚本: ブライアン・キング
原作: ----
詳細: ----
字幕: 日本語字幕/日本語吹替用字幕
音声: ステレオ/ドルビーデジタル/英/日本語吹替
シリーズ: ----
メーカー: アメイジングD.C.
ジャンル: サスペンス
品番: n_1083dtx7015ra
平均評価: レビューを見る

ダニー・グローヴァー、スティーヴ・ザーン共演によるサスペンス。クリスマス・イブに深夜特急・ナイチンゲール号で、乗客の中年男・カイロが死亡する。彼の荷物から時価500万ドルを下らない宝石が発見され、乗客と乗員にある思惑が生まれる。

 
レンタルはこちらから
1ヶ月無料お試し実施中!
種類
DVD
  • m
  • B
  • t
  • f

この商品を借りた人はこんな商品も借りています

当サービスを利用するには、会員登録(無料)が必要です。
DVD/CDレンタルご利用方法説明ページへ DVD/CDレンタル入会登録

ユーザーレビュー

平均評価 2.8

総評価数 5(5件のコメント)

1件 (1件)
0件 (0件)
2件 (2件)
1件 (1件)
1件 (1件)

並び替え

  
  • 1
  •   ネタバレ 悪評が理解できない!

    ※このレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。
    凄い面白かった!!

    そんなにお金もかかってなさそうですが、話しは相当面白いと思います。
    皆で追いかけた「箱の中身」に、賛否両論が集まってしまうのですね・・・。
    これが、不思議な箱だから面白いのに・・・

    最後の、続く?!みたいな感じも好きです。

    最初は、見知らぬ人間達での思いつきの犯行と思わせといて
    実は乗車していた人間のほぼ全員が、この箱を追っていたワケです。
    これには、思い切り騙された!

    そこに至る理由などは不明なままで、そういうのが気持ち悪い人がいるのでしょう・・・。
    残念です。

    オイラの好みに、ドンピシャだった♪

    レビューを表示する

    マジシャン太郎さん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ばりばりB級

    くせ者ばかりの乗客で事件がどんどん謎めいていき・・・。途中でギブアップ。早送りしてラストを見たけど記憶にも残らないつまらなさでした。

    yumemamaさん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   ヒッチコック的シチュエーションサスペンス

    低予算の為か、列車が走るシーンまでCGなのにビックリ。
    ホッとしたのも束の間、どんどん状況が悪化する展開は上手いと思う。
    ただ、謎めかし過ぎたせいで逆に箱の中の正体が昔からのサスペンス好きには途中で分かってしまう点は評価が分かれる所か。
    低予算の為に全体的にチープ感が漂いますが、それなりに楽しめる作品ではあります。

    イチロー716さん -DVD/CDレンタル

    1人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   話を詰め込み過ぎだと感じる。

    タマには、サスペンスでもっていう軽いノリで視聴。まあっ、「リリー・ソビエスキー」を観たかっただけなのですがね( ´艸`)。結論から言って、彼女のファンは楽しめると思いますが、本格的なサスペンスとしては、やはり力不足の出来。列車シーンはCGだし、いかにも金かかって無いぞってのが見え見え。中でも気になったのが、登場人物の相関図が無理くり繋げているもんだから、もう何が何やらのゴッタ煮感(;^_^A。ここまで、てんやわんや状態にしなくてもよかったのに・・・。まあっ、B級暇潰しなら全然アリですけど。オープニングのシーンは、あの「バイオ0」に酷似、これは良い雰囲気だったかな。

    otokonoko1さん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  •   深夜特の映像はCGで、その方が安く製作出来るのだろうか?

    タイトルの通り、物語は「ほぼ」深夜特急内で行われる。
    「欲」が絡んだ物語の発端から、乗客・乗員が画策する。
    元から「他人」である関係なので、物語が展開していく過程で「迷い」「葛藤」「不信」でサスペンス感を増していく。

    中盤程度までは、登場人物の少なさ、場所も限定されているがゆえに「緊迫感」は高まり面白い。
    (「ある計画」のために「十数分」という制約の中にしては「実際」の時間がそれを「超える」感じではあるのはご愛嬌か)

    中盤以降から「少々」おかしな感じになってくる。
    物語の発端である「宝石」にまつわる展開が広がるのだが、「あ、そっちの方向?」という意外な方向に進む。
    個人的には「そっちの方向」に進むと「イマイチ」に感じる。

    ラスト近くは展開が拡大されていくのだが、それほど「盛り上がらない」。
    「CUBE」の監督ということで、どこか「納得」してしまう収束のさせ方です。

    シュレディンガーさん -DVD/CDレンタル

    0人が参考になったと投票しています。

    このレビューは参考になりましたか? はい
  • 1